Home  > スポンサー広告 > 『TSUNAMI-ツナミ-』と電力株の空売りに見るクライシスの予感 > 震源深さ10キロメートルの地震とTPPと311東日本大震災 > 『TSUNAMI-ツナミ-』と電力株の空売りに見るクライシスの予感

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告

comment×  trackback×

『TSUNAMI-ツナミ-』と電力株の空売りに見るクライシスの予感

2011/03/28(Mon) 20:10



地震、津波、原発事故という大災害が三つ束になって日本に襲いかかってかた311東日本大震災。3月11日当日の午後2時46分に三陸沖で発生した本震は震源深さ10キロメートルであった(《サンデー毎日緊急増刊》を読んだが、午後2時46分の本震は震源深さ24キロメートルと書き換えられていた》)。M5以上の余震が3月15日までに200回続いたといい、余震は翌日以降は日本全域に広がりを見せたが、津波を巨大化させたのは本震を起こした震源域の内側で発生した余震であった。本震の震源域の内側にある余震がタイミングよく発生し、相乗的に津波を巨大化した。巨大津波は東北地方沿岸部に計四度、襲来し、特に岩手県と宮城県、福島県の沿岸部に壊滅的なダメージを与えた。


■ 6ヶ月前日本で公開された『TSUNAMI-ツナミ-』が込めた意味とは?

4854images.jpg 1411images.jpg


戦後最大の被害をもたらした東日本大震災。その半年前、『TSUNAMI-ツナミ-』は日本で公開された。韓国で2009年7月に公開し、1150万人を動員し韓国歴第四位の興行記録を樹立した。『高さ100m、時速800km アジア最大のメガ津波がすべてをのみこむ』と銘打たれているように、デイ・アフター・トゥモローばりの天変地異を描いたパニック映画である。

imagesCAHRQVIE.jpg

『TSUNAMI-ツナミ-』


http://www.spodom.jp/pc/tsunami.php
---------------------------------[抜粋]

韓国で2009年7月に公開し、韓国映画歴代4位の興行記録を樹立、1,150万人を動員する大ヒット作となった『TSUNAMI-ツナミー』。

「これまでにない、アジアならではの情緒を描いた、私たちなりのパニック映画を作りたかった」と語るユン・ジェギュン監督は、脚本の開発に2年、製作に5年の歳月をかけて本作を作り上げた。難易度の高い大規模な水のCG制作には、『スター・ウォーズ』シリーズや『デイ・アフター・トゥモロー』など、ハリウッドの超大作映画を手掛けたCGプロデューサーの巨匠ハンス・ウーリックを迎え、平凡な人々の平和な日々を一瞬にして奪い去る津波の巨大な威容を生々しく描き出している。

「アジアの大感動ドラマ×ハリウッドの最新CG映像」がパニック映画の概念を変える!


高さ100m、時速800km アジア最大のメガ津波がすべてをのみこむ

2004年、歴史上類を見ない最多の死傷者を出し、全世界に大きな衝撃を与えたインドネシアの津波。当時、遠洋漁船に乗ってインド洋に出ていたマンシク(ソル・ギョング)は、予期せぬ津波に巻き込まれ、ほんの一瞬の判断ミスで、幼なじみのヨニ(ハ・ジウォン)の父を死なせてしまう。この事故のせいで、彼はヨニへの思いを伝えることができずにいた。しかし、ヨニの 自分への思いを知り、ヨニのために素敵なプロポーズを準備する。

マンシクの弟でヘウンデの海洋救助隊員であるヒョンシク(イ・ミンギ)は、海の見回りをしていた際、誤って海に転落して溺れていたヒミ(カン・イェウォン)を見つけ、紆余曲折の末に彼女を助ける。自分を助けてくれた純粋な青年にひと目ぼれしたヒミは、大胆な愛情表現で猛烈にアプローチする。

