Home  > スポンサー広告 > ホクロの無い顔写真捏造以降の後追い記事は全て捏造である、とした場合 > リンゼイさん殺害事件・市橋容疑者の犯行ではないとした場合 > ホクロの無い顔写真捏造以降の後追い記事は全て捏造である、とした場合

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告

comment×  trackback×

ホクロの無い顔写真捏造以降の後追い記事は全て捏造である、とした場合

2010/05/17(Mon) 00:02

20091112_24562843_001.jpg

20091112_24562843_002.jpg
※マンガの中の描写にはイメージが含まれますw イメージ=作り話。




捜査本部顔写真捏造疑惑について、なぜ誰も声をあげないのだろうか。

恐らく特オチを恐れた事なかれ主義がラジカルな問題だろうが、ピヨってんじゃねえと言いたい。

頭の良い連中が真実をちゃんと分かりやすく丁寧に伝えなければ、何一つ国民には真実が届かない。頭が良いから記者をやってるんじゃねえの? 大卒のライターさんはよ。


***


2009年11月05日、市橋達也が大阪南港フェリーターミナルで身柄確保される五日前に公開された『名古屋で撮影されたホクロの無い顔写真』は捜査本部が恣意的に修正・加工し、でっち上げた合成写真である。


市橋達也の「整形後の顔写真」は捏造だった1
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-130.html
市橋達也の「整形後の顔写真」は捏造だった2
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-133.html
市橋達也の「整形後の顔写真」は捏造だった3
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-135.html




① 逮捕収監された市橋達也の左頬にある縦に並んだ二つのホクロは除去されていない。

② 手配当初の顔写真と整形前に撮影されたと言われる顔写真を重ねて見ると耳から顎のアウトラインがぴったり一致する。


この二点で十分説明できる話ではなかろうか。

なのに市橋のホクロについて、なんでメディアは突っ込みをいれないのか。

メディアというものは突っ込む場所を見つけられないほど無知の集まりなのか。

逮捕収監された市橋の顔(産経新聞配信が一番鮮明)の左の頬をズームしてよく見た方がいい。縦に並んだ二つのホクロ、市橋の身体的特徴の中でも一番特徴的だった二つのホクロ。それを確認したら11月05日の記事を読み返す。この時大手メディアは顔写真公開に併せて記事を配信したが、捜査本部が流す情報をそのまま記事にしているからだろうが総じて内容が同じである。捜査本部が垂れ流すリークに対し、その真偽鑑定をせず、一言一句そのまま茶の間に流すメディア。


ホクロについて検証し、齟齬が合わない部分を丁寧に読みとけば『新たに公開された顔写真は捜査本部による捏造である』と答えが出てくる。

そして、『以降の後追い記事が根も葉もない情報を記事にした、論拠が破綻した虚偽情報である』という結論に達すると信じている。




福岡の美容外科に現れた男も市橋容疑者と断定 千葉県警 - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/091106/crm0911061029009-n1.htm

【衝撃事件の核心】目は二重、鼻は高く、唇は薄く…整形繰り返し逃亡する市橋容疑者、ほくろ除去で“足” (1/5ページ) - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/091107/crm0911071300015-n1.htm

市橋容疑者、大阪の建設会社で働いていた | 日テレNEWS24#
http://www.news24.jp/articles/2009/11/09/07147471.html#

市橋容疑者、「井上康介」名乗り大阪で約1年働く 月収は25万円?  - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/091109/crm0911092013039-n1.htm

市橋容疑者「貯金して親に恩返し」? 大阪潜伏時はめがねに野球帽  - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/091110/crm0911100019000-n1.htm

※市橋が潜伏していたとされている大阪府茨木市の建設会社寮から採取された指紋が市橋の指紋と一致したとされる記述については、狭山事件の『万年筆』と同様の『捜査本部の仕込み』である可能性もある。それゆえ市橋=井上康介を立証するファクタとは考えていない。




「結果、市橋逮捕につながったのだから、べつにいいではないか。」
「結果オーライ。逆にファインプレー。」

自分で確かめてからも同じことが言えるだろうか。
しかし、そう考える権力に寛容な向きもいるだろう。
恐らくは権力にはある程度必要悪が内在すると刷り込まれているのだろうが。
必要悪は必要ない。こんなもん、はい、そうですか、と、看過できるわけがない。
偏向的な印象操作と根拠のない権力の横行がまかり通って良いわけがない。
こんな下らないペテン・・・嘘もうまくつけば仏の顔。バレる嘘を付くから鬼がこん棒を振り回すのである。バレないようにやる分には―多くの日本国民がそうであるように―騙されたことすら気づかないのである。

諜報は、成功したら証拠を残さないというが、証拠を残したら犯罪である。

そして権力の犯罪は今も横行している。それに早く気づくべきではないか。




関連記事
スポンサーサイト

Tag:英国人女性殺害事件 整形捏造 

Category:リンゼイさん殺害事件・市橋容疑者の犯行ではないとした場合

comment(0trackback(0

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。