Home  > スポンサー広告 > 市橋達也の冤罪検証・市橋達也の逃走劇は県警の公式発表後に挿話された1 > 市橋達也の冤罪検証 > 市橋達也の冤罪検証・市橋達也の逃走劇は県警の公式発表後に挿話された1

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告

comment×  trackback×

市橋達也の冤罪検証・市橋達也の逃走劇は県警の公式発表後に挿話された1

2010/10/22(Fri) 11:46

市橋達也の逃走劇は県警の公式発表後に挿話された1


2007年3月26日、午後10時頃、千葉県市川市福栄2の新日本サンライズ行徳406号室を訪れた千葉県警船橋署の捜査員が、ベランダに置かれた浴槽に、園芸用砂で隠すように埋められていた全裸の女性の変死体を発見する。NOVA英国人講師リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件―正式名称・市川市福栄における英国人女性殺人・死体遺棄事件の幕開けである。

事件発覚の翌日未明、3月27日2時5分に配信された時事通信の記事と、同日3時22分に配信された読売新聞の記事では、『捜査員の制止を振り切り逃げ出した』ことに象徴される”市橋達也の逃走劇”について、全く触れられていない訪問先の(被害者の)知人の20代男性は不在であり、男性(市橋)の行方はわかっていない、男性が何らかの事情を知っているとみて捜しているとしている。



ベランダ風呂おけに女性遺体=英国人講師か、知人男性宅-千葉 [時事通信]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070327-00000015-jij-soci(リンク切れ)
http://www.asyura2.com/07/nihon22/msg/777.html
3月27日2時5分配信 時事通信

 26日午後10時ごろ、千葉県市川市福栄にあるマンションの4階ベランダに、砂が入った風呂おけが置かれ、若い女性の手が出ているのを、警察官が見つけた。県警行徳署は殺人事件の可能性もあるとみて、身元の確認を急ぐとともに、現場の状況を詳しく調べる方針。
 調べによると、警察官は船橋市内の英会話教室から、講師の英国籍の女性(22)が25日から無断欠勤していると捜索願が出されたため、知人の20代男性の自宅マンションを訪問。男性は不在だったが、隣室のベランダ越しにのぞいたところ、風呂おけを見つけたという。 
(転載ここまで)


マンションに英国女性の遺体、浴槽の砂に埋もれ…千葉 [読売新聞]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070326-00000319-yom-soci(リンク切れ)
http://www.asyura2.com/07/nihon22/msg/777.html
3月27日3時22分配信 読売新聞

 26日午後10時ごろ、千葉県市川市福栄のマンション「新日本サンライズ行徳」4階一室のベランダに置かれた浴槽の中で、若い女性が死亡しているのを、千葉県警船橋署員が発見した。
 女性は同県船橋市内に住むイギリス国籍の語学講師の女性(22)とみられる。この一室は女性の交際相手とみられる日本人男性の部屋で、県警は死体遺棄事件として捜査を始めた。
 調べによると、浴槽には砂が入れられ、女性の遺体は砂に埋もれた状態だった。男性の行方はわかっていない。女性が勤務していた大手英会話学校の職員が25日、「女性の行方が分からない」と船橋署に届け出ていた。
 千葉県警は遺体の身元確認を進めるとともに、男性が何らかの事情を知っているとみて捜している
(転載ここまで)


事件発覚翌日未明に配信された第一報では、『事件発覚当時、事件現場となった406号室の居住者である市橋達也は不在であり、行方がわかっていなかった。捜査本部は市橋が何らかの事情を知っているとみて捜している』と、捜査員が訪れたとき、市橋達也は不在だったと報じている。

事件の翌日27日、千葉県警は記者会見を開き、事件を公式に発表した。重要なのは、この公式発表後に配信された記事から”市橋達也の逃走劇”は登場するということだ


2010-10-22 15-53-31

2010-10-22 15-53-38
千葉県警捜査一課長・杉田義弘氏「遺体はですね、被疑者宅のベランダに浴槽が置かれてまして、その浴槽の中に遺棄されていました。さらに、遺体を隠すように土砂が盛られていました。」


公式発表前、事件発覚翌日未明に配信された記事で市橋達也は不在であり、行方を追っていると、市橋達也の逃走劇が入り込む隙間が無いほど詳細まで記述されていたことを、千葉県警捜査本部が把握していたか否かは知る由もないが、27日昼に配信された記事から、”市橋達也は捜査員の制止を振り切り逃げ出した”ことになっている。



住人の男、警官見て逃げる=部屋に英国女性の所持品-千葉ベランダ遺体 [時事通信]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070327-00000067-jij-soci(リンク切れ)
http://www.asyura2.com/07/nihon22/msg/783.html
3月27日12時31分配信 時事通信

