Home  > スポンサー広告 > 2011年を超えてはいけないゲームに文字通り体を張って参加させられていた平田信。2 > オウム特別手配犯平田の出頭 > 2011年を超えてはいけないゲームに文字通り体を張って参加させられていた平田信。2

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告

comment×  trackback×

2011年を超えてはいけないゲームに文字通り体を張って参加させられていた平田信。2

2012/01/11(Wed) 16:56

前回のブログエントリでは、先の元旦に大騒ぎになった平口信逮捕を考察した。

2011年を超えてはいけないゲームに文字通り体を張って参加させられていた平田信。

『どうにか来年を迎える前に捕まえてください!』平口は土下座せんとする勢いで自首を懇願した。

自首できた平口信は安堵しているのだろうか。それとも新たな脅威に怯えているのだろうか。

crm12011008330005-p1.jpg 

2012年に年が変わる10分前。平口は丸の内署で逮捕される。2012年の10分前にギリギリ間に合った平田信は、一体何を賭けていたのだろうか。出頭と引換に、何を助けたのだろうか。

crm12010820310009-p2.jpg 

16年間閉じ込められたオウム麻原のボディガードは、2011年の大晦日、突然大阪で解放された。

crm12010820310009-p1.jpg
 

2012年を迎える前に、東京で自首する。大阪で解放されたランナーはひたすらにゴールを目指す。時間を気にしながら、ただ、ひたすらに、指定された東京中枢を目指す。途中、地下鉄サリン事件の舞台である霞ヶ関駅を寄れ、というミッションのおまけ付きだ。誰かに何かを指示され、ランナーはひたすらにゴールを目指した。


平口が逮捕されて10日経ち、斎藤明美という元信者が出頭した。平口は彼女を守ろうとしたのか。それとも、彼女は自らの危険を案じ、我が身を防護壁の中へと置くことにしたのだろうか。

女性協力者か、檻の中に閉じ込められていた時、平田の面倒を見た看守役か。もしかしたら、平口自身、彼女の顔を見たこともないかも知れない


「【平田信容疑者逮捕】斎藤明美容疑者のコメント全文「偽りの人生終わりに」」:MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/smp/affairs/news/120110/crm12011022090037-s.htm
2012.1.10 22:09

 滝本太郎弁護士が10日明らかにした斎藤明美容疑者(49)のコメント全文は以下の通り。

 本日、私、斎藤明美は平田信に長い間、隠れ場所を提供したことを告白し、自首致しました。皆さんには私の出頭が遅くなったことに深くおわび申し上げます。平田と私とは、私のその罪について、16年の歳月が過ぎ、手配もなくなり、とうに罪がなくなったと思っていました。そこで後日、私は弁護士の方に相談し、12月31日、平田だけ出頭することにいたしました。その結果、かえって今、混乱し、社会にも不安を与えました。

 平田とは面識があって尊敬していました。逃げ始めた当時、平田が関与したという事件も平田との関係も知りませんでした。平田が手配されたことも逃走後に知りました。その後、福島(福島第一第二原発)、宮城(女川原発)、青森(東通原発)、仙台と逃げました。仙台では料亭で住み込みで働きました。その後、大阪に向かい、3カ所で計15年あまり、1年、7年、7年と3カ所に住みました。仲居、喫茶員、事務員の仕事をしましたが、私の知る限り、住まいの移動の時以外、平田は外には一歩も出ませんでした。警察や周囲の方に見つかりそうになるたびに、移動していました。()←筆者注

 私と平田は報道で色々な事件を知り、特に坂本弁護士一家の事件についてオウム教団のしたことだったことに驚きました。教団では教祖麻原は絶対者でした。人の全ての輪廻(りんね)転生を握っていると信じ切っておりました。教団信者には現実感覚がなく、現世は実際に幻と感じていました。異常な世界でした。2人は麻原の法廷での態度に失望しました。平田は仮谷さんの奥さんの言葉を聞いて出頭しようとも悩んでいましたが、私も平田も(平田が)、国松(孝次警察庁長官銃撃)事件の主犯とみられていたことから、国松事件で逮捕されなくなるまでは出ないと決めました。

 昨年の東日本大震災は大きなショックでした。昨年11月末に平田は出頭すると言い始めました。12月31日夕方、私は平田を見送りました。年末年始だからそんなに大きなニュースにはならないだろうとも考えていました。そして平田は私を守ろうという一心でした。

 特に大阪の人にはおわび申し上げます。偽名で勤務し、長く皆さんをだまし続けてきました。その上にさらに迷惑をかけてしまいます。本当に申し訳ありません。家族、親族、友人のみなさまにもずいぶん迷惑をかけました。深くおわび申し上げます。今日、私は自首をしました。オウム事件の被害者の方には長く逃げていて本当に申し訳ありませんでした。今日、私は17年ぶりに本名を名乗りました。私はずっとずっと偽名で生活し仕事をしてきました。そんな偽りの人生は終わりにします。

--転載ここまで--


平口が参加しているゲームはまだまだ続いている。何がこの先待っているかは知る由もない。




関連記事
スポンサーサイト

Category:オウム特別手配犯平田の出頭

comment(1trackback(0

やはり…

2012/01/12(Thu)22:41

私の期待を裏切らない推測と、考察有り難うございます。
私の恐ろしい推測は、平田は統一系工作員として、311へ向けての仕事を無事終え、更なる撹乱目的の為、出頭命令が下されたか?
と、個人的にニラんでいます。
やな時代ですが、今後もブログ楽しみにしています!

名前:福島のヒハヤヒ (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。