Home  > スポンサー広告 > 東大理学博士が語る3号機原子炉建屋の爆発の真相と4号機ミステリーへの考察。 > フクイチ4号機ミステリー > 東大理学博士が語る3号機原子炉建屋の爆発の真相と4号機ミステリーへの考察。

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告

comment×  trackback×

東大理学博士が語る3号機原子炉建屋の爆発の真相と4号機ミステリーへの考察。

2012/08/04(Sat) 13:22

世界の真実の姿を求めて! 福島原発4号機破壊の謎→DSピットの爆発説(4号機プルトニウム生産炉説)
http://oujyujyu.blog114.fc2.com/blog-entry-2169.html








槌田敦 - Wikipedia

槌田 敦(つちだ あつし、1933年5月17日 - )は、日本の物理学者、環境経済学者。
東京生まれ。東京都立大学理学部化学科卒。東京大学大学院物理課程中途退学、助手を経て理化学研究所研究員。1966年東大理学博士。名城大学経済学部教授を経て、現在高千穂大学非常勤講師。父が化学者槌田龍太郎, 兄弟に 槌田劭 がいる科学者家族。

環境問題を開放系熱力学により分析する「槌田エントロピー理論」を掲げ、独自の立場からエネルギー問題や廃棄物・リサイクル問題に取り組む。1970年代初頭から、反核・反原発を主張し、核融合技術の開発にも反対している[1][2][3]。
反原発運動の闘志であり、その政治的哲学から「人類の排出した二酸化炭素により地球が温暖化している」という説に対して否定的な意見を持っており、「CO2温暖化脅威説は世紀の暴論」と二酸化炭素の上昇と気温上昇の相関関係をもとに、気温上昇が先であるとの因果関係を主張している[4][要検証 ? ノート](同様に反原発の立場から地球温暖化に対する懐疑論を主張する論者に広瀬隆らがいる)。ただし槌田らの主張は科学的に広く認められておらず、当該分野の専門家らによって反論を受けている[5]。気候変動は専門外の日本物理学会誌に査読を通らないまま寄稿し、そこでも「詭弁」との批判を受けている[6]。また槌田が批判しているIPCC第4次評価報告書にも、主要な結論に変更はない。詳しくは、地球温暖化に対する懐疑論を参照のこと。

---------------------抜粋


カテゴリ・フクイチ4号機ミステリー

フクイチ3号機の大爆発はプルトニウム240の過早爆発ではなかったか。


日立が公表した4号機使用済み核燃料プールの瓦礫マップと燃料温度
Overlay-v4.jpg


何が真実で、何を隠しているのだろうか。福島第一原発事故、ならびに4号機ミステリーは、戦後日本の暗部を象徴しているようだ。



関連記事
スポンサーサイト

Category:フクイチ4号機ミステリー

comment(0trackback(0

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。