Home  > スポンサー広告 > フクイチ4号機ミステリー なぜか14本増えていた新燃料 > フクイチ4号機ミステリー > フクイチ4号機ミステリー なぜか14本増えていた新燃料

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告

comment×  trackback×

フクイチ4号機ミステリー なぜか14本増えていた新燃料

2012/08/04(Sat) 20:57

カテゴリ・フクイチ4号機ミステリー

東大理学博士が語る3号機原子炉建屋の爆発の真相と4号機ミステリーへの考察。




先月7月、4号機の使用済み核燃料プールから新燃料が2本、試験的に取り出された。かなり前倒しされた感があるのは、4号機燃料プールの1535本の核燃料をどうにかしろと国際社会が騒ぎ始めたからだろう。4号機オペレーションフロアの解体が急ピッチで進められ、すっかり野ざらしになった4号機建屋の5階部分の原子炉ウェル上部にクレーンが設置された。


Z20120718GZ0JPG000820001000.jpg




【放射能漏れ】4号機プールから未使用燃料取り出し 東電 - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/science/news/120718/scn12071813210002-n1.htm

2012.7.18 13:21 [放射能漏れ]

東京電力は18日、福島第1原発4号機の燃料貯蔵プールに保管されている未使用の燃料1体を試験的に取り出した。燃料の損傷状況などを調べ、来年末までの着手を目標とするプールからの燃料の本格的な取り出しに備える。昨年3月の事故以降、燃料の取り出し作業は初めて。

4号機は定期検査中に被災し、燃料貯蔵プールには1~4号機で最多の1535体の燃料集合体がある。204体は定検後に使用予定だった未使用の新燃料で、計画ではこのうち2体を取り出す。

事故直後、プールには冷却のため海水が注入されており、燃料の被覆管の表面の劣化状況などを把握することが課題になっている。

--転載ここまで--



4号機取り出し 120719_12.jpg 


おいおい、作業員が直接拭いたり野ざらしに乱暴に置いたりしているけれど本当に大丈夫なのか?と思ったのも一人や二人ではないだろう。致死量の放射線を出し続ける使用済み核燃料とは違い、炉心にくべられる前の新燃料は、放射線量はそんなに高くないという。大気中に触れても問題が無いのなら、なぜ、もっと早く新燃料だけでも取り出さなかったのかという疑念が湧く。

さらにいえば、クレーンで取り出された新燃料であるが、チャンネルボックス(燃料集合体のカバー。ジルカロイ製)が錆びた鋼鉄のようにどす黒く光っている。

そもそも、ウランペレットを包み込むジルカロイが腐食しないようにヒドラジンを混入したのではなかったか。ヒドラジンの効果が全く表れていないではないか。ちなみに、ヒドラジンを添加するとこうなる。

ヒドラジンの役割


では、なんのためにヒドラジンを混ぜたのか。


なぜヒドラジンが投入されるのか





4号機オペフロ配置図 Z20120718GZ0JPG000820001000.jpg (839×633)


クレーンを下げた大体の場所を把握してから本題に入りたい。以下に示すのは、日立GEニュークリアエナジーが公表した4号機使用済燃料プールの瓦礫マップと発熱分布である。この発表自体はかなり前の発表である(失念)。

4号機瓦礫マップ


4号機オペレーションフロアの配置図やクレーンが設置された場所から考えると、今回取り出された2本の新燃料は、原子炉ウェル側に固まってあるうちの2本のようだ。

4号機の核燃料プールは1590本が許容数である。30本(3×10)の塊が、53(8+8+12+12+13)あることは瓦礫分布マップでも確認できる。


4号機瓦礫マップ2


注目してもらいたいのは、瓦礫分布マップの空白で示されている部分である。


4号機瓦礫マップ3


4本~10数本があちこちにあるのだが、全てを足すと、41本分しかない。

つまり、4号機の核燃料プールには1549本の核燃料が沈められているということである。

これはおかしい。

東電の公表では4号機の核燃料プールにある核燃料は1535本だったはずだ。14本も余計に収納されているということである。


東電が主張する1535本の内訳は、使用済み核燃料1331本+新燃料204本である。4号機の核燃料プールは許容数が1590本であり、占有率は97%にもなる。それはそれで異常なことではあるが、本来なら55本分の空きスペースがあるはずの4号機核燃料プールに、空きスペースが41本分しかなく、14本が余計に沈んでいることの方が異常である。


4号機の核燃料プール内に配置されている新燃料は瓦礫分布マップで色分けされているので大方把握できる。発熱が最も少ない群青色の核燃料は、北に向かって五列あるうちの真ん中の列に集中している。

そして、その本数を数えてみたところ、なんと、218本あることが分かった。つまり、新燃料が14本余計に沈められているということだ。

これは一体、どういうことなのだろうか。




フクイチ4号機ミステリー 消えた548本の謎を解く

フクイチ4号機ミステリー・比較的崩壊熱の高い核燃料??

フクイチ4号機ミステリー 一原発作業員の話

フクイチ4号機ミステリー 311当日に4号機に居た原発作業員

極秘のUS-イスラエルによる核兵器移動が福島の爆発をひきおこした(島津論文)


世界の真実の姿を求めて! 福島原発4号機破壊の謎→DSピットの爆発説(4号機プルトニウム生産炉説)
http://oujyujyu.blog114.fc2.com/blog-entry-2169.html


関連記事
スポンサーサイト

Category:フクイチ4号機ミステリー

comment(0trackback(0

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。