Home  > スポンサー広告 > リンゼイさん殺害事件・市橋容疑者の犯行ではないとした場合 考察① > リンゼイさん殺害事件・市橋容疑者の犯行ではないとした場合 > リンゼイさん殺害事件・市橋容疑者の犯行ではないとした場合 考察①

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告

comment×  trackback×

リンゼイさん殺害事件・市橋容疑者の犯行ではないとした場合 考察①

2009/12/26(Sat) 08:12

市橋 crm0912231307007-n1.jpg imagesCA59VIL8.jpg Sp20091110039001.jpg

市橋被告再逮捕から20日目、勾留満期ぎりぎりのタイミング。
テレビ・新聞等の主要メディアは市橋容疑者が口を開いたと騒ぎ立てだした。



市橋容疑者 事件へ関与、捜査当局にも認める供述(産経新聞) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091223-00000515-san-soci

「騒いだので口ふさいだ」市橋被告、供述始める(読売新聞) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091224-00000049-yom-soci



これは解せない。
市橋被告の弁護団が検察側と共謀して虚偽の報道しているとしか思えない。
普通絶食を2週間近く続けられますか?
市橋被告の根性は並大抵のものではない。(ただつめが甘いような)
刑事や検察に『死刑だ死刑だ』恫喝されながら一月半も黙秘を続けられますか?
市橋被告は“誰か”に知恵を仕込まれたと考えている。


実はこれには思い当たるふしがある。
市橋被告がリンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件で裁かれなくて済む方法が存在する。

それは黙秘し続けることである。

だから解せないのだ。
なぜ交流満期を目前にして黙秘をやめ、検察に都合がいいような供述をし始めるのか。
本当に解せない。




死体遺棄 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%BB%E4%BD%93%E9%81%BA%E6%A3%84#.E6.AD.BB.E4.BD.93.E9.81.BA.E6.A3.84.E3.81.A8.E7.BD.AA
(抜粋)
積極的な死体遺棄
その一方で、児童虐待に伴う虐待死を含む殺人事件などにおいては、犯罪の露見を恐れて犯人が死体を運搬・放棄するケースがある。(中略)死体遺棄事件に於ける捜査では、少なくとも犯人の自供までは殺人事件の罪状は問われないものの、殺人事件と同等の捜査体制がしかれる理由である。(転載ここまで)



「とにかく黙秘しろ。刑事も検察は死刑だ死刑だわめきたてるが黙秘していれば殺人での起訴は難しくなる。弁護士も信用するな。検察側と共謀して殺人での起訴に踏み切ろうとするだろう。雑音に耳を貸さずひたすら口をつぐんでいろ。刑事や検事のがなり声もパチンコ屋の騒音だと思えば八時間、ひと月二月なんてあっという間だ。とにかく黙秘し続けていれば死体遺棄罪しか問われない。お前が娑婆で生き残る唯一の方法だ」


市橋被告の逃走を手助けていた“保護者”がいたと考えている。市橋被告に整形手術の手配をしたり、住み込みの仕事を斡旋したり、“保護者”は市橋被告の居場所や動向を常に把握していたに違いない。そして時が来たら警察に突き出そうと考えていた。NOVA元社長、猿橋望氏から『ケジメ』を取ってから…




■ これは嘘リークと考えられる。だって事件現場(市橋被告の自宅)を調べれば市橋被告のDNA型のサンプルはそこら中で採取できるわけだし、リンゼイさんの遺体から市橋被告のDNA型が見つかったならば二年半前の時点で死体遺棄罪と殺人(強姦致死)で全国指名手配されているはずなのだから。今さらDNA型が一致しましたといわれても欺瞞としか言いようがない。


「依然黙秘続ける市橋容疑者 リンゼイさんから採取のDNA型一致」:イザ!
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/331425/
2009/12/03 09:40更新
千葉県市川市のマンションで2007年3月、英国人の英会話講師、リンゼイ・アン・ホーカーさん=当時(22)=が他殺体で発見された事件で、県警行徳署捜査本部は2日、殺人と強姦致死容疑で市橋達也容疑者(30)=死体遺棄罪で起訴=を再逮捕した。捜査関係者によると、リンゼイさんの体から採取された体液と市橋容疑者のDNA型が一致したが、事件に関しては依然黙秘を続けているという。
(中略)
捜査関係者によると、司法解剖でリンゼイさんの遺体から採取した体液を鑑定した結果、DNAの型が市橋容疑者のものと一致したという。リンゼイさんの顔には、殴られたあとが複数あり、死因は首を絞められたことによる窒息死。のどの軟骨が折れるほどの力で絞められていた。(後略)(転載ここまで)


■ 弁護士側が「暴行行為」としているのは実は「売買春行為」と置き換えると弁護団の検察への批判も納得できる


市橋容疑者逮捕 弁護団「起訴事実違う」と批判(産経新聞) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091224-00000612-san-soci
12月24日21時30分配信 産経新聞
 千葉県市川市のマンションで平成19年3月、英国人の英会話講師、リンゼイ・アン・ホーカーさん=当時(22)=が他殺体で発見された事件で、殺人と強姦(ごうかん)致死の罪で追起訴された市橋達也被告(30)の弁護団が24日、千葉市内で会見を開いた。弁護団は、起訴事実の内容があいまいで、犯行時間帯などが具体的ではないと批判。罪名について争う構えを見せた。
 市橋被告はこれまでに、弁護団に対し「(リンゼイさんを)暴行目的で連れてきた」「騒がれたので首を締めた」などと説明し、捜査当局にも同様の供述をしていることが分かっている。(中略)
 市橋被告は勾留満期前日の22日の午前中から、千葉地検での取調べで、事件の内容を供述し始めたという。
(中略)
 地検は今回、強姦が発端だが、一連の行為の中で殺人という犯罪が同時に行われたとする「観念的競合」があったとして「殺人」と「強姦致死」の罪で起訴している。弁護団は「暴行行為と、リンゼイさんが死ぬまでにかなり時間があり、事件は2つに分かれる」として、「強姦」と「傷害致死」または「監禁致死」が適当と主張していく構え。(中略)
 また、弁護団は、取調べの過程で、担当検事らが市橋被告に複数回に渡り暴言を吐いたとして、抗議したことも明らかにした。弁護団によると、市橋被告は、逮捕された直後から差し入れられたノートに取り調べの内容を詳細に記載しており、すでにノートは3冊目に入っているという。(転載ここまで)



取調べの内容を詳細に記載しているという〈市橋ノート〉。〈市橋ノート〉が“ノーカット”で世に出てくればリンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件の真相は言うまでもなくはっきりする。そこにはNOVAと裏社会の関係も詳細に書かれていると考えている。


(関連)
カテゴリ:リンゼイさん殺害事件・市橋容疑者の犯行ではないとした場合
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-category-31.html


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:え!本当!? ジャンル:ニュース

Tag:英国人女性殺害事件 

Category:リンゼイさん殺害事件・市橋容疑者の犯行ではないとした場合

comment(0trackback(0

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。