Home  > スポンサー広告 > 市橋達也の冤罪検証・掲示板に書き込まれた不可解なコメント~市橋達也の逮捕は予告されていた??~ > 市橋達也の冤罪検証 > 市橋達也の冤罪検証・掲示板に書き込まれた不可解なコメント~市橋達也の逮捕は予告されていた??~

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告

comment×  trackback×

市橋達也の冤罪検証・掲示板に書き込まれた不可解なコメント~市橋達也の逮捕は予告されていた??~

2010/10/01(Fri) 13:28

「市橋の事件はひどいですよ。ここだけの話ですけど、僕はね、もしかしたらですよ?仮説の仮説ですよ?市橋容疑者のことをなんと!千葉県警がもう確保してるんじゃないかって思ってしまうほど酷いんですよ(警察出身のジャーナリスト、黒木昭雄氏)」




市橋達也逮捕前の10日未明のレス(再再UP)
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-139.html

TBSディレクター逮捕に見え隠れする捜査本部の本音
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-145.html

市橋達也の「整形後の顔写真」は捏造だった1
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-130.html
市橋達也の「整形後の顔写真」は捏造だった2
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-133.html
市橋達也の「整形後の顔写真」は捏造だった3
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-135.html
ホクロの無い顔写真捏造以降の後追い記事は全て捏造である、とした場合
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-146.html

リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件 黒木昭雄氏の考察
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-147.html




指名手配被疑者「市橋達也」を追え!(肉声公開) :ビデオライブラリー ::ポリスチャンネル
http://www.police-ch.jp/video/16/002472.php


2010-05-14 18-09-04

投稿者・真鍋卓介 2009年11月10日 00:51

捕まって本当によかったです。
今まで何をしていたのか…本当によかったです。




2009年11月10日、市橋が逮捕される日の未明、NPO法人POLICEチャンネルhttp://www.police-ch.jp/の掲示板に、”不可解なコメント”が書き込まれた。”不可解なコメント”とする理由は、10日未明0時51分という書き込まれた時間にある。そう、このとき、市橋達也はまだ捕まっていないのである。大阪南港フェリーターミナルの待合室で、市橋達也の身柄が確保されたのは同日午後6時半頃であり、POLICEチャンネルの掲示板に「捕まって本当によかったです」と安堵する内容のコメントが書き込まれる18時間後のことである。

市橋逮捕の五日前、『ホクロのない顔写真』が公開されてから、市橋達也の目撃情報が相次いだ。中には、「井上康介」という偽名を使い、建設会社で住み込みの土木作業員として働いていたという具体的な情報もあった。もう逃げ切れるわけがない―。市橋達也はじきに逮捕されるに違いない―。みな希望的観測を持っていたにせよ、10日未明の時点で、市橋達也が逮捕されるなど思いもしなかったはずだ。投稿者・真鍋卓介による、この”不可解なコメント”は単なるフライングと見るべきか、はてまた、『市橋達也の逮捕予告メッセージ』と見るべきか。当方は後者とみている。なぜなら、この、投稿者・真鍋卓介はもうひとつの逮捕劇を予言しているからだ。




2010-10-01 13-08-59


投稿者: 真鍋卓介 : 2009年11月12日 06:37

市橋逮捕から現在までの報道関係者の取材の有様を観ていて、なんか情けなくて・・・
今日、公務執行妨害でテレビ関係者が逮捕された、と聞きましたが、そうだろうな、と思ったのは、少なからずいるんでは・・・。
観る限り、まさに傍若無人です。ルールもマナーもなし!!そこまでして、何を伝えたいのかと、???
知る権利とは、何なのでしょうか???




2010-05-16 22-06-46 TBSプロデューサーimages

これも”不可解なコメント"としか言いようがない。確かに、11月12日は「みのもんたの朝ズバッ!」担当のTBS情報制作局のディレクターが、市橋達也が千葉県警行徳署から送検される際、署の周辺で整理に当たっていた警察官の職務を妨害したとして公務執行妨害で逮捕されている。だが、それは、言うまでもなく、同日11時半ごろに起こった話なのである。「今日、公務執行妨害でテレビ関係者が逮捕された、と聞きましたが、」と白白しく切り出しているが、この時、まだ、テレビ関係者は逮捕されていない。投稿者・真鍋卓介により、POLICEチャンネルの掲示板にこの書き込みがなされたのは、テレビ関係者が公務執行妨害で逮捕される5時間前のことであり、言うのも馬鹿らしいが、TBSディレクターが逮捕されたのは、書き込みの5時間後の同日11時半ごろなのである。投稿者・真鍋卓介は何故、テレビ関係者が公務執行妨害で逮捕されると、5時間前に知り得ていたのだろうか―。やはり、『市橋達也の逮捕予告メッセージ』と同種の予告メッセージなのではなかろうか。

