Home  > スポンサー広告 > 少し強引に天皇家とウランを結びつけてみる。 > カッパドキアと剣山雑考 > 少し強引に天皇家とウランを結びつけてみる。

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告

comment×  trackback×

少し強引に天皇家とウランを結びつけてみる。

2012/03/05(Mon) 04:49

イランとイスラエルに見る、世界規模のクライシスの予感 | 憂いの果てに ~次男坊のアフォリズム~


 

今、イスラエルが影の戦争を仕掛けている。いわゆる諜報戦争。諜報専門の工作部隊による、情報戦争である。

イスラエルは四国ほどの大きさの国だ。建国したのは1948年。今から64年前である。元々はイギリス委任統治領であり、パレスチナ人が住んでいた。

UN_Partition_Plan_Palestine.png  



イスラエル建国により、パレスチナ人の多くが土地を奪われ難民となった。その数、70万~80万人だったとされている。パレスチナ人にとっては不条理極まりないことだ。なにしろ、イスラエルはユダヤ人にとって神に約束された土地だから出てってくれと、なんだか分けのわからない宗教観を持ちだしては土地を追われ、時には強奪されるのだから溜まったものではない。パレスチナ自治区はヨルダン川西岸地区、ガザ地区に分断されているのだが、ユダヤ人入植問題の着地点は今のところ定まっていない。

イスラエルとパレスチナ自治区の国境には高さ10メートルの分離壁が延々と並んでいる。とかくガザ地区はイスラエルから飲料水や燃料を買っていることもあり、完全に生殺与奪の権を握られてしまっている。

ebab78aa4a442e6437749cb33318a81d.jpg

本題に入る。

イスラエル王国滅亡以降イスラエル民は離散することになるのだが、神と約束された土地であるのに二千年余の間、放置した理由は一体何だろうか。当方は、イスラエルは古代イスラエルの時代に猛烈な大規模放射能汚染に晒され、人が住めなくなったのではないかと考えている。アッシリアや新バビロニアなどによってイスラエルは滅亡したのだが、バビロン捕囚やジェノサイドもあっただろうが、確実なことは、ユダヤ人がイスラエルを離れたことである。世界各国に離散したユダヤ人がイスラエルに帰還したとき千年王国が始まるという。千年王国とはイエスキリストの分身が地球に君臨したあとの千年間であり、シオニスト運動の根底にある。では、ユダヤ人は、古代イスラエルの終焉を迎え、二千余年の年月を、多民族が住み着くまで放置した理由は一体何なのか。

イスラエルは神と約束された土地だというがユダヤ人が古代イスラエルを去ったのは史実である。イスラエルは古代イスラエルの時代に大規模な放射能汚染に見舞われせたのではないか。

もっと言えば、古代イスラエルの時代にウランが核爆発したのではないのかとすら思っている。

原子力の原理の中でもウランやプルトニウムの核爆発は至ってシンプルである。一定量を集めれば臨界を起こし爆発するのである。放射性同位体の中でもウラン235、プルトニウム239は明確な臨界質量がある。だからこそ、臨界、核爆発を制御することができるのである。

臨界質量は、ウラン235は液体状態で800グラム、金属状態で22キログラムである。プルトニウムはもっと少なくて液体状態で500グラム、金属状態で5キログラムである。

仮に、古代イスラエルの時代にウランによる核爆発が起こっていたとしよう。時代は紀元前である。2千年以上前だ。ウラン技術を手にすることが出来るだけの土台はあるのだろうか。その辺りは、実はよくわからない。
Levant_830 [2]

古代イスラエルの時代、イスラエルは北と南に分かれていた。イスラエル北王国とユダ南王国である。

紀元前722年、北王国がアッシリアに滅ぼされる。そしてユダ王国は紀元前586年、新バビロニアに滅ぼされる。興味深いことに、北王国を滅ぼしたアッシリアも南王国を滅ぼした新バビロニアも100年経たないうちに文明を滅亡させているのである。アッシリアなどは1400年間の歴史に終止符を打つ形になった。

イスラエルを滅ぼすほどの民族(文明)が、なぜ、一世紀経たずに滅ぶことになったのか。古代イスラエルの時代に猛烈な放射能汚染にさらされた土地に根付いたからこそ淘汰したのではないだろうか。

イスラエルの失われた十支族は、イスラエル北王国がアッシリアに滅ぼされた時、消息を絶った10の支族である。それぞれの支族には以下のようなシンボルマークがある。

images (9) [2]  
中でも『アシェル族』の紋章に注目したい。これは、オリーブの木を象ったものだという。


古代イスラエル(旧・ヘブライの館)36 [2]  vtsfqr [2] 

