Home  > スポンサー広告 > NOVA英国人講師殺害事件・追記2/ベランダに置かれたバスタブの検証 > 市橋達也の冤罪検証 > NOVA英国人講師殺害事件・追記2/ベランダに置かれたバスタブの検証

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告

comment×  trackback×

NOVA英国人講師殺害事件・追記2/ベランダに置かれたバスタブの検証

2010/06/05(Sat) 09:51

NOVA英国人講師リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件の公判は秋以降になるという。
まだまだ検証しきれていない部分もある。公判までに全部書ききれるよう頑張るつもりではある。
弁護団はあてに出来ない。裁判員に選ばれる人はこの記事を元に自分で検証してみてもらいたい。
事件の記事や画像は今はまだネットで拾う事ができる。


img_news.jpg
二枚の顔写真を重ね合わせると…

市橋の顔写真を重ねる
耳から下の輪郭が不可思議に合致する。目鼻口の位置は整形で動かせるのか?否。輪郭だけ合成した捏造写真である。

o0213030010312871206_20100404011209.jpg
なぜメールアドレスだけマスクされたのか。公判では明らかにしてほしい。




組織的犯罪が発覚しないのは、一つの犯罪が分担作業で行われるからだ。企画立案者、忠実に実行を支持する統括者、場所の提供者、誘い込む係、殺害実行者、逃亡経路を確保する見張り、証拠を隠匿し、死体に「しるし」を残す係。用意周到に犯行は実行される。事件発覚後は警察に情報提供する者、目撃者を恫喝する者、犯罪に関わった者を逃亡先で援助し保護する組織。そして罪を全てかぶり懲役に服する犯人役。市橋達也の役割は犯人役であったことを今は確信するに至っている。
犯人役の市橋達也はすぐに出頭することはなかった。
二年半以上組織の保護下にあった。

黒木昭雄氏がテレビで千葉県警がすでに匿っている可能性をテレビで発言した。
その真意を推察したとき、
「いずれ警察と組織が交渉し犯人が引渡されることになる」
と本意を推察した。国家権力の内部にいたものだからこそ、アンタッチャブルな領域を重々認識していたのではないか。


帝銀事件の平沢貞通。千葉女子大生放火殺人の竪山被告。千葉英国人女性殺害の市橋達也。
共通するのはグレーであること。
犯行に関与はしていないが組織的犯罪に関わっていたことである。

市橋達也は逮捕されたとき、容疑は死体遺棄であった。
罰金払えば罪を償える。痴漢のような軽罪で全国指名手配される。
いくら別件逮捕とはいえ、殺人罪と比べたら雲泥の差がある。
死体遺棄罪で重要手配犯と顔写真が全国に公開される。
捜査本部は殺人容疑での立証はできなかった。間接証拠しか発見出来なかったこと指摘しておく。




■ 園芸用砂の謎


犯罪を企画立案する段階で犯人役のパーソナリティをエッセンスとして取り入れる。リンゼイさん事件では市橋が千葉大園芸学部だったからこそバスタブをプランターに見立て土中分解で処理する方法が選択されたと考えている。

部屋の中から園芸用砂と発酵促進剤、園芸用紐を購入した証拠であるホームセンターのレシートが発見されている。マンションの駐輪場ではホームセンターのカートが発見されている。市橋は園芸を専攻していた。以上のことから
「市橋達也は土中分解が死体を腐らせ身元判明を困難にすることを知っていたに違いない。殺害後に浴室からバスタブをベランダに運び出し、園芸用砂に遺体を埋めたのだ」
捜査本部はこう道筋を立てたようだ。

考えて欲しい。
土中分解で腐らせようとしていたのなら、当然事件発覚を恐れてのことと考えられる。
なのに犯罪を証明するレシートを持ち帰ることなどあるのだろうか。
レシートなど受け取ってもクシャクシャに丸めて捨てるのが普通だろう。
『品目まで読み取れるレシートが部屋から発見される』
納得ができるわけがないだろう。