TBSディレクターの逮捕の5時間前に書き込まれた、投稿者・真鍋卓介による”不可解なコメント”―。その一行目には投稿者の実態が見え隠れしているような気がしてならない。
「市橋逮捕から現在までの報道関係者の取材の有様を観ていて、なんか情けなくて・・・」
という部分である。特に
「なんか情けなくて・・・」
という部分を注意深く読み解く必要がある。

「市橋逮捕から現在までの報道関係者の取材の有様」がどのようなものだったのか。まずは知る必要がある。そして、何故、投稿者・真鍋卓介は、その報道陣の有様について「情けなく」思ったのか。その辺りを探るべく、「市橋逮捕から現在までの報道関係者の取材の有様」をみてみたい。


市橋達也 逮捕移送で東京駅がパニック!悲鳴が...!
[広告] VPS


市橋容疑者到着でJR東京駅騒然
[広告] VPS


2009_11_10 東京駅にて護送中の市橋容疑者
[広告] VPS



投稿者・真鍋卓介がいうところの「市橋逮捕から現在までの報道関係者の取材の有様」とは、護送される市橋達也に行く手を阻むかのようにカメラを構えた報道陣が蝟集する様であろう。この有様をみて、投稿者・真鍋卓介は「情けなく」思ったわけだ。考えなければいけないのは、投稿者は誰に対して「情けなく」思ったのか、ということである。

大阪から新幹線で東京駅を経由し、千葉県行徳署に収監されるまでの報道陣の姿勢に対し「まさに傍若無人です。ルールもマナーもなし!!」と憤り、報道陣の規制線すら無視する行動に投稿者・真鍋卓介は「情けなく」思ったのだろうか。当方は、そうは見ない。なぜなら、報道陣の立場に立って物事を考えれば、護送中の市橋達也に殺到しカメラを向けるのは当然の行動だとも言えるからだ。そりゃそうだ。ブサイクに整形して、二年七ヶ月まんまと逃げおおせた市橋達也の顔を見たいと思うのは、日本国民の総意であり、報道陣側からみれば、日本国民の総意に答えたいと思うのは当然ではないか。もちろん、所属する報道機関の期待もあるだろう。

三つめの動画の1分11秒~は特に注目に値する。市橋達也と、彼を取り囲む数十人の警官が団子状になって東京駅のプラットホームからエスカレーターで下っていくのだが、その際、階段側から一人の報道関係者が手を伸ばし、市橋の顔にかぶされたジャンパーを引き剥がそうとしているのがわかる。
「観る限り、まさに傍若無人です。ルールもマナーもなし!!
そこまでして、何を伝えたいのかと、???」
と感情的になってしまうほど、投稿者にとっては忌忌しい光景に見えたのだろう。

なぜなら、市橋達也は整形などしていないからだ。市橋達也に群がる報道陣に嫌悪感を抱くのは、『ホクロのない顔写真』を捏造し、『市橋達也は逃亡するために何度も整形した』とでっち上げた警察関係者しかいない。


パーカ拡大2
ホクロがある。整形医が通報した根拠が破綻している。

市橋の顔写真を重ねる
ネット上の画像をレイヤーソフトで重ねて透かしたもの。なぜ、顔の下半分の輪郭がぴったり重なるのか。


市橋達也の整形報道が捏造である疑惑について、以前ブログエントリーした。
市橋達也の「整形後の顔写真」は捏造だった
名古屋の整形医はカルテに添付された一枚の顔写真~整形手術前に撮影されたとされる顔写真~を手に取って、男には珍しいホクロの除去手術跡を不審に思い、「市橋ではないか」と通報したと報じられている。ブログ上で明らかにしたように、市橋達也の左頬の縦に並んだ二つのホクロは除去されていない。つまり、名古屋の整形医が通報し、捜査本部に提供した顔写真が市橋達也であるとする根拠が瓦解しているのである。そう、名古屋の整形医が市橋だと思ったのは、別人である。狡猾なのが東京歯科大で鑑定され、男が市橋容疑者でも矛盾はないとされたことを理由に捜査本部は市橋だと断定していることだ。ブログで検証し、逮捕五日前に公開された『ホクロの無い顔写真』は市橋達也の手配写真の顎のラインを、名古屋の整形医が提供した別人の顔写真に合成したものだと結論づけた。鑑定結果が市橋容疑者でも矛盾はないとされたのも、捜査当局が恣意的に合成した顔写真を鑑定したからであって、ホクロが除去されていない事実の方が重要である。

