Home  > スポンサー広告 > もしNHK森本健成アナウンサーに身に覚えがあれば、容疑を認めて社会的に制裁を受けるべきだ。しかし、本当に身に覚えがないのなら、被害者である23歳の女性を誣告罪で訴えるべきだ。 > 考察シリーズ > もしNHK森本健成アナウンサーに身に覚えがあれば、容疑を認めて社会的に制裁を受けるべきだ。しかし、本当に身に覚えがないのなら、被害者である23歳の女性を誣告罪で訴えるべきだ。

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告

comment×  trackback×

もしNHK森本健成アナウンサーに身に覚えがあれば、容疑を認めて社会的に制裁を受けるべきだ。しかし、本当に身に覚えがないのなら、被害者である23歳の女性を誣告罪で訴えるべきだ。

2012/11/17(Sat) 15:27

ぶこく【誣告】 - 類語辞書 - goo辞書


11月14日夜、NHKの森本健成アナウンサーが痴漢容疑で逮捕された。最近は全くテレビを見ることが無くなったので、名前だけ聞いても誰だかピンとこなかった。間もなく顔写真が出回り、見覚えのある顔だった。311以降、原発事故に関する特集を何度も放映している『クローズアップ現代』の司会であったようだ。どうりで見覚えがあると思った。他にも『おはよう日本』の土日祝日担当だったりと、NHKだけに派手さは無いが、露出の多いアナウンサーであったようだ。


194181.jpg


20120512_nhk.jpg


まず、事件の概要から追ってみよう。時事通信から森本健成アナ逮捕翌日15日の午前に配信された第一報を見てみたい。とかく重要であるのは、この一件が警視庁経由で発覚したことと、なんといっても容疑が『強制わいせつ』であることだ。


NHKアナ、痴漢容疑で逮捕=「おはよう日本」担当―警視庁 (時事通信) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121115-00000054-jij-soci

時事通信 11月15日(木)11時6分配信

電車内で女性の体を触ったとして、警視庁玉川署は15日までに、強制わいせつ容疑で、NHKのニュース番組「おはよう日本」担当のアナウンサー森本健成容疑者(47)=千葉県浦安市日の出=を現行犯逮捕した。同署によると、当時酒に酔っており、「触った覚えはない」などと、容疑を否認している

逮捕容疑は14日午後7時45~55分ごろ、東急田園都市線渋谷―二子玉川駅間を走行中の急行内で、都内に住む女子大学生(23)の胸を触った疑い。

同署などによると、森本容疑者は14日正午すぎまで東京・渋谷のNHK本部で番組の打ち合わせをした後、同僚数人と酒を飲んで帰宅する途中だった。被害に遭った女性がその場で取り押さえ、二子玉川駅員に引き渡したという。

--転載ここまで--


どうしても引っかかったのは逮捕容疑である強制わいせつである。通常、痴漢行為に対しては条例違反(公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例、迷惑行為等防止条例)で対応する。迷惑防止条例は痴漢行為のみならず、チンピラの粗暴行為、ダフ屋、ピンクビラ貼り、押し売り、盗撮、客引き行為などを取り締まるために制定された罰則であり、『公衆に著しく迷惑をかける行為』が対象になる。最高でも懲役6ヶ月以下、概ね10万円から20万円の罰金を納めて、翌日には釈放される。

迷惑防止条例 - Wikipedia

他方で、強制わいせつはどうだろうか。Wikipediaのわいせつの項目を引いてみると『13歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をした者は、6ヶ月以上10年以下の懲役に処する。13歳未満の者に対し、わいせつな行為をした者も、同様とする(刑法第176条)』とある。迷惑条例違反と比べても重い刑罰が科せられていることがわかる。

条例違反と強制わいせつが大きく違うのは、親告罪か否かである。条例違反は『公衆に著しく迷惑をかける行為』への罰則であり、被害者不在でも公訴される。一方、強制わいせつは親告罪であり、被害者が告訴しなければ立件されない。(準強制わいせつは精神薄弱者や身体障害者、告訴の意味すら理解できない知的障害者が被害者である場合を想定して非親告罪になっている。)

森元アナはなぜ東京都の迷惑行為防止条例違反で逮捕されたのではなく、強制わいせつで逮捕されなければならなかったのか。警視庁は『下着に手を入れて約10分間胸を触ったとされる今回の行為は悪質』と判断したと説明している。これは、一つの重要なポイントかもしれない。


陰謀、冤罪説も飛び出す 強制わいせつ容疑で逮捕のNHK森本アナ : J-CASTニュース
http://www.j-cast.com/2012/11/16154325.html?p=all
警視庁では通常、痴漢犯罪は「迷惑防止条例」違反で検挙する。ただ、悪質なケースは刑法の「強制わいせつ罪」を適用し、下着に手を入れて約10分間胸を触ったとされる今回の犯行は悪質、との判断から同容疑での逮捕だったという。
---------------------抜粋