国際海洋研究所の地質学者キム・フィ(パク・ジュンフン)は、ヘウンデ一帯の地殻の動きが尋常でないことを察知し、現地を訪れる。そこで7年前に離婚した妻のユジン(オム・ジョンファ)と娘のジミンに再会する。広告代理店で働くユジンは、大きな国際会議の仕事でヘウンデを訪れていた。キムは、ジミンが自分の存在を知らないという事実に複雑な心境になる。

そんな間にも海の状況は刻一刻と変わっていく。キムの予想通り、日本の対馬が沈下したのに伴い、メガ津波が発生する。海水浴に訪れた100万人の行楽客たち、平和な日常を送っているプサン市民に時速800kmの猛スピードで超大型津波が迫ってくる・・・。
最も幸せな瞬間に押し寄せた大きな試練、 残された時間はわずか10分!津波でさえのみこめない彼らの物語が始まる!

---------------------------------[抜粋]



韓国で大ヒットを記録したパニック映画『TSUNAMI-ツナミ-』のプロモーションは「アジアの大感動ドラマ×ハリウッドの最新CG映像」と銘打たれ、あまり韓国制作であることをアナウンスされず、半年前の2010年9月に日本で公開された。なぜ、一年二ヶ月温存したのかはさておき、日本語吹き替え版の主題歌をAKB48が担当しているし、当然電通主導のプロモーションだったと思うのだが、韓国で歴代四位の興行成績にも関わらず、日本公開の初週興行成績は10位で大コケだったという。監督に『マイ・ボス・ヒーロー』のユン・ジェギュン、出演陣もネームバリューを揃え、構想二年制作五年をかけて製作されたデイ・アフター・トゥモローばりのパニック映画であったが、韓国公開当時は全く日本でプロモーションされなかった大コケした原因はやはり一年以上の温存期間にあるように思うのだが、このちぐはぐさが気に食わない。つまり、韓国での公開にあわせて日本でも同時公開していれば、それなりの動員が見込めたろうし、大ヒット必至の最新CG映画を一年以上も温存した理由が解せないのである。


2009年7月 『TSUNAMI-ツナミ-』韓国で公開。韓国歴代四位の興行成績を記録し、1150万人を動員した。

2010年9月14日 民主党代表選。消極的に、菅直人が選出された。

2010年9月25日 パニック映画、『TSUNAMI-ツナミ-』日本公開。初週10位で大ゴケ。

2011年3月11日 東北三陸沖を震源とした巨大地震が発生、東北沿岸部を巨大津波が直撃、福島第一原発事故も重なって、戦後最大の大災害に発展した。



半年前の2010年9月、日本では現政権の代表が選ばれたばかりであった。哀しいかな、菅直人が代表に選出された。その直後に、津波ですべてのものが飲み込まれてしまうというパニック映画『TSUNAMI-ツナミ-』が日本で公開された。なぜこのタイミングにクライシスを予感させるパニック映画が公開されたのか、甚だ疑問である。映画の内容といい、タイミングと言い、現実に日本に巨大津波が襲ってきた今考えると、妙な違和感を覚えてしまう。なんというか、このやんわりとした恫喝感?みたいなものを感じ取ってもらえるだろうか。

ところで、AKB48の高橋みなみが『TSUNAMI-ツナミ-』のプロモーションに際し、津波が来る前にしたいことについてインタビューされた際、「カツ丼食べます」と答えているのだが、今回の被災を目の前にして、恐らく、自分の脳味噌を呪っているだろう。

AKB48の高橋みなみ、津波が来る前にしたいこと「カツ丼食べます」
http://news.walkerplus.com/2010/0916/7/



■ 6ヶ月前の民主党代表選直後、電力株で相当な空売りが仕掛けられていた?

