Home  > スポンサー広告 > 粛々と準備されるイラン攻撃 > 孤立するイラン > 粛々と準備されるイラン攻撃

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告

comment×  trackback×

粛々と準備されるイラン攻撃

2010/02/27(Sat) 19:57

第三次世界大戦の口火が切られようとしている。
アメリカ・イスラエルの軍産複合体ホットラインと世界防衛軍ともいえるNATO軍が粛々とイラン攻撃に向けて体勢を整えているという。
第三次世界大戦は核から始まる。イランのウラン濃縮工場が標的にされるだろう。
『唯一の被ばく国』である日本国民は、核が使用されたことを知ったとき何を思うのだろうか。
日本政府はどう対処するのだろうか。静観。



■ 机の上の空 大沼安史の個人新聞: 〔ビデオ NEWS〕 チョスドフスキー教授が予言 米・NATO・イスラエルが対イラン攻撃へ 中国・ロシアを巻き込む「第3次世界大戦」の恐れ
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2010/02/post-7509.html


カナダ・グローバル・リサーチ研のM・チョスドフスキー教授が20日、ロシアの英語衛星テレビ、「ロシア・ツデー」に出演し、

 ① 米・NATO・イスラエルがイラン攻撃に向けて、態勢を整えている 

 ② 中国・ロシアを間接的に狙ったもので、「第3次世界大戦」の可能性をはらんでいる

 ③ 戦争準備態勢は2004年に始まり、「イランの核」を世界の脅威とするキャンペーンを進めてきた

 ④ 中東は石油の6割、イランは1割を埋蔵している戦略的な地域。狙いは石油だ

 ――などと指摘、対イラク攻撃に「ミニ核」が使用される恐れもあると警告した。

 信頼すべきチョスドフスキー教授(オタワ大学)が、ここまで公然と「開戦を予告」したのは、僕の知るところ、これが初めて。要警戒である。

 米・NATOが「対イラン攻撃」を既定のこととして準備をしている――と考えると、オバマの「アフガン増派」のほんとうの狙いが見えてくる……。
(転載ここまで)
関連記事
スポンサーサイト

Tag:イラン 

Category:孤立するイラン

comment(0trackback(0

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。