Home  > Archive > 2012/01

Archive list

2012/01Archive list

福島第一原発事故で誰も死んでいないという欺瞞

2012/01/10/(Tue) 15:52



INsideOUT10/19(水)「潜入!福島第一原発 高濃度汚染の真実」







山岡 俊介(ジャーナリスト)かつて武富士と戦い自宅を放火されたジャーナリスト。田中香織変死事件(六本木ヒルズミステリー)では、『事件当時の防犯カメラの記録が残っていない。森ビル関係者が意図的に削除した。』、『司法解剖の所見では、田中香織の死因は溺死だが、ドラッグ死との整合性を持たせるため肺水腫に変わった』等、驚愕する内情を明かしている。

今西 憲之(ジャーナリスト)面白い大阪人。



ニュースの深層11/8(火)「福島原発内部の真実とは?」








http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00214940.html

福島第1原発事故 作業中の作業員が体調不良で倒れ、心肺停止状態で病院搬送

東京電力は、福島第1原発で作業中の作業員が体調不良で倒れ、心肺停止状態になったと発表した。
倒れた作業員は60代の男性で、朝からコンクリートの注入作業を行っていたところ、体調不良を訴え、その後、意識不明となり、心肺停止状態で病院に搬送されたという。
作業員の9日の被ばく量は、0.052ミリシーベルト(mSv)で、体に放射性物質の付着はなかったという。
東京電力によると、放射性物質との因果関係はほぼないだろうという。

--転載ここまで--


この記事の中に『心肺停止状態で病院に搬送されたという。』という部分があるが、東電会見によれば、救急車で搬送されたのではないという。構内車両というが、おそらく所員か協力会社の通勤車であろう。

1月9日午後東京電力記者会見 - Togetter
http://togetter.com/li/239065

早々に放射能との関連を否定的に発表する、あまりにも科学的ではない東電の説明は論外であるにせよ、なぜ、一刻一秒を争う心肺停止という重篤な状況で救急車を要請しないのか。救急車は移動中の蘇生措置に特化した特殊搬送車両だ。動画の中で、『構内は、一日一回は救急車が往来している』と今西氏は明言している。要請すれば救急車は来ただろう。なのに構内車両で搬送するというのはどういうことか。

心肺停止という重篤状態は搬送中の蘇生措置が生死を分ける。なのに心肺停止状態の作業員を病院に搬送する際、救急車を要請しなかった。この作業員をわざわざ見殺しをするような東電の対応に深い違和感を覚えざるを得ない。


asahi.com(朝日新聞社):福島原発作業員が心肺停止に 東電「作業との関連不明」 - 社会
http://www.asahi.com/national/update/0109/TKY201201090255.html




人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 事件・犯罪へ
関連記事
スポンサーサイト



Tag:福島第一原発事故 

Category:日の丸に問いかける

comment(1trackback(0


▲このページのトップへ