半年前といえば、民主党代表選と『TSUNAMI-ツナミ-』以外にも興味深い事象が起きている。電力株に的を絞った空売りが仕掛けられているというのである。それらは昨年の代表選前後から、空売りが仕掛けられ商いが急増し、それら全てが311大震災後の底値で買い戻されているというのである。

インサイダー目的の原発テロ想起させる電力株チャート
http://yokotakanko.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-3f75.html
---------------------------------[抜粋]

photo_3.jpg

空売り利益目的の原発テロ想起させる電力株チャート

今回の東京電力の原発事故で、電力株の時価総額は最大6兆円も変動しました。最終的な時価総額は、菅第二次内閣発足時と比べて、12兆円が8兆円という4兆円減という数字でおさまっていますが、過去一年の電力株のチャートを見て恐ろしい仕込みが存在した可能性に気がつきました。

なんと第二次菅内閣成立のタイミングで、電力株すべてに信用売りの建て玉がされ、今回の地震発生の株価大暴落のタイミングで買戻しがされています。

民主党の不正疑惑のある党首選挙で、第二次菅内閣が成立したことで、他の分野の株式が一様に売られたかといえば、一般的な先行き不安といえますが、どうもそうではないです。なぜか電力株だけが、第二次菅内閣成立とともにかなりの空売りを仕込まれているわけです。

仮に第二次菅内閣時点で空売りの建て玉を断続的に仕込み、震災後の事故発生で暴落しつづけるタイミングで徐々に買戻しできたとしたら、東京電力で考えると2300円でうって800円で買戻しができたということになります。他の電力株は、即日反発しましたので、わかりやすいですが、売りと同時に大量の買いが入っていて、事故発生の投げ売りと同時の絶妙なタイミングで買い戻しをいれ、差益をキープした様子がよくわかります。

いくら稼げたかは、詳細な建て玉を積算すれば計算できると思いますが、電力会社全体でも6兆円の値動きがありますからその2割でも1兆円稼げるわけで、連中にしたら笑いが止まらないでしょう。

こんなことに便乗して荒稼ぎしてほくそえむような連中は、渡来系のなりすましが多いですが、ネット上で帰化系のにおいがする連中が息を吹き返してきたのが不気味です。

民主党の党首選で第二次菅内閣が成立するとともに、原発テロなどの事件により株価が暴落して大もうけできる仕込がされたんじゃないかという疑念がますます深まりました。

---------------------------------[抜粋]


大掛かりな仕手戦の仕込みが行なわれたことはチャートに全部表れている。おそらく、証券取引等監視委員会も踏み込めない化け物たちがバックにいるのだろう。数兆円を荒稼ぎした悪いヤツラがいることは間違いないようだ。


■ 制度信用取引における空売りの買い戻し期限は、6ヶ月である。

ここで一つ、指摘しておかなければならないことがある。(制度)信用取引の期限は半年、6ヶ月なのである。チャートみてもわかるように、電力株は半年前に比べ3分の1ほど値が付いていない。菅政権誕生にあわせて電力株を空売りし、311大震災後に買い戻せば、莫大な利益が得られることになる。つまり、電力株の空売りをしかけた大資本は信用期限6ヶ月を見据えていたとはいえないだろうか。それとも、たまたま311大震災が起きて、たまたま半年前に空売りしてたけど、たまたま莫大な利益を得たけど、そんなのは人生ギャンブルさ♪ 狙い通りだっただけさ♪ なんて説明するのか本人たちに聞いてみたいものである。

http://www.kabusikiyogo.com/18/17/post_170.html
---------------------------------[抜粋]

信用取引期間は、その信用取引が6ヶ月たったら その信用で買った株や買った株は、強制的に売らされ 売った株は、強制的に買い戻され、決済しなければならない。証券会社は、信用取引の相手方である投資家の了解を得ることなく かってに決済をすることができる。

---------------------------------[抜粋]


株をやっている人ならわかると思うが、信用取引というのは短期決戦で、例外はあると思うが、期限目一杯手元に置くことはない。空売りを買い戻さず6ヶ月間も温存するなど、本当に考えられるだろうか?ということだ。つまり、菅政権が誕生した後、6ヶ月後に何かが起こることを知っていたワルーイ奴らがいたとは言えないだろうか。それは兆に届く大資本の化け物たち。戦後日本に救う悪魔ではないだろうか。あくまで推測ではあるが、無いもないというほうが可笑しいと思わないか?