強制わいせつは親告罪である。当局がいくら悪質だと判断したからといって公訴できない。被害者の訴えなくしては、強制わいせつは立件できないのである。あくまで、被害者があり、『下着に手を入れて10分間胸を触った』という被害者の証言があり、強制わいせつは成立するのである。

そして、彼女はなぜ、夜20時の東急田園都市線のそこそこ混雑している電車内で10分間も胸を触らさせていたのか、という疑問が自然と湧く。特にTBSの再現CGはあまりにも不自然であり、悪意に満ちてさえ思えてくる。

7KRkcM.jpg


東急田園都市線は東京メトロ半蔵門線と東武スカイツリーラインに直結し、埼玉、神奈川の郊外から都心に通う人たちの重要な足である。午後8時なのだから、少なくとも吊革全てが埋まっている状態なはずであり、ここまでガラガラな状態で再現するのはあまりにも不自然だ。

さらに不自然なのが、対面する相手の胸を10分間も揉み続けるという大胆な痴漢行為である。しかもそこそこ混雑した車内で誰にも見とがめられずに、である。行為があまりにも大胆すぎて、CGにあるように、周囲の人々は目を背けていたのだろうか。そんなわけはない。目撃情報は本当にあったのだろうか。


次に示すのは森元アナ逮捕の翌々日16日朝に配信されたサンケイスポーツの記事だ。疑問点に下線を引き、まとめてみたい。


NHK森本健成アナ、強制わいせつ容疑で逮捕 (サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121116-00000000-sanspo-ent

サンケイスポーツ 11月16日(金)7時51分配信

NHKニュース「おはよう日本」の週末の顔として活躍する森本健成(たけしげ)専任アナウンサー(47)が14日夜、警視庁玉川署に強制わいせつの現行犯で逮捕されたことが15日、分かった。東急田園都市線の電車内で、女子大生の下着の中に手を入れ胸を触った疑い。森本容疑者は当時、酒に酔った状態で「記憶がない」などと犯行を否認している。

知性に加え、理性も兼ね備えているはずのNHKアナ。全国に顔も名前も知られる47歳の森本容疑者が、意外な犯行で“ご用”となった。

玉川署の調べによると、14日午後7時45分ごろ、東急田園都市線の渋谷-二子玉川間を走行中の下り急行電車内で、女子大生(23)の下着の中に手を入れ、胸を触った疑い。同署では「犯行は悪質」とコメントした。

当時、車内は帰宅客でかなり混雑しており、女子大生と向かい合わせに立って、体が密着した状態だった。

胸を触り続けたのは、約11分間。女子大生は突然のことで抵抗できなかったという。

しかし、二子玉川駅に停車する直前、手をつかみ「痴漢です!」と大声で助けを求めたため、近くにいた男性の乗客が森本容疑者を羽交い締めに。駅員に突き出された森本容疑者は、駆けつけた同署員に逮捕された。女子大生はNHKアナとは認識していなかったという。

森本容疑者は当時、酒に酔った状態で、調べに対し「(女子大生の)体を触った記憶がない」と犯行を完全否認。ただ、連行されパトカーから同署に降りた際は千鳥足ではなかったという。

森本容疑者はこの日、昼ごろまで仕事をし、その後同僚と東京・渋谷区内で酒を飲みながら食事。自宅は千葉・浦安市で、逆方向の電車内での犯行だった。「乗り間違えたかもしれない」と供述しているという。

森本容疑者は1990年に入局。現在は「おはよう日本」の土日祝日のキャスターのほか、情報番組「クローズアップ現代」(月~木曜後7・30)を担当することも。多くの局員が「ニュースを読む力も分析力もあり、温厚で明るい性格の彼がなぜ…」と話し、一様に驚きとショックを隠せない様子だ。

広報局によると、逮捕の連絡が入ったのは14日深夜。翌15日に報道各社にファクスで発表すると、問い合わせの電話が相次いだ。公式サイト内の「NHKアナウンサールーム」からは森本容疑者の情報が削除された。

同局では「ニュースキャスターを務めている職員が逮捕されたことは誠に遺憾。事実関係を調べた上で、厳正に対処する」としている。

--転載ここまで--


まず、はじめに、中段にある、『二子玉川駅に停車する直前、手をつかみ「痴漢です!」と大声で助けを求めたため、近くにいた男性の乗客が森本容疑者を羽交い締めに。』という部分に注目したい。どうやら、この男性の乗客は、ツイッターを利用していたようだ。森本アナ逮捕同日夜にこんなツイートを残している。