 千葉県市川市のマンション4階ベランダで若い女性の遺体が見つかった事件で、この部屋に住む20代の男は、行方不明の英国籍の女性英会話講師(22)を捜しに来た警官の制止を振り切るように逃げていたことが27日、分かった。県警捜査1課と行徳署は殺人事件の可能性があるとみており、遺体は英国人女性とみて身元の確認を急ぐとともに、男の行方を追っている。
 調べによると、英国人女性は東京都内の大手英会話教室に勤務。25日から無断欠勤していると同僚から捜索願が出されたのを受け、船橋署員が26日夜、女性の知人である男が住むマンションに聞き込みのため訪問した。男はその直後に逃げ、警察官がベランダに置かれた浴槽内の遺体を見つけたという。
 遺体は浴槽内に座ったような姿勢で、砂を掛けて埋められていた。部屋からは英国人女性の身分証のような物が見つかった。 
(転載ここまで)


<浴槽遺体>不明の英国人女性か…知人男性が逃走 千葉 [毎日新聞]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070327-00000045-mai-soci(リンク切れ)
http://www.asyura2.com/07/nihon22/msg/784.html
3月27日12時18分配信 毎日新聞

 26日午後10時ごろ、千葉県市川市福栄2のマンション「新日本サンライズ行徳」4階の男性(28)方で、ベランダに置かれた砂が敷き詰められた浴槽内に女性の死体があるのを県警捜査員が発見した。男性と交友関係がある同県船橋市在住の英国人女性(22)が行方不明となっており、県警は遺体の身元確認を進めるとともに殺人・死体遺棄事件の可能性があるとみて27日午後にも捜査本部を設置する。
 調べでは、浴槽は幅121センチ深さ69センチでプラスチック製。女性はひざを折り曲げていたといい、浴槽はマンション内の風呂場から取り外して運んだとみられる。砂は市販の園芸用で、浴槽一杯に入っていた。室内に女性の所持品とみられるバッグや身分証明書があった。
 男性方を訪れた捜査員が室内に入ろうとした際、いきなり玄関ドアが開き、男性が飛び出し捜査員の制止を無視して、走って逃げたという。県警は男性が事情を知っているとみて行方を追っている。
 女性は東京都内の英会話学校に勤務し、26日午後3時半ごろ学校職員から「25、26日に出勤してこない」と県警に相談があり捜索していた。女性は船橋市内のマンションに住んでおり、同居している女性が「25日午前9時ごろ室内から出ていく音を聞いている」と話しているという。室内には男性の名前や連絡先が記されたメモが残されていたという。【神澤龍二】
(転載ここまで)


事件発覚翌日未明には『知人の20代男性は不在であり、何らかの事情を知っていると見て捜している』と報じていたにも関わらず、千葉県警の公式発表以降、”市橋達也の逃走劇”に置き換えられることになる。『行方不明の英国籍の女性英会話講師(22)を捜しに市橋達也の居室を訪れた捜査員が室内に入ろうとした際、いきなり玄関ドアが開き、男性が飛び出し捜査員の制止を無視して、走って逃げた』ことになってしまっているのである。これをどう見るかが、この事件を考察するポイントになるので留意してもらいたい。


かくして、27日朝、事件発覚現場である406号室の居住者、市橋達也に死体遺棄容疑で逮捕状が請求され、同日中に発付された。変死体の身元がNOVA英会話講師、リンゼイ・アン・ホーカーさん(当時22歳)だと判明し、千葉県警捜査本部が行徳署に設置され、市橋は全国指名手配されることになる。



浴槽の女性遺体、英国国籍の講師と断定…知人に逮捕状 [読売新聞]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070327-00000214-yom-soci(リンク切れ)
http://www.asyura2.com/07/nihon22/msg/792.html
3月27日21時32分配信 読売新聞

 千葉県市川市のマンションで、ベランダに置かれた浴槽から女性の遺体が見つかった事件で、行徳署は27日、この女性は英会話学校の講師で英国国籍のリンゼイ・アン・ホーカーさん(22)(船橋市印内)と断定。
 遺体には全身に殴られたような跡があったことから、県警は行徳署に殺人・死体遺棄事件として捜査本部を設置し、死体遺棄容疑でこの部屋に住むホーカーさんの知人で職業不詳の市橋達也容疑者(28)の逮捕状をとり、全国に指名手配した
 調べによると、ホーカーさんの遺体は全裸で、浴室から取り外された浴槽(深さ55センチ)の中で全身が砂に覆われ前かがみに座った状態で見つかった。
(転載ここまで)


<浴槽女性遺体>手足に殴打跡、男を手配 千葉県警 [毎日新聞]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070327-00000132-mai-soci(リンク切れ)
http://www.asyura2.com/07/nihon22/msg/790.html
3月27日22時3分配信 毎日新聞

