Home  > スポンサー広告 > 8月8日、八(8)王子で起きた無理心中が偽装された可能性は?? > 8月8日、8王子で発覚した8事件 > 8月8日、八(8)王子で起きた無理心中が偽装された可能性は??

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告

comment×  trackback×

8月8日、八(8)王子で起きた無理心中が偽装された可能性は??

2011/08/10(Wed) 15:18

2011年8月8日、東京八王子市大横町で80歳と見られる老婆と、その息子と見られる40代男の変死体が発見された。


2011-08-09 17-12-35


東京・八王子 拳銃で親子が無理心中か ― スポニチ Sponichi Annex 社会
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2011/08/08/kiji/K20110808001377080.html
---------------------------------[抜粋]

 8日午後4時50分ごろ、東京都八王子市大横町の住宅を訪ねた不動産会社の関係者から「約束があって来たが応答がなく心配だ」と警視庁八王子署に通報があった。

 駆け付けた署員が、40歳ぐらいの頭から血を流した男性と、80歳ぐらいの胸から血を流した女性の遺体を発見した。同署は、この住宅で2人で暮らしていた親子とみて身元の確認を急いでいる。

 八王子署によると、2人は2階のリビングに倒れており、近くに拳銃のようなものがあった。玄関は施錠されており、室内が物色された様子もなかった。同署は無理心中の可能性もあるとみて調べている。
[ 2011年8月8日 23:41 ]

---------------------------------[抜粋]


「八王子で男女死亡、けん銃で無理心中か」 News i - TBSの動画ニュースサイト
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4796546.html
---------------------------------[抜粋]

 8日、東京・八王子市の民家で親子とみられる男女が血を流して死亡しているのが見つかりました。部屋からはけん銃が見つかっていて、警視庁は2人が無理心中した可能性があるとみて調べています。

 8日午後4時過ぎ、東京・八王子市の民家でこの家を訪れた男性から「応答がない」と110番通報があり、警察官が駆けつけたところ男女2人が頭や胸から血を流し、死亡しているのが見つかりました。

 死亡していたのは、この家に住む80代の女性と40代の男性の親子とみられ、傍らにはけん銃が落ちていました。

 当時、玄関の鍵は施錠されていて、部屋の中も荒らされた跡がなかったことなどから、警視庁は2人が無理心中をはかった可能性があるとみて、けん銃の入手ルートについて調べています。(09日00:41)

---------------------------------[抜粋]






無理心中か:東京・八王子で男性と母親死亡 近くに拳銃 - 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110809k0000m040138000c.html
---------------------------------[抜粋]

 八王子署によると、男性は頭部、女性は胸に撃たれたような傷痕があった死後1日以内とみられる。1階の玄関は施錠されていたという。現場はJR八王子駅から北西約1キロの住宅街。

毎日新聞 2011年8月8日 23時33分

---------------------------------[抜粋]


親子が拳銃で無理心中か 八王子市で男女遺体
http://news.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/210809008.html
---------------------------------[抜粋]

警察官が駆けつけたところ、2階のリビングの床で40歳くらいの男性が倒れて死亡していたほか、椅子に座った状態の80歳くらいの女性の遺体が見つかりました。警視庁によりますと、男性は頭に女性は背中に撃たれたような痕があり、男性の近くには拳銃が落ちていました。

---------------------------------[抜粋]


以上のニュースをまとめると、
1)事件現場は八王子市大横町。JR八王子駅から北西約1キロの住宅地。
2)不動産会社の関係者の通報により発覚した。
3)80代女性は背中を撃たれ、40代男は頭を撃たれていた。
4)二階のリビングで、女性は椅子に座った状態で、男の近くには拳銃が落ちていた。
5)死後一日以内とみられる。
6)無理心中との見解。


当局が無理心中である可能性を示したのは、
1)玄関が施錠されていたこと。
2)室内が物色された様子がなかった。
3)二人の傍らに拳銃が落ちていた。

これらと推測される。

いかんせん腑に落ちないのは、当局が親子の無理心中を偽装された可能性を議論せず、科学的裏付けも得ないままに被疑者死亡の殺人事件という見解を示していることだ。『無理心中を”偽装”された可能性は全くないのか?』という議論をすっ飛ばしてしまうのはあまりにも拙速だ。95年7月、日本を震撼させた八王子スーパーナンペイ強盗殺人事件をも絡めて考えれば、無理心中(自殺、自死)が偽装された可能性だって十分有りえるではないか。それに、横田基地から見れば親子の民家とスーパーナンペイはほぼ同じ距離であるのだから―。

8月8日、8王子で起きた親子の無理心中。あまりにも、8が象徴的なので8事件と名付けさせてもらう。




■ 八王子署に通報した不動産関係者と事件現場近辺の駐車スペース拡張は無関係か

『無理心中』として片付けるのには拙速感が否めない8事件であるが、まずは、事件現場の特定を先にしておきたい。『東京都八王子市大横町』『JR八王子駅から北西約1キロの住宅街』、さらにニュース映像に映り込む『ジョナサン』や『水車亭』と書かれた看板から現場は16号沿いであると特定。

2011-08-09 17-11-14_

住所は《東京都八王子市大横町3-3付近》だと見て間違い無いだろう。

2011-08-09 17-34-56


■ 現場に隣接した駐車スペースとの関係は?