半年前、日本では民主党代表選があり、菅直人が代表の椅子を勝ちとった。国民なき増税、TPP推進、その裏側にあるリビアへの軍事侵略とドル防衛、人類のキャパシティーを超えた地球と人口削減アジェンダ。空売りの挙動を見せた6ヶ月後に311大災害が東日本を無情に襲う。全てを飲み込む魔物が引いた後、地獄の王様が冷ややかに笑っていた。地獄の王、プルートーの名を継承するプルトニウムが検出されたということは、チェルノブイリ級の原発事故はもはや免れない様相を見せてきた。

半年前に仕掛けられた空売りについて、一つ指摘しておきたいのは、これは311東日本大震災を見越した仕掛けではなく、原発事故を見込んだ仕掛けではないか?ということだ。今回の原発事故は津波の波高が巨大すぎて、炉心停止後に電力源の供給に必要なディーゼル発電機の一部が津波で流されてしまうという多重災害であるが、人工地震だったとしても波高まで計算し、地震後の補助動力装置を波で攫うことまで計算することができるだろうか。だから、当方は、今回の311大震災と福島第一原発事故が同根だとは思えないのである。同根だったとしても、別働隊は日本の電力系統を破断せんと狙っていたのではなかったか。

当方は、原発事故は311大震災の副次的なものとは見ていない。あくまで推測だが、今回の津波が福島第一原発に届かなかったとしても、福島第一原発の事故は発生していたと思う。


■ 福島第一原発の保険は6ヶ月前、すでに失効していた??

ちなみに、福島第一原発事故を発生させた各原子炉に保険はかけられていない。昨年八月に失効したまま再契約していなかった(老朽化でできなかった?)という。

福島原発は2010年8月から保険がかけられていなかった
http://www.francemedianews.com/article-2010-70018735.html
---------------------------------[抜粋]

*ル・ポワン誌 ネットニュース(AFP共同) 3月21日19時58分(日本時間20日3時58分)

福島原発とその6基の原子炉は、様々な原因でプラント自体が傷んでいた為、2010年8月以来、保険がかけられていなかったとの情報がAFPに寄せられた。このプラントの所有者であり事業主の東京電力は保険料が高過ぎると判断し、保険証書の更新をしていなかった。

原子炉の事業者は、原発事故が施設に及ぼすかもしれない損失の為に保険をかけることを義務づけられてはいない。一方、法律は、事故が第三者を巻き込む損害に対し、保険を義務づけている。福島の場合、すべての施設に関して、日本の法律で上限が1200億円、約10億ユーロと定められている。しかし、保険会社は地震や津波などのような重大な自然災害を保障対象から除外することが多い。

その上、原発事業者の責任についてのパリ協定は、「例外的な面を持つ大自然災害」の場合においては事業者に補償金の支払いを免除するとしている。日本の法律は大筋においてパリ協定にならう。

実際に、このような場合は国が補償金を払うことが多い。福島の6基のうちの4基の原子炉は3月11日の地震と津波によって冷却装置が損傷し、放射能放出の危険をかかえている。

---------------------------------[抜粋]


菅政権誕生の直前に、福島第一原発の6基の原子炉は保険が切れ、所有者の東京電力は保険料が高過ぎると更新しなかったという。東京電力は地震や津波などの重大な自然災害を保証対象から除外されていることを知っていたはずだ。だからあえて更新しなかったのではないか。そう考えるのは邪推だろうか。

311東日本大震災の6ヶ月前に民主党総裁選があり、消極的に菅直人が選ばれた。声援の大きさは歓声にせよブーイングにせよ、圧倒的に小沢一郎氏に軍配はあがっていた。誰からみても、小沢一郎氏は圧倒的だった。原発クライシスに限っていえば、菅政権樹立によってそのトリガーは引かれたのである。日本は誤った判断をしてしまった。菅直人の本性を見抜けず、総理大臣の椅子に座らせてしまったのは間違いだったと反省し学ばなければいけない。

