Home  > スポンサー広告 > 少し平田が出頭した大晦日23時50分という時間にこだわってみる。 > オウム特別手配犯平田の出頭 > 少し平田が出頭した大晦日23時50分という時間にこだわってみる。

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告

comment×  trackback×

少し平田が出頭した大晦日23時50分という時間にこだわってみる。

2012/01/14(Sat) 02:35

2011年を超えてはいけないゲームに文字通り体を張って参加させられていた平田信。

2011年を超えてはいけないゲームに文字通り体を張って参加させられていた平田信。2

今回のブログエントリは、先に逮捕されたオウム真理教特別手配犯の一人である平口信が出頭した大晦日の夜について突き詰めていきたい。"2011年を超えてはいけないゲーム"のランナーとして平口が強制参加させられたという視点。平口は、どうしても2011年のうちにタイホされなければならなかった。平口が東京に姿を見せた後の足取りを追っていくと、その異常なまでのタイホされることへの強迫観念めいたものが浮き彫りになっていく。

そして、こう考えざるを得なくなる。

平口はなぜ、ここまでして、タイホされなければならなかったのか。

平田は”2011年を超えてはいけないゲーム”のランナーではなかったか。




2011年大晦日。平口はJR大崎駅を出ると大崎署に向かったという。午後21時のことである。署に門番がいなかったことや署の入り口が分からなかったことで平口は大崎署に出頭することをあきらめた。そして、オウム真理教専用情報提供フリーダイヤルに10回くらい電話をかけるも繋がらず、110番報し、自身の出頭先の指示を仰いでいる。

平口は恵比寿駅から日比谷線を乗り継いで霞が関駅を降り警視庁本部に向かうことになる。もう、新年まで一時間を切っていた。

警視庁本部庁舎前
警視庁本部庁舎前

「平口信です。出頭しに来ました」

大晦日が明けようとしている頃合いである。まさか警視庁本部庁舎を警備する警備隊員も、まさかオウム真理教の特別手配犯の一人が出頭してくるなどと微塵も思わなかっただろう。平口に応対した警備隊員はイタズラだと思い、平口を日比谷公園前交番か道路を挟んで向かい側にある丸の内署への出頭を促した。

警視庁本部庁舎 から 丸の内警察署 - Google マップ2

警備員は取り合ってくれない。もう時間がない。平口は諦め、警備隊員に促された先の丸の内署に向かった。警視庁本部で平口が確認されている時間は23時35分である。もう、30分を切っている。

丸の内署は警視庁本部庁舎前から900メートル、徒歩11分の距離にある。

<警視庁本部庁舎 から 丸の内警察署 - Google マップ3

途中大きな交差点が2つあるが、日比谷公園前交番がある交差点は三車線以上が交わる交差点なので、信号に引っかかれば、数分はロスすることになる。平口は焦っただろう。

平口はどうしてもタイホされたかった。姿を暗ませた16余年をフイにしてでもタイホされなければならなかった。まるで命を賭けたゲームのようだ。大事なものを失うゲームのランナーとして、平口は今年中にタイホされなければならなかった。

日比谷公園を尻目に、平口は半ばかけ出すように丸の内署方面に向かっていったに違いない。

警視庁本部庁舎 から 丸の内警察署 - Google マップ4

平口は息を切らしつつ、丸の内署の門番の女性署員に自分がオウム真理教特別手配犯の一人、平田信であるとアピールした。

警視庁本部庁舎 から 丸の内警察署 - Google マップ

門番の女性署員は毎年恒例の、酔っ払いの悪い冗談だと思っていた。タイホされてこい。悪乗りした連中の罰ゲームの舞台に選ばれることもある。平口が必死に指名手配犯の平口だと訴えた所で門番の女性署員は取り合わなかった。もう、残すところ、あと何分かで新年を迎えようとしていたのだから当然といえば当然である。

「僕って背が高いでしょ」

平口は183センチメートルと長身であった。

snap2839.jpg

平口は、「捕まえてくれ、新年が始まる前に。」必死な思いでタイホを懇願した。やがて、平口信の身体的特徴の中に長身であることを思い出した女性署員は、平口かも知れないと職業的な直感が働き、所内に引き入れることになる。23時50分、日付が1月1日にかわる10分前だった。あと10分で2011年が終わり、新年を迎えようとしていた。

