Home  > スポンサー広告 >  りそなが借金取り(政府)の片棒を担いでいる > 未分類 >  りそなが借金取り(政府)の片棒を担いでいる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告

comment×  trackback×

りそなが借金取り(政府)の片棒を担いでいる

2009/11/14(Sat) 13:40

口座から40数万盗まれた日


■ 長寿社会は悪い社会に決まってる


俺は60歳前にくたばりたい。老いて他の手に託される人生は歩みたくない。
そもそも俺の生死を他人が勝手にきめるんだ?
老いて醜態さらして『社会に保障』されなきければならないんだ?
60年後の社会が保障されているのが日本ならば、俺は与しない。
俺の寿命ぐらい俺自身で決めさせてくれ。
俺は60前に絶対くたばる。
60歳過ぎてなおものうのうと生きているのは絶対あり得ない。
だから俺は日本の社会保障に与しない。


当然、年金は払っていなかった。


年金・社保庁からきた封書は一瞥して読まずに破り捨てた。


その時までは普通に、のうのうと過ごしていた。


■ 当時は社保庁の問題がやたらと目についた。


2007年末~2008年初頭のころだった。


とにかく世論は社保庁の汚職ばかりだった。消えた年金とか宅急便とか一向に進まない解明作業とか。


■ 無視していた年金の未払い回収での年金差押にりそな銀行が加担していない訳がない


突然年金差押うんぬんの封書と共に口座から40数万円が差し押さえられた(引き出された)ことが判明した。


両親が子の名で定期預金を組んでくれた口座だった。
不幸にもりそな銀行に開設してあった口座であった。


わかった。甘んじて受け入れるから年金の貰いが少ないじいさんに充ててくれ。
当然憤然たる日々だったが、一応の理があるから社保庁の差押に関してクレームを入れることなく静かにしていた。


しかし、社保庁ってのは表では消えた年金っつって叩かれて、裏ではちゃんと納税義務を果たしている国民の預金をふんだくるのか。これは憂慮すべきことである。


その、およそ半年後に来たのがこの二枚の書類である。

配当計算書謄本 充当明細書
配当計算書標本と充当明細書


ん? 国民年金保険料は327600円で、この84350円なる“延滞金”ってなに?

拡大

411500円。どさくさに紛れて何上乗せしやがったの?


延滞金の八万は債権回収の片棒を担いだりそな銀行への謝礼か?こら?。


これからも年金は払うつもりはない。
十数年後、やつらはまた同じ手口で口座から盗んでいくのだろう。

年金を払ってこなくても生活保護を申請し受理されれば年金より一万円ぐらい少ない金額が支給されるのがこの長寿社会日本らしさである。


hatajinan.blog61.fc2.com





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも ジャンル:政治・経済

Tag:りそな 年金 

Category:未分類

comment(0trackback(0

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。