レシートから市橋の指紋は検出されていない。
駐輪場で発見されたカートからも市橋の指紋は検出されていない。
ホームセンターの監視カメラで市橋は確認されていない。
レシートにある品目を購入した時間は確定されていない。
徒歩十五分の距離にあるホームセンターに向かう市橋を目撃した人はいない。
六袋の園芸用砂をホームセンターのカートに積んで持ち帰る市橋の目撃情報は一切ない。
エレベーターで園芸用砂を運び込む市橋は監視カメラに記録されていない。

もし園芸用砂を購入したことを証明できれば
殺害を立証する重要な証拠になるだろう。
本人特定が証明されれば、これらは殺害を隠蔽するためとする根拠にも妥当性が付与される。
殺人で起訴すれば裁判所が証拠認定するだろう。
市橋の容疑が死体遺棄から殺人罪に切り替えることができる。
時効3年から25年に延長される。大義名分も獲得できる。
だが、レシート、園芸用砂の空袋、カートから市橋の指紋は検出されていない。
市橋が購入したことが一切証明されず、土中分解の知識だけが一人歩きしていく。
なぜ本人特定ができなかったのか。
誰かがそれらを仕組んだと考えなかったのだろうか。




■ ゴミ箱から見つかった被害者の毛髪


土中分解について補足しておくと、遺体を処理するには事前処理を行わなければならない。
遺体の剃毛処理である。髪の毛からまつげから産毛まで、体毛を残さず剃毛する必要がある。
毛髪は腐りにくく、たとえ遺体が骨だけになったとしても残留してしまう可能性があるからだ。

土中分解で腐らせようとしていたのなら、当然事件発覚を恐れてのことと考えられる。
死体を隠蔽したかった。骨になるまで腐らせ、身元不明にさせたかった。
逃亡も考えていたというが骨になるまで何年かかるのであろうか。

部屋のごみ袋から被害者の毛髪が発見されたと言う。
剃毛処理に触れた記事は、唯一「ゴミ箱から被害者の毛髪が発見された」記述がある。
市橋はゴミ箱から発見された毛髪についてこう自供している。
「口をふさいだ時髪の毛が絡まったので切ったら怒られた」
遺体を剃毛処理したとは言っていない。自供と証拠の矛盾を指摘しておく。

土中分解で死体を腐らせるために園芸用砂を埋めたとして
なぜベランダに運び込む必要があったのだろうか。
この中途半端さが
「ベランダのバスタブに死体を隠蔽したのは、迅速に死体を発見させるために仕組まれた演出ではないか」
市橋の供述の中で、この部分の動機が見事に欠落していることを指摘しておく。




■ ベランダに運び込んだのは通報させるためではないか


QS_20100401-183453.jpg

1517036.jpg

1517043.jpg

nova-bathtub.jpg

bab58584.jpg
色々突っ込みたいところがあるのだが、とりあえず今はやめておく。


ベランダに運び込まれたバスタブ。その前にマットレスが欄干に干されている。
マットレスは布団ばさみ4本で固定している。欄干の三分の一程度が目隠しされている。
表面上はバスタブを隠しているように見える。
だが三分の二が空いているのでバスタブは外からでも確認できてしまう。

土中分解で腐らせようとしていたのなら、当然事件発覚を恐れてのことと考えられる。
一生遺体を埋めておくつもりであったのだろう。
逃亡も画策し、その最中捜査員に踏み込まれた。
ベランダに運び込み、一部分だけを隠した。
この中途半端さは一体なんなのだろうか。

布団ばさみが4本あることは、生活していたならかけ布団や敷き布団も部屋にあるはずだ。
それらを欄干に干していたなら、完全に目隠しすることができたはずだ。
通行人も住民も、誰も見咎めなかったはずである。
土中分解で死体を骨になるまで隠蔽するつもりなら、ベランダに運びだす必要はない。
浴室で十分可能であったはずだ。
例えば死体と同じ空気を吸いたくなくてベランダに運び出したとしよう。
ただそれは逃亡を画策していなかったことになる。

