Home  > スポンサー広告 > 同志社女子大職員殺害事件の容疑者逮捕。本当にこの男が犯人なのだろうか。 > 考察シリーズ > 同志社女子大職員殺害事件の容疑者逮捕。本当にこの男が犯人なのだろうか。

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告

comment×  trackback×

同志社女子大職員殺害事件の容疑者逮捕。本当にこの男が犯人なのだろうか。

2012/09/30(Sun) 19:09

1348935991390.jpg
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/120921/waf12092103140002-n1.htm

2012.9.21 03:14 [殺人・殺人未遂]

21日午前0時ごろ、京都市左京区下鴨下川原町の路上で、近くに住む同志社女子大学職員、荒川孝二さん(36)が倒れているのを、京都府警下鴨署員が見つけた。荒川さんは病院に搬送されたが、胸に刺し傷が数カ所あり、間もなく死亡が確認された。京都府警は殺人事件とみて捜査している。

府警などによると、午前0時前に、荒川さんとみられる男性から110番があり、うめき声だけが聞こえてきたため、同署員が現場付近に急行。路上であおむけに倒れていた荒川さんを発見した。胸の中央部に複数の刺し傷と、顔にも切られたような傷があった。発見時、すでに心肺停止だったという。

荒川さんはピンクのポロシャツに黒のジーンズ姿。右手に携帯電話、左手に車のカギを持った状態で倒れていた。府警は奪われた所持品がないか、調べている。凶器は見つかっていない。

遺体から15メートル離れた場所には、荒川さんの自家用車の赤色レガシィが、エンジンがかかった状態で止められていた。車はロックがかかっており、荒川さんがキーレスエントリーのボタン操作をした可能性があるという。

現場は下鴨神社の西約150メートルの閑静な住宅街。

--転載ここまで--


同志社女子大職員殺害事件の犯人が捕まった。2012年9月20日に通り魔に襲われ命を落とした同志社女子大職員の荒川孝二さん(36)の同僚で上司にあたる人物だ。同志社女子大の研究推進センター次長の立場にあった。


1348935975774.jpg
 
【女子大職員刺殺】殺人容疑で同僚の59歳男を逮捕 京都府警 - MSN産経west
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/120929/waf12092914250017-n1.htm

京都市左京区の路上で20日、同志社女子大の職員、荒川孝二さん(36)が刺殺された事件で、京都府警下鴨署捜査本部は29日、殺人容疑で、同市伏見区竹田西段川原町、同大教育・研究推進センター次長、天野祐一容疑者(59)を逮捕した。「すみません、やりました」と容疑を認めている。

---------------------抜粋



さらに、この59歳の研究推進センター次長は文科省のOBであった。



【女子大職員刺殺】元文科官僚、真面目で温厚… 天野容疑者、事件後も通常通り出勤(1/2ページ) - MSN産経west
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/120929/waf12092922180033-n1.htm

天野容疑者は東京都出身で青山学院大卒。昭和56年に文部省(当時)入省し、学校法人調査課などを経て、平成13年から大学入試センター事業部長も務めた。山形大総務部長を経て、16年から同志社女子大で勤務していた。

---------------------抜粋


刺殺された荒川さんは死の直前に警察に電話を掛け、荒川さんが絶命した後もつながっていた。荒川さんは刺殺される直前に、こんな言葉を残している。



【女子大職員刺殺】通報中に刺される? 直前に男と会話 - MSN産経west
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/120923/waf12092300190000-n1.htm

 荒川さんは、男と言葉を交わした直後の20日午後11時55分ごろ、自ら110番したとみられる。「変な人が包丁を持っている」と話した後、しばらくして悲鳴が上がり、約20秒後にはうめき声に変わったといい、府警は通報中に刺された可能性があるとみている。

---------------------抜粋


文科省OBの研究推進センター次長のことを荒川さんが知らないわけがなく、文科省OBで研究推進センター次長を『変な人』呼ばわりするだろうか、という素朴な疑問がある。少なくとも、文科省OBでありセンター次長の立場にあるよく知る人物が殺しにきているのだから、荒川さんはその名前を遺すはずであり、『変な人』というのは、どうも、合点がいかない。

事件の翌21日の報道を紐解いてみる。


【女子大職員殺害】路上に血だまり、世界遺産に近い閑静な住宅街で一体何が…  - MSN産経west
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/120921/waf12092110270009-n1.htm

 飲食店経営の男性(63)は、深夜に男性の『ギャー』という悲鳴を聞いたという。「ほどなく、2~3人の男が声を荒らげて何か言っていたようだった。内容はわからなかったが『普通ではないな』という感じはした」と話した。

---------------------抜粋


【女子大職員刺殺】「包丁を持った変な人が…」自ら110番 刺し傷は肺に 京都府警 - MSN産経west
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/120923/waf12092307120001-n1.htm

また、複数の刺し傷の一部が心臓や肺にまで達していたことも判明。同日午前0時ごろには、荒川さん方の車が投石被害を受けていたことが分かっており、犯人がそれほど面識のない荒川さんに、一方的な恨みを抱いていた可能性も浮上している。

---------------------抜粋


目撃情報によれば、複数犯の可能性は否定出来ないし、致命傷を負わせていることからプロの可能性も否定出来ないはずだ。本当に、この文科省OBの同志社女子大センター次長が荒川さんを殺害した犯人なのだろうか。




関連記事
スポンサーサイト

Category:考察シリーズ

comment(1trackback(0

管理人のみ閲覧できます

2012/09/30(Sun)22:23

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: () 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。