Home  > スポンサー広告 > IAEA決議案採択に見える四面楚歌のイラン2 > 孤立するイラン > IAEA決議案採択に見える四面楚歌のイラン2

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告

comment×  trackback×

IAEA決議案採択に見える四面楚歌のイラン2

2009/12/06(Sun) 12:19

「核の平和利用の権利」はもちろん日本も持っている。
co2敗出量が火力発電よりも少ない原子力発電にエネルギーシフトするのが世界標準であり、そういった核の平和利用をイランに許さないのは理解出来ない。
イランの核技術導入はイスラエルの脅威になるからIAEAにストップをかけさせた。
「核兵器を持てば即使用するだろう」
・・・というユダヤ的な発想でIAEAの思考回路は作動している。
性悪説を前提にしていて、それは極めてイスラエル寄りの思考回路だ。
イランの軍備を支えていたロシアも手を引いた。IAEA決議案に賛成票を投じ、2007年に結んだ高性能の対空ミサイルシステム「S-300」売却を保留している。
そしてさらにシオニスト配下のイスラエル・アメリカ連合国軍を挑発するようにウラン濃縮工場増設を発表した。



ほら、制裁が始まる。



イラン>ロシアと関係悪化 ミサイル納入先延ばしで(毎日新聞) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091125-00000096-mai-int
11月25日20時10分配信 毎日新聞
 【テヘラン鵜塚健】イランは核問題の交渉期限が年内に迫る中、ロシアへのいら立ちを募らせている。ロシアは先にイランの原発稼働を巡る協力を延期したのに続いて、ミサイル納入でも先延ばしを図っているからだ。背景にはロシアに圧力をかける米・イスラエルの存在があり、核交渉でのイランの態度硬化に拍車をかけている。
 イラン軍のマンスーリアン准将は24日、「ロシアは、イスラエルと米国の圧力に屈して約束を破った。国際機関を通した法的措置も検討する」と述べ、ロシアへの不信をあらわにした。
 イラン国営放送などによると、イランは07年、高性能の対空ミサイルシステム「S-300」の購入をロシアと約8億ドルで契約。しかし、イランの軍事力増強を警戒するイスラエルが難色を示し、米国もイランへの武器売却停止をロシアに働きかけてきた。
 ロシアは、当初の納入予定時期から半年以上過ぎた今も「技術的な理由」を挙げてミサイル売却を保留。イランは「ロシアが約束を履行しないなら、自国で開発を進める」と反発を強め、22日からは、イラン広域で大規模な防空演習を行って、けん制している。
 ロシアは16日、イラン南部にあるブシェール原発への技術協力でも、予定していた年内の本格稼働の延期を発表、両国間できしみが生じていた。
 イラン核問題を巡る交渉では、米欧とイランの溝が埋まらない中、イランへの追加制裁も現実味を帯び始めている。これまで友好的とされてきたイランとロシアの不信が高まれば、イランの歩み寄りの可能性はより低くなり、核交渉は一層難航するとみられる。



CNN.co.jp:米政府高官、イラン制裁強化を示唆 中東不安定化を懸念
http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200911280008.html
ワシントン(CNN) 米政府高官は27日、国際原子力機関(IAEA)理事会がイラン第2のウラン濃縮施設の建設停止を求める決議案を採択したことを受け、同国に対する経済制裁を大幅に強化する準備を進めていることを明らかにした。
同高官は「相手国にその意思がないのなら、われわれは一連の結果をまとめる決意だ。イランがその明確なメッセージを受け止めることを願う」と述べた。
IAEAの決議案採択の意味は重いと政府高官の1人は述べ、「(IAEAや国連安全保障理事会の求めに)イランが依然として従わないことに対し、国際社会が深刻な懸念を抱いていることを強く示すものだ」と指摘した。ただし米国は、制裁によってイランの国民を傷つける意図はないと強調している。
一部メディアは、中国にいる米政府高官が中国政府に対し、「イスラエルがイランの核計画に対し一方的行動に出る可能性がある」と告げたと報道。政府高官はこの報道について確認することは避けたものの、イランがこのまま要求に従わない場合、中東のさらなる不安定化の要因になりかねないとの危機感を示した。



「次は制裁」と英首相 イラン核のIAEA決議で - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/world/europe/091128/erp0911280117000-n1.htm
2009.11.28 01:17
 国際原子力機関(IAEA)理事会がイランのウラン濃縮施設の建設停止を求める決議を採択したことを受け、英国のブラウン首相は訪問先のトリニダード・トバゴで27日、イランが決議に応じなければ「次の段階は制裁であるべきだ」と語った。ロイター通信が伝えた。
 首相は決議について「イランが(ウラン濃縮活動など)核開発計画をやめるべきだとの明確なシグナルだ」とした。また、同国が貯蔵する低濃縮ウランを国外輸送し、研究用原子炉の燃料として返還するIAEA草案の受け入れも求めた。(共同)
(転載終了)



イラクのオシラク原子力発電所をイスラエルは破壊した。

それは湾岸戦争と密接に関わり、911テロ後のアフガンイラク戦争につながれていく。

フセインが処刑され、中東の反シオニスト国家はもはやイランだけになってしまった。



イラク原子炉爆撃事件 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%AF%E5%8E%9F%E5%AD%90%E7%82%89%E7%88%86%E6%92%83%E4%BA%8B%E4%BB%B6



hatajinan.blog61.fc2.com



(関連)
IAEA決議案採択に見える四面楚歌のイラン
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-94.html

関連記事
スポンサーサイト

Tag:イラン 

Category:孤立するイラン

comment(0trackback(0

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。