 千葉県市川市福栄2のマンション4階ベランダで、砂を敷き詰めた浴槽内で女性の変死体が見つかった事件で、遺体は衣服を着けておらず、顔や手足に殴られた跡があったことが、県警行徳署の調べで分かった。県警は27日、殺人・死体遺棄事件として同署に捜査本部を設置、この部屋に住む職業不詳、市橋達也容疑者(28)を死体遺棄容疑で全国に指名手配し、行方を追っている
 調べでは、殺害されたのは英国籍で同県船橋市印内、英会話学校講師、リンゼイ・アン・ホーカーさん(22)。市橋容疑者は25~26日、リンゼイさんの遺体を自宅ベランダに置いた浴槽に遺棄した疑いが持たれている。
 遺体は砂が敷き詰められた浴槽に、ひざを折り曲げるように埋まっており、右目付近が腫れていたほか、両腕や太ももにあざが複数見つかった。室内にはリンゼイさんのバッグや衣服、身分証明書なども散乱していた。
 リンゼイさんは昨年10月に就労目的で来日。来日後は東京都内の大手英会話学校で講師を務めていた。市橋容疑者とは以前から面識があり、互いのマンションを行き来していたという。リンゼイさんは25日午前から行方が分からなくなり、学校を欠勤したため職員が捜索願を出していた。
 市橋容疑者は26日午後10時ごろ、リンゼイさんを捜索に来た捜査員に玄関前で見つかり職務質問されたが、制止を振り切って素足で非常階段から逃走した。身長約180センチ、セーターを着ていたという。【倉田陶子、袴田貴行】
(転載ここまで)


事件発覚当時、現場となる部屋の居住者である市橋達也が不在であったか、はてまた捜査員の制止を振り切り逃げ出したかはさておき、事件発覚以降、市橋達也が行方不明であったことは共通するところである。そして、事件発覚翌日には早くも市橋達也がリンゼイ・アン・ホーカーさんを殺害し、ベランダの浴槽の中に遺体を園芸用砂で埋めて隠したという道筋が立てられたことが分かる。



英女性変死体 逃走男に逮捕状 遺棄容疑 体中に殴られた跡 [産経新聞]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070328-00000025-san-soci(リンク切れ)
http://www.asyura2.com/07/nihon22/msg/798.html
3月28日8時0分配信 産経新聞

 千葉県市川市のマンションのベランダで26日、英国人女性の変死体が見つかった事件で、死亡していたのは同県船橋市の英会話講師(22)であることが27日、県警捜査1課の調べで分かった。同課は殺人、死体遺棄事件と断定し、行徳署に捜査本部を設置。死体遺棄容疑でこの部屋に住む職業不詳、市橋達也容疑者(28)の逮捕状を取り、行方を追っている。
 身元が確認されたのは語学学校「NOVA」(ノヴァ、大阪市)の東京都内にある教室の講師で、英国籍のリンゼイ・アン・ホーカーさん。市橋容疑者が個人的にレッスンを受けていたとの情報もあり、同課で詳しく調べている。
 調べでは、市橋容疑者は今月下旬、ホーカーさんの遺体を浴槽に遺棄した疑い。遺体は全裸の状態でひざを折り曲げ、全身が園芸用の砂に埋まっていた。顔や体中に殴られたような跡があった。
 ホーカーさんは昨年、英国の大学を卒業し、同年10月に来日。同僚の外国人女性と船橋市で同居しながらNOVAに勤めていた。NOVAは「真面目に勤務し、日本になじもうとしていた。痛ましい事件になり非常に残念だ。国際関係に配慮しながら捜査に協力する」としている。
 マンション住人の女性は「(市橋容疑者は)以前はここで医師の両親と暮らしていたが、数年前からは1人暮らしだった。まじめそうな印象の人」。別の住人の男性は「26日午後9時半過ぎ、赤い服を着た男が(マンションの)1階廊下の手すりを飛び越えて逃げ、数人の警官が追っていくのを見た」と話した
 市橋容疑者は26日夜、ホーカーさんの同僚からの相談を受けてマンションを訪れた警察官に事情を聴かれた際、あわてて逃走し行方をくらましている。
(転載ここまで)


28日になると、”市橋達也の逃走劇”が近隣住民の証言をもってディテールが語られることになる。『別の住人の男性は「26日午後9時半過ぎ、赤い服を着た男が(マンションの)1階廊下の手すりを飛び越えて逃げ、数人の警官が追っていくのを見た」と話した。』を見ても、もはや、”市橋達也は不在であった”と報じた第一報が存在しなかったかのように、市橋達也の逃走劇は既成事実化されてしまったようにも見える。


この事件が市橋達也の単独犯行であり、それは揺るぎない事実であるならば、記事はありのままを伝えればいい。事件発覚当時の記事を掘り起こし検証した限り、この事件報道は”大きなブレが存在する。これこそ、この事件が恣意的に報じられ、事実が歪められている証左ではないか。



関連記事
スポンサーサイト

Tag:英国人女性殺害事件 冤罪 

Category:市橋達也の冤罪検証

comment(0trackback(0

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。