なぜベランダにバスタブを運び出したのか。
遺体を迅速に発見させるためではないか。
土中分解と園芸用砂は演出であった。
そう考えれば不可思議な遺棄状況への疑念は氷解する。
ベランダの遺体を仮に捜査員が発見出来なかったとしよう。
あのバスタブ変じゃない?最近変な匂いがしない?あの部屋怪しくない?
いずれ誰かが見咎め、通報したに違いない。

土中分解で死体を腐らせ、身元不明の骨だけにする。
捜査本部が描いた筋道はおおよそ無理があった。
一人になすりつけようとするから必然と生じる齟齬である。



記者クラブ制度は害悪そのものである。
これは冤罪製造制度といっても言い過ぎではないほどの制度である。
司法記者クラブでの会見は問答はすでに決められていて
都合が悪い質問をぶつける記者に対し、即刻退場が求められ以後出入り禁止になる。
特オチを恐れた記者たちは捜査本部の発表をテキスト化するだけであった。
誰も質問しない記者会見。虚偽リークを記事にして、メディアは訂正することはない。
捜査本部に懐柔されているからであり、盲目だからである。
矛盾を指摘せず、記事を積み重ね上げる。
総論的に既成事実化し、猟奇的なパーソナリティは生み出される。

帝銀事件は今田勇子を生み出し、酒鬼薔薇聖斗へ進化した。
挑発と難解なヒントを現場に残し、やがて事件は解決する。
それはまるで人身御供。儀式のいけにえに誰かが選ばれる。
バトンは島根バラバラ殺人に渡された。捜査は行き詰まり迷宮をさまよっている。
GHQの犯罪を誰かに押し付けようと考え、冤罪は進化した。
直接証拠を捏造し警察検察弁護団と三つ巴で自供を勧める。
捺印を押したら最期。長い間娑婆の空気は吸えなくなる。

これはみんなが知るべきだ。
そして怒りを覚えるべきだ。

関連記事
スポンサーサイト

Tag:英国人女性殺害事件 冤罪 

Category:市橋達也の冤罪検証

comment(4trackback(0

承認待ちコメント

2013/05/09(Thu)22:29

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: () 編集

整形写真

2011/01/28(Fri)23:10

またお邪魔致します。前回あいさつも忘れていました。はじめまして。
首にも注目して比較してみました。
顎の下から画面左に向かって、整形前写真と後写真と全く同じ合成ラインのような境界線と首のシワがあるのが見えます。
そのパートをPainShopProで切り出して、境界線とシワの位置関係を比較してみるとぴったり重なりました。
繋ぎを暈すブラシを使っているのも一目瞭然です。
逮捕後のジャンパー姿の映像の唇の形は整形前の写真の唇と同じ形です、何も変わっていません。
この整形後写真は左の整形前写真を元に作られた捏造です。それにしても下手なコラです。

これは・・・過去にマスコミが検証した事はないのでしょうか?

名前:果て奈 (URL) 編集

果て奈さんへ

2011/01/25(Tue)20:47

コメントありがとうございます。当方も、あれは写真ではなく、ただの合成画像だと思っています。

名前:ハタ次男 (URL) 編集

整形写真

2011/01/14(Fri)16:42

お邪魔致します。写真を4倍拡大してコントラストを強調して明るさを抑えて見ましたらいろんなものが見えてきますね。警察はひげを取る為に修正したとしているようですが書き加えてあるのは鼻から下だけでなくあらゆるところなのがわかります。

元の写真には鼻の上に1本と下に2本の合成ラインのようなものが見えます。術後の写真も全く同じラインが入っているのが見えます。
耳も同じ角度と光源ですね。
というか全体的に角度も光源もカメラとの距離的パースも同じに見えます。
100歩譲って耳と頬と顎は髭を消す為の合成としましたら後は目の周辺ですが、黒目と白目の比率が変わっています。眼球が収まる瞼の膨らみも違います。眼球を変えるような整形手術があるのでしょうか。別人の女の目に見えます。
眉間とおでこの左右の影は明らかに手描きですね。
これでは写真とは言えませんね。

名前:果て奈 (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。