『TBSディレクターの逮捕予告メッセージ』を注意深く読み解けば、投稿者の立ち位置が見えてくる。市橋達也の顔を見たいと思う多くの日本国民側に立っているわけでもなければ、報道陣側に立っているわけでもない。そう、投稿者・真鍋卓介は警察側に立っているのである。『市橋達也の逮捕予告メッセージ』もあわせて考慮すれば、投稿者が警察内部の人間だとすれば合点がいくのである。

つまり、投稿者・真鍋卓介は警察関係者であるがゆえ、市橋達也に蝟集する報道陣に「逮捕されて当たり前な行動」と一蹴し、「なぜ、逮捕しないのか。情けない」と感じたのではないだろうか。つまり、投稿者・真鍋卓介の「情けない」はルールもマナーもなく、傍若無人な振る舞いをする報道陣を何故逮捕しないのか、と、警察当局に向けられたものではなかったか。市橋達也が整形していないからこそ、規制線を超えても、彼の顔を撮影しようとする者に対し「ルールもマナーもなし!!」と憤ってみせ、同月12日、市橋達也が千葉地検に移送される日、『テレビ関係者を公務執行妨害で逮捕しますよ』という意味を込めて、12日早朝、POLICEチャンネルの掲示板に書き込んだのではないだろうか。


記者逮捕、市橋容疑者送検の行徳警察署が騒然
[広告] VPS


ここまでして、厳戒態勢を敷く必要があるのだろうか。そぼくな疑問である。護送車に向かってカメラを向けることなど日常茶飯事、日頃見慣れている光景におもえるのだが、規制線を乗り越え、移送車輌に向かっていった報道関係者を、柔道の技を使ってでも排除する必要があったのか。警察の職権濫用行為をごまかすために、TBSディレクターが公務執行妨害で逮捕されたとは考えられないだろうか。この時、報道関係者が骨折し、病院に搬送されているのだが、誰が怪我を負わせたのだろうか。



TBSディレクター現行犯逮捕 警察官の制止振り切り取材 : J-CASTニュース
http://www.j-cast.com/2009/11/12053818.html?ly=cm&p=1


TBSディレクター、市橋容疑者に突撃取材で逮捕:社会:スポーツ報知
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20091113-OHT1T00065.htm
2010-10-01 11-56-27

「ハンディカメラ取材で波紋 乱れる現場 「倫理違反」指摘も」:イザ!
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/business/media/331915/
2010-10-01 11-58-30


TBSディレクターは事前に移送車のドアにカーテンがかかっていることを知らされていながら、規制線を飛び越え、
何故、市橋に向かっていったのだろうか。彼がジャックルビーなら、市橋は確実に殺されていたはずだ。




***


実は、もう一つ、市橋達也の逮捕予告メッセージは存在する。


2010-09-21 10-53-09

112 :渡る世間は名無しばかり:2009/11/05(木) 21:54:46.45 ID:SzN4RAou

20091110捕まるよ




「市橋容疑者の顔、全然ちがってるやん!」http://www.unkar.org/read/live23.2ch.net/livetbs/1257417262
という2ちゃんねるのスレッドである。(リンク先は過去ログ)市橋達也の逮捕五日前、『ホクロのない顔写真』が公開された日にたてられたスレッドであるが、112番目に書き込まれたレスについて、誰も関心を寄せずスルーしていることに注目したい。繰り返しになるが、誰もが市橋達也はじき逮捕されると希望的観測をもっていたが、このとき、本当に逮捕されるとは思っていなかった。だから、スルーするのである。そして、22時31分に128番が書き込まれたのち、この「市橋容疑者の顔、全然ちがってるやん!」というスレッドは、112番が書き込まれてから一時間もしないうちに閉じられ一覧から消えることになる。少し調子に乗った投稿者が慌てて削除させたのではないだろうか。警察関係者ならぱ、可能であろう。

市橋達也逮捕の五日前、たった一行、「20091110捕まるよ」と、出し抜けに書き込まれた『市橋達也の逮捕予告メッセージ』は、市橋達也の身柄確保18時間前に『市橋達也の逮捕予告メッセージ』を書き込んだ投稿者・真鍋卓介と通底するものがある。それは誰も否定出来ないであろう。

しかし、真鍋卓介とは一体何者か―。


真鍋卓介




市橋達也の逮捕当日、捜査本部は、何故、大阪に60人もの捜査員を派遣したのだろうか?

11月10日に大阪で市橋達也が出現する確証を得ていたのではないだろうか?

この日、あの場所に市橋達也が捨てられるのは前もって決められていたことなのではないか?

二年七ヶ月の間、警察に通じる組織が市橋達也を拉致監禁し、衆目に触れない場所で確保していた可能性というのは、本当にないのだろうか―。
関連記事
スポンサーサイト

Tag:英国人女性殺害事件 冤罪 

Category:市橋達也の冤罪検証

comment(1trackback(0

承認待ちコメント

2015/12/24(Thu)01:41

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: () 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。