震源深さ10㎞の地震、政局の見事なスピン劇、311大震災半年前の電力株の動き、信用取引の期限、パニック映画『TSUNAMI-ツナミ-』による警告、TPP推進論の浮上、小沢一郎という覚悟をもった決断ができる政治家の失脚、普天間、尖閣、北方四島領土問題、戦争を放棄した国の核武装論、取ってつけたようなメア発言問題―。今年六月までは、今後もいろんな方向から物事を注意してみていかなければいけない。

関連記事
スポンサーサイト

Tag:陰謀論 闇政府 TPP 人工地震 プロジェクト・カニキン 

Category:震源深さ10キロメートルの地震とTPPと311東日本大震災

comment(2trackback(1

Re: なぜ停電?

2011/04/12(Tue)22:53

> こんばんわ、お邪魔いたします。
> 空売りのタイミングが合ってますね。うーん。不気味ですね。
> 核爆発が起こってたなら数十万度では済まないようですね。それに周辺100km近くの電子機器が電離放射線でいかれるやつが出てくるのでそれで判断できるんじゃないでしょうか。昔ミグがその電磁波対策で半導体でなくあえて真空管を使ってたのは有名な話です。
>
> 私はあの計画停電を胡散臭く思ってます。福島元知事の佐藤栄佐久氏は電力は十分足りていて余っていたと言ってますね。原発はただ役人と業者の金儲けにすぎないわけで、役人にとってそれが国民にばれると不味いってことでいかにも原発が必要なものであったかのような印象を植え付ける為に本来不要な計画停電をワザとやってるのではないかと。
> 佐藤知事は原発推進派の国の役人と対立していわゆる国策捜査(冤罪をでっちあげて失脚させる)をやられてますし、2003年に東電の原発全てが3ヶ月停止してますよね。この時、停電なんてしてましたっけ??


果て奈さん、いつもコメントありがとうです。
アメリカはメガトン級核弾頭の地震兵器利用を見出してから、
日本に原発推進させました。正力や中曽根は何も知らされず、原発推進していきました。
しかも、活断層の上に・・・ある意味戦略かも知れませんが、やることが狡猾ですね。
とにかく、六月までは予断を許さない状況であることには変わりありません。

名前:ハタ次男 (URL) 編集

なぜ停電?

2011/03/29(Tue)00:08

こんばんわ、お邪魔いたします。
空売りのタイミングが合ってますね。うーん。不気味ですね。
核爆発が起こってたなら数十万度では済まないようですね。それに周辺100km近くの電子機器が電離放射線でいかれるやつが出てくるのでそれで判断できるんじゃないでしょうか。昔ミグがその電磁波対策で半導体でなくあえて真空管を使ってたのは有名な話です。

私はあの計画停電を胡散臭く思ってます。福島元知事の佐藤栄佐久氏は電力は十分足りていて余っていたと言ってますね。原発はただ役人と業者の金儲けにすぎないわけで、役人にとってそれが国民にばれると不味いってことでいかにも原発が必要なものであったかのような印象を植え付ける為に本来不要な計画停電をワザとやってるのではないかと。
佐藤知事は原発推進派の国の役人と対立していわゆる国策捜査(冤罪をでっちあげて失脚させる)をやられてますし、2003年に東電の原発全てが3ヶ月停止してますよね。この時、停電なんてしてましたっけ??

名前:果て奈 (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL

空想的な話 空売りと地震兵器

2011/03/29(Tue)17:36

私は経済に疎いことを何か人間的な高尚さの証しのように長い間思っていて、その報いを今になって受けている人間である。東電関連で今話題の勝間某女史の爪の垢でも煎じて飲みたいと思っている。独身であれば自分が損するだけで済む話である。しかし、家族がいるとなると、本

アームチェア人智学日記



▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。