そして、森本アナ痴漢逮捕に疑問を抱いた幾人かが、『森本アナの痴漢行為を本当に目撃したのか?』と直球のメンションを飛ばし、その中の一人に対して森本アナを取り押さえたこの男性の乗客は『駅員に訊け』と荒っぽく返し、『駅員が痴漢行為を目撃したのか?』と突っ込まれると、次のようにツイートしている。




Twitter   namasekiyan  何か訳の分からない輩が若干1人色々書いてくれてるみた ...-153435 
(一連の流れ。クリック拡大)



つまり、森本アナを取り押さえた本人すら、被害者がいう下着の中に手を入れて10分間胸を触られ続けた場面を目撃していないのである。


これは一体どういうことか。


森本アナは『電車(東急田園都市線)に乗って帰宅(千葉県浦安市)する途中だった』と電車に乗った理由を説明しているが、痴漢は下り線(神奈川方面行き)で起こっている。無論、反対線だ。辻褄が合わない。なぜ、自宅と逆方面に向かう電車に乗っていたのかについては、『「(渋谷駅で)乗り間違ったかもしれない』とも説明しているが、仮に通勤で半蔵門線を利用していたとするならば、まず間違えようがない。泥酔状態ではなかったのならば尚更だ。

さらにいえば、被害者は下着の中に手を入れられ胸を10分間触られ続けたという。田園都市線の渋谷~二子玉川間は約10分であり、両駅間を移動中、片時も離れずに胸を触り続けたことになる。報道では電車が急行であったことをやたらと強調してくるが、両駅間の途中、三軒茶屋駅でも急行は止まる。

02_map.jpg

なぜ、被害者は三軒茶屋で降りて『痴漢です!』と声を挙げなかったのか。三軒茶屋で逃げれたはずなのに、そのまま触らせ続け、二子玉に着く前にようやく声を挙げる。どうも計画的な臭がする。


植草事件から学んだことがあった。事件は作られるということだ。これは陰謀だやんやと騒いでいるのではない。森本アナの痴漢逮捕に関してはこんなにも矛盾があるんだけれど、一体どうなのよ?と問い質しているのである。

ただし、森本アナをターゲットにしたこのミッションはコンプリートしたようだ。森本アナ自身が強制わいせつの容疑を認めてしまったようなのである。容疑を認めて処分保留という大胆なお目こぼし。否認していれば起訴に持ち込まれ泥沼になる。起訴になったら捜査しなければならなくなり、目撃者を集めなければならない。しかし、そんな目撃者はどこにもいない。本人が認めて処分保留。やっていないことを認めた森本アナとて、天秤に掛けた末に出した答えだろうが、社会的に抹殺されたも同然である。


処分保留:NHK森本アナを釈放 東京地検- 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/news/20121117k0000m040104000c.html

毎日新聞 2012年11月17日 00時00分

東京地検は16日、電車内で女性の胸を触ったとして強制わいせつ容疑で逮捕されたNHKの森本健成専任アナウンサー(47)=千葉県浦安市=について、勾留請求せずに処分保留で釈放した。地検は「逃亡の恐れがない」としている。今後、任意で捜査する。

警視庁によると、森本アナは「酒に酔っていて覚えてない。(犯行が本当なら)大変なことをしてしまった」と話しているという。

森本アナは14日夜、東急田園都市線の渋谷?二子玉川間を走行中の急行内で、女性(23)の下着の中に手を入れ、胸を触った疑いで現行犯逮捕された。(共同)

--転載ここまで--


全く見に覚えもなく、動機すらもないのに、「否認を続けたら起訴に持ち込むよ」と脅され、容疑を認めてしまったのだろう。

途中三軒茶屋でエスケープできたのに10分間胸を触らせ続けたりという被害者の証言、誰もが疑う不自然さなのである。ただ単に「触られた」といえば条例違反で牢屋にぶちこめるのに、「下着の中に手を入れられて10分間胸を触られ続けました」と強制わいせつの容疑で立件させようとしているのである。さらには、森本アナを押さえつけた乗客ですら森本アナの痴漢行為を目撃していないということも判明した。この件で目撃情報はあったのだろうか。NHKの看板アナが10分間も電車内で胸を触り続けたのである。一人の目撃証言が無いことのほうが逆におかしい。強制わいせつたる証拠は全て二子玉で森本アナの腕を捕まえて『痴漢です』と警察に自分から連絡をいれた被害者の証言のみである。

帰宅するのに乗り込んだ電車が反対方面だったりと、森本アナも一服盛られた可能性がある。一時的な記憶喪失のさなかに起こったとするならば、説明できるわけがないし、原発事故特集を度々組んでいた『クローズアップ現代』というNHKのドキュメンタリー番組関係者をターゲットにした見せしめではなかったかと疑ってしまう。

関連記事
スポンサーサイト

Category:考察シリーズ

comment(0trackback(0

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。