ストリートビューのキャプチャ画像とニュース映像を比較してみると、茶色いマンション(COCOA)に隣接した駐車スペース(黄色い円で囲った部分)がかなり奥まで拡張されていることが分かる。ストリートビューは今年に入って撮影されたものだ。つまり、現場付近は今年に入ってから隣接した民家は取り壊され駐車スペースが拡張されたと推測出来る。

2011-08-09 17-11-37_

2011-08-09 17-35-29_

ようは、地上げとの絡みを考えろ、ということである。

そもそも、通報者が不動産会社の関係者というのが胡散臭い。この不動産関係者は事件現場付近の駐車スペース拡張と無関係なのか。発見が一日以内、というのもさらに胡散臭さに拍車をかける。もし通報者である不動産関係者と現場周辺の区画整備が関係あるなら、やはり、ここは地上げ・立ち退きに係わる見せしめ殺人の線、つまり無理心中を偽装された可能性をも疑うのが自然の流れだ。


■ 斜向かいには警視庁第九方面合同庁舎

2011-08-09 17-40-24_

8事件現場から16号を跨いで斜向かいには警視庁第九方面合同庁舎がある。南下すれば八王子消防署がある。治安の良い一角なのである。


■ 8月7日、大横町では山車の巡行があった。

これから指摘することは至極重要なことなので留意したい。8月8日午後5時頃、不動産会社の関係者から八王子署に通報があり発覚したわけだが、『死後一日以内と見られる』と報じられていることからも、二人が死亡したのは前日8月7日と見ていいだろう。

8月7日は日曜日で、大横町では山車の巡行があった。通年であれば八王子まつり(8月第一週金曜日からの三日間。毎年すこぶる賑わう)が開催されていたのだが、311東日本大震災の影響で中止。6日、7日の土日に山車の巡行のみが行われたのである。

http://www.hachiojimatsuri.jp/pamphlet/float_rv.pdf
2011-08-10 13-33-35


2011-08-10 13-40-04_



つまり、二人が死んだと推定される日に山車の巡行が行われ、付近は騒然としていたということだ。このことはナンペイ事件との絡みをも考えれば極めて重要な符号である。銃声の目撃証言が見受けられないのも、山車の巡行の騒々しさが銃声をかき消したのだろう。8事件が無理心中を偽装したものだとするならば、山車の巡行に併せて計画的に殺害されたのではないか。そして八王子スーパーナンペイ事件では現場に鳴り響いたはずの五発の銃声が祭りの騒がしさで掻き消され、犯人特定を困難にさせた。今現在、捜査特別報奨金は300万円、さらに有志の300万円、計600万円が懸賞金としてかけられている。

さらにいえば、スーパーナンペイ事件の捜査本部が置かれたのは八王子署である。8事件の捜査ももちろん八王子署である。八王子署はスーパーナンペイ事件ですっかり評判を落としてしまっている。無理心中を偽装した可能性を議論せず、被疑者死亡の殺人事件として、拳銃の入手先のみ捜査すると暗に仄めかした八王子署は事件化したくない腹の中は察するに足りる。

スーパーナンペイ事件では一人の頭部に二発銃弾が打ち込まれ、背中合わせに拘束されていた高校生アルバイトの二人は一発で脳漿が撃ちぬかれ即死。一発目は拳銃の精度が悪く目標をそれたものと推測される。以後の4発は拳銃を頭に押し付けるように撃たれた形跡があるからだ。当初金庫の中には500万円入っていたと報じられているが、他にも300万円入っていたことが明かされている。そして麻薬密輸で中国で死刑判決を受けた死刑囚が犯人を知っていると仄めかしている。組織的な、プロの犯行であろう。二発打ち込まれた従業員の腹部にはナイフで拷問されたこともわかっている。どうも、軍人さんの匂いがプンプンしないだろうか。8事件の息子とみられる39歳が拳銃自殺ではなく脳漿を目掛けた射殺であったとするならば、それこそ脳漿を撃ちぬくように一発で即死させたのだろう。

スーパーナンペイ事件では横田幕府との絡みが噂されたが、8事件の事件現場も横田基地~スーパーナンペイ間と同程度の距離になる。両者とも国道16号線であることも興味深い。国道16号線は八王子で一旦二手に分かれる。山側が東京環状で海側が八王子バイパスである。そして、スーパーナンペイは八王子バイパス沿いにあり、8事件の現場は東京環状沿いに位置する。





スーパーナンペイ事件と8事件の少なくない符号は一体何を示しているのか?













関連記事
スポンサーサイト

Category:8月8日、8王子で発覚した8事件

comment(0trackback(0

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。