Home  > Archive > 2013/01

Archive list

2013/01Archive list

使用済み核燃料が6375本貯蔵されているフクイチ共用プール建屋で火災が発生。しかし東電は『清掃機器のコードが燃えた』の一点張り。

2013/01/24/(Thu) 18:46


scs;cs


福島第一原発の共用プール建屋で火災が発生した。地下一階の西側に設置されてある火災報知機が鳴り、消防車が出動、鎮火にあたったということである。共用プール建屋のプールには使用済み核燃料が6375本、沈められている。何かがあってからでは遅いのである。しかしながら、不可解なのが、この、共用プール建屋火災を説明する東京電力のプレスリリースである。



平成25年1月24日
東京電力株式会社

平成25年1月24日午前10時46分頃、福島第一原子力発電所運用補助共用施設(共用プール建屋)地下1階西側において、火災報知機の警報が発報し、その後、現場作業員より、煙が発生したとの情報がありました
そのため、午前10時59分に消防署へ連絡いたしました。

除染作業で床を磨く清掃機器を使用した際、当該機器の付属電源ケーブルより発煙したことから、作業員がすぐに電源ケーブルを抜いたところ発煙は停止しました。
当社社員が現場を確認したところ、現場に火や煙がないことから、午前11時15分に火災報知器の警報をリセットしております。

その後、午後0時38分、消防署により鎮火確認をしていただくとともに、本件は火災であるとの判断をいただきました。
火災の原因については、今後、調査してまいります。

本事象によるけが人は発生しておりません。
現時点でプラントへの影響は確認されておらず、共用プールの冷却は継続しております。また、モニタリングポストの値に有意な変動はありません。
以 上

--転載ここまで--


1)火災報知機が鳴るほどの発煙が発生した。

2)現場作業員が煙を確認し、消防署に連絡。

3)消防署が鎮火を確認し、火災である判断した


そして、東電が火災原因だと差し出した『除染作業で床を磨く清掃機器』というのはこれである。


130124_01 (1)



www


そして、燃えたコードというのはこれである。


130124_02 (1)


www


130124_03 (1)



www


思わず笑ってしまったが、もう一旦整理しよう。使用済み核燃料が6375本プールに貯蔵されている共用プール建屋の地下一階の西側付近で火災報知機の警報がなった。現場作業員が煙を確認し、消防署に連絡を入れた。消防署が鎮火を確認し、火災だと判断。で、火事の原因が清掃機器のコード。何かがおかしい。消防署が火災だと判断したのに、清掃機器は全く煤けていないし、融けたコードにしたって火災警報器が鳴るほど燃えたのかったて話になる。もちろん、何も無いに越したことはないが、本当にコードが燃えただけなのだろうかと勘ぐりたくもなる。

関連記事
スポンサーサイト



Category:福島第一原発事故

comment(2trackback(0


▲このページのトップへ