Home  > スポンサー広告 > 国民に税負担させるために温室効果ガス1990年比25%削減を目標に掲げたわけではないですよね > 時事総論 > 国民に税負担させるために温室効果ガス1990年比25%削減を目標に掲げたわけではないですよね

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告

comment×  trackback×

国民に税負担させるために温室効果ガス1990年比25%削減を目標に掲げたわけではないですよね

2009/11/11(Wed) 04:34

民主党さん。国民に税負担させるために温室効果ガス1990年比25%削減を目標に掲げたわけではないですよね。

フリーエネルギーが開発される目処が立っているから誰も批准しない数字を掲げたんですよね。


◆ 潮力、波力発電の実用化

◆ 常温個体核融合(solidfusion)の実用化

◆ 地熱エネルギー、活火山のホットスポットを用いた気力発電

◆ 水で走る車の実用化


民主党さん。このへんですかね。


こういう技術の開発に税金が使われるのなら喜ばしい。もっと税金を払ってもいいくらいだ。


そしてほとんど知られていないのが潮力、波力発電である。
潮力発電は、海の潮の変化によって作られる。
この動きを捉えるタービンを設置することによって、エネルギーを生成できる。
イギリスでは、現在42箇所が利用可能であるとして知られている。
イギリスのエネルギーの34%が、潮力発電だけで生成できると予想されている。
波力発電は、海の表面の動きからエネルギーを抽出し、
年に8万テラワット/時間を世界に提供できる可能性があると推定されている。
(1テラワット=1兆ワット)
これは、この媒体だけから生成されるエネルギーが、
地球の50%の使用量をカバーすることを意味する。
石油やガス、バイオマス、水素と他のすべてのエネルギーと違って、
潮力、波力、風力、太陽光発電を
利用するには予備のエネルギーを必要としないことを指摘するのは重要である。

(ツァイトガイスト アテンダムより)


hatajinan.blog61.fc2.com


(関連)
雲仙普賢岳の噴火
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-category-17.html

ツァイトガイスト ザイトガイスト アデンダム 日本語字幕 Zeitgeist Addendum with Japanese subtitle
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-53.html


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:知ってほしいこと。 ジャンル:

Tag:フリエネ 

Category:時事総論

comment(0trackback(0

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。