Home  > スポンサー広告 > アジュバンド入り輸入ワクチンは断固拒否! > 新型インフル > アジュバンド入り輸入ワクチンは断固拒否!

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告

comment×  trackback×

アジュバンド入り輸入ワクチンは断固拒否!

2010/01/25(Mon) 15:27

■ 新型インフル 輸入ワクチン不要 46都道府県希望せず(産経新聞) - goo ニュース
http://news.goo.ne.jp/article/sankei/life/m20100123008.htm
2010年1月23日(土)08:05
・厚労省はワクチンの輸入に向け、今月から全国の都道府県に対し、必要量を調査していた。その結果、現段階で入荷を希望したのは山梨県の200人分のみ。ほかの都道府県は入荷を希望しなかった。
・厚労省はグラクソ・スミスクライン社(英国)とノバルティス社(スイス)の2社から計9900万人分の輸入を予定している。
・厚労省は「まだ国産の出荷が続いており見合わせた自治体が多いのではないか。今後は増える可能性もある」としている
・流行が下火になる中、接種希望者は減少しており、国産ワクチンですら余っているのが現状だ。


NHKで去年11月の全盛期に140件あったワクチンの予約が5件に減った供給先病院を例に挙げ、新型インフルが沈静化されつつある旨を伝えていた。

新型インフルは沈静化されつつある。
なおさらこの記事が特異的に見えてくる。


■ 【新型インフル】輸入ワクチン「承認が適当」 初の特例承認へ 厚労省薬事分科会 - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/life/body/100115/bdy1001151333003-n1.htm
2010.1.15 13:32
 分科会での検討対象となったのは英系「グラクソ・スミスクライン(GSK)」とスイス系「ノバルティス」の2製薬会社のワクチン。いずれも製造法などが異なるため、安全性が懸念されていた。
 政府は両社と計9900万回分の購入契約を結んでおり、最短で2月3日から出荷が始まる予定。輸入ワクチンは主に19~64歳の健康な人に使われる予定だが、すでに流行が減少傾向にあることなどから、余ることも指摘されている。(抜粋)


明らかに風に乗ってない。特例承認する必要が真にあるのだろうか。社会と逆行している。背後に多国籍企業の圧力があったのではないかと疑念が浮かぶ。税金をとぶに捨ててもいいから、輸入ワクチンが日本の子供に投与される前に、産業廃棄物として全部ゴミにしてもらいたい。

アジュバンド
アジュバント
バグスター
薬害エイズ


(関連)
カテゴリ:新型インフル
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-category-25.html
関連記事
スポンサーサイト

Category:新型インフル

comment(0trackback(0

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。