当方には別な物に見えて仕方がない。核爆発によるキノコ雲である。
090202olivetree.jpg 
オリーブの木


アシェル族のシンボルマークが、核爆発によるキノコ雲をモチーフにしていたとするならば、イスラエルの失われた十支族とは、祖国を不毛の地にしてしまったウラン技術(文明)を人類が手の届かない所へ秘匿するために、その存在を消したのではないかとも考えうる。

イスラエルの失われた十支族が日本に来ていたとする説がある。いわゆる日ユ同祖論の根拠の一つでもあるが、ガド族=
帝(ミ・カド)=天皇家と解釈し天皇家の始祖になったとするものである。

古代イスラエル(旧・ヘブライの館ガド

ガド族のシンボルマークは宿営を象ったものだという。

6jsgy.jpg

ガド族のシンボルマークにそっくりなものが、かつての伊勢神宮にはあった。

jeis.png 

伊勢参詣曼荼羅という17世紀に描かれた伊勢神宮には内宮、外宮共に三つの社が描かれている。これはガド族のシンボルマークと符合する。はたして、偶然なのだろうか。

天皇家は125代続いているという。そして、天皇家の初代から八代まではベールに包まれている。欠史八代である。日本の歴史書で代表的なものに古事記や日本書紀などがあるが、大体神話が歴史などふざけた教育はするべきではない。史実は事実に基づいた物語である。ヒストリーである。淡路島を生んだだのヤマタノオロチだののメタソロジーは神話であり、事実ではない。神話が史実になっていることは、日本の悲劇の一つである。

欠史八代に代表されるように、万世一系125代男系で継承されてきた天皇家の始祖はベールに包まれているのだが、始りは皇紀として認定されている。皇紀は、今年は2672年である。

失われた十支族のガド族がアシェル族(つまりウラン技術)と共にイスラエルを離れ日本に流れ着き天皇の始祖になったのではないか。その根拠である。

紀元前660年である。

イスラエルの北王国がアッシリアに滅ぼされたといわれているのが紀元前722年である。ユダ南王国が新バビロニアに滅ぼされたとされるのが紀元前584年である。

つまり、722年→660年→584年と、イスラエル北王国が滅び、十支族が姿を消して、ユダ南王国が滅亡するまでの間に、皇紀元年が日本で生まれているのである。少なくとも、天皇家=イスラエルの失われた十支族のガド族だとする説に矛盾はない。

ユダヤ教とは様式的信仰である。旧約聖書に記されてある戒律を生活の中で再現し、神の選別を請うものである。他方で、ユダヤ人とは神と約束を交わしたアブラハムの血統だと考えるむきがある。旧約聖書にそう書かれているからだという。

日本の始祖となった天皇家はガド族でアシェルの技術であるウランを八代かけて封印したのではないか。神話が歴史だと馬鹿げたことをのたまうよりも数段妥当性があるのではないか。

天皇家は同族婚姻をくり返し、側室を設けて血脈継承に固執してきた。側室とは愛人と同意である。本妻で男子に恵まれなければ、愛人の子が万世一系を保った。125代万世一系を男系で継承するとは、そういうことである。アブラハムの直系であるイスラエル北王国のガド族であったとするならば、旧約聖書に従い血脈継承に固執しただろう。

天皇は序列の中で世界最高位にあるという。ただ一人の祭祀王である。そんな天皇家が掲げているシンボルマークが以下である。

600px-Japanese_Crest_Jyuuroku_Kiku_svg [2] 

菊の十六弁である。一文字という弁を14~16弁つける菊を擬えたと云われているが、これは、放射能が縦横無尽に放射線を放出する様を示したのではないだろうか。

そして、ウラン技術を人類の目から永遠に隠匿するために、イスラエルの地を離れ、アークに乗せて日本に持ち込んだのではないか。ウランは有害な放射線を放出し続けるゆえ、人は手で運ぶことはできないが、臨界質量をちゃんと管理すれば爆発することはない。隠した場所はもちろん、四国の剣山である。

750px-Physicist_Studying_Alpha_Rays_GPN-2000-000381.jpg
霧箱の中で放射線を放つ様子(ポロニウム)。菊の16弁そっくりである。

2ぷる

2012/03/09加筆修正
関連記事
スポンサーサイト

Category:カッパドキアと剣山雑考

comment(1trackback(0

承認待ちコメント

2012/09/28(Fri)17:01

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: () 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。