平口は、なぜ、タイホされることに執着したのだろうか。

特に、警視庁から丸の内署までの形跡をたどっていくと、もはや焦りしか見えてこない。

警視庁本部庁舎で平口の姿が確認されたのは23時35分。丸の内署で門番に署内に引き入れられ身柄を確保されたのが23時50分。平口が”2011年を超えてはいけないゲーム”のランナーだと考えた場合、ひとまずのゴールを迎えたことになる。

平口は一体何を体を張って守ったのだろうか。

平口がタイホされてから10日が経ち、元オウム女性信者が平口を匿っていたと大崎署に出頭した。

20120113-220112051-82.jpg

彼女は弁護士に引き連れられ出頭し、犯人秘匿容疑でタイホされた。

平田が口を割らなかったのだから、名乗り出なければ罪に問われることはなかった。なのに、なぜは出頭したのだろうか。自らの身が無事であることを知らせるには有効だと思ったのだろうか。あるいは、彼女自身が治安当局に身を委ねることを望んだのだろうか。

福島、宮城、青森と、原発がある県を渡り歩き、平口を一歩も外に出さなかったとは逮捕前にコメントを弁護士に託した。彼女は、ゲームの人質になっていたのではないだろうか。

16余年の長い歳月を誰にも見咎められず逃げ果せた平口は、ドジを踏んだのだろうか。そんなわけはない。明らかに、強迫観念めいている。

さらにいえば、新大阪駅の防犯カメラでは平口は白いニットにマスク姿で人相を隠していたが、東京では警察署行脚でタイホを懇願する。白いニットとマスクは捨てている。なぜ大阪でタイホされることを避け、東京でタイホされなければならなかったのだろうか。

crm12010820310009-p2.jpg

crm12010820310009-p1.jpg

平口は大崎署での出頭を諦めたあと、山手線で恵比寿、恵比寿駅から日比谷線を利用し地下鉄霞ヶ関駅で降り、警視庁に向かった。日比谷線と霞ヶ関駅は地下鉄サリン事件の象徴的な場所である。平口はなぜこのルートを選択したのだろうか。所持金10万円と使えないハイウェイカード3万円分。他にも行き方があっただろう。

平口のタイホを切望する執念の奥に、いったい何があるのだろうか。

そこまでして、自らのタイホと引換に、得るものがあるのだろうか。

「迷惑かかるから言わない」と高をくくった平口に対し、女性信者は出頭時に800万円の現金と自分が平口を匿っていたという証拠として平口の失効した免許証を持参したという。

斎藤容疑者800万円所持「教団からの残金と貯金」
http://news.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/220112051.html

オウム元出家信者の女 平田容疑者の免許証を持参
http://news.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/220112000.html

オウム元出家信者の女はある意図をもって『平口を匿っていた』と出頭してきた。平口が『匿ってくれたのは彼女』と言っているのではなく、本人は協力者の存在に関しては黙秘中である。女性信者の意図は今のところ妄想するしか無い。

今日未明付けで、『平田容疑者「プリズン・ブレイク』観ていた』という見出しの記事が配信されたが、正確にはレンタルしたのは女性信者である、逮捕前のひと月に借りたビデオが28本で、プリズンブレイクシリーズが含まれていたようである。

平田容疑者「プリズン・ブレイク」観ていた
http://news.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/220113058.html

どうも、平口に16余年明確な意図をもって逃亡を続けた卑怯な犯人だという印象を刷り込みたいようだ。

かの島津論文ではオウム真理教のことを『海外諜報機関のフロント』だと説明している。オウム真理教とは教義もクソも宗教ではないのである。

2012年1月2日、平口のもとに面会に訪れた瀧本太郎弁護士は、オウムの毒ガス攻撃を受けたという。平口のもとにオウム被害者である弁護士を寄越したのは誰なのか。瀧本弁護士は、女性信者を大崎署に出頭に付き添った数日後、平田の弁護士を辞任することになる。理由は女性信者の弁護士を引き受けたからだという。どうも胡散臭い。瀧本とかいう弁護士も含めてだ。16余年の間、罪から逃れたいという明確な意志を持ち逃亡を続けたという印象操作するために現れたと考えるのは邪推だろうか。ひとまず平口が起訴されてから、”なぜ、平口はランナーとして走りだしたのか”を考えてみたい。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 事件・犯罪へ

注・平口→平田
関連記事
スポンサーサイト

Category:オウム特別手配犯平田の出頭

comment(0trackback(0

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。