Home  > Archive > 2010/02

Archive list

2010/02Archive list

スポンサーサイト

--/--/--/(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告

comment×  trackback×

日本航空123便ジャンボジェット機墜落事故のあれこれ

2010/02/28/(Sun) 06:28

1985年8月12日、群馬県の御巣鷹山に日航機123便は墜落した。乗員乗客524名のうち520名、生存者は4名であった。

日本航空123便墜落事故 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%88%AA%E7%A9%BA123%E4%BE%BF%E5%A2%9C%E8%90%BD%E4%BA%8B%E6%95%85



『これまでこのブログでご紹介した事実を総合すると、(日本航空123便墜落事故の)その本質は軍事物資輸送を巡る日米ソを巻き込んだ軍事衝突であり、闇夜の戦闘の秘密、そして政治的弱みを抱えた日本国政府(あるいは裏政府・軍産複合体)が国民を欺くために仕組んだ壮大な虚構なのです。』


日本航空123便墜落事故をこう切り捨てているのは(新)日本の黒い霧というブログだ。事故から25年経てもなお、真相究明している稀有なブログである。ブログ管理人は御巣鷹の尾根に足を運び、ミサイルの信管や軍用ヘリの残骸を拾っては持ち帰り、正体不明の組織にストーキングされ、命の危険に晒されながらも『ただの墜落ではない』可能性を探っている。

このブログの注目すべき点は、コメント欄が『荒れて』きたことにある。とくに最近は荒れに荒れている。2チャンネルにこのブログのスレッドが立った事が原因らしいのだが、コメント欄を掲示板のごとく荒らされている。

神流川発電所に言及した記事のコメント数314。直近の記事には600以上もコメントがついている。コメントの内容を見れば、一目瞭然、中身のない誹謗中傷ばかりである。AA貼付けやコピペ連続投稿など幼稚な嫌がらせもある。組織的な・・・といえば少々大げさだが、数人のチームが手を変え品を変えIDを頻繁に変えてコメントしているのではないかと思われる節がある。記事のコメント全てに長文コピペを貼りつけていくという嫌がらせ以外の何者でもない職業的な臭がするものもある。とにかくタブーの領域に踏み込んでいるのは確かなことであろう。



2010/02/28
JAL123便墜落事故-真相を追う-蘇る亡霊(3) - (新) 日本の黒い霧 【コメント 314】
http://blog.goo.ne.jp/adoi/e/b7f115bafd76dc1af7477e0a1e74d391

JAL123便墜落事故-真相を追う-そしてミサイルは発射された(10) - (新) 日本の黒い霧 【コメント 711】
http://blog.goo.ne.jp/adoi/e/7e253755b1bff9adfda150f4933769b4

JAL123便墜落事故-真相を追う-折れなかった垂直尾翼(1) - (新) 日本の黒い霧 【コメント 298】
http://blog.goo.ne.jp/adoi/e/2ae393ac6bf8cc30807ba140c33183f8



***


■ 4、50人いた生存者

実は墜落当初生存者は4、50名ほどいたという。
「既に自衛隊員が7~80人、いや100人位は来ていました。それを見て、自分たちは一番乗りできなかったと思いましたね。同時に、事故犠牲者の呻き声が谷にこだまし、響き渡っているのがはっきりと聴こえました」
公式発表前(推定午前四時前後)に現場入りした地元民は証言する。
4、50名が生きていた?
奇跡的に四人が助かったのではない…
四人以外は殺された。
現場にいた自衛隊員は人命救助にあたらず、ヘリをホバリングさせて「何か」を回収していたという。
ちなみにレスキュー隊が墜落現場に到着したのは朝の八時半頃とされている。事故から日が出る前に100人位いたとされる自衛隊員は公には報じられていない。
4、50人いた生存者はどうなったと思いますか。質問者の問いに
「それはボクもずっと不思議に思っていたのですが、下山を開始する朝の5時過ぎ頃には、谷の呻き声がピタリと止んでいました。」
大勢いた生存者は四人以外死んでしまったのは事実である。


救出された日の午後3時過ぎ、夫と父と叔父が病室に入ってきました。私は「四人しか・・・・・」と口にしたのですが、夫はすぐに「しゃべらなくていいから」といいました。(生存者の一人・落合由美さんの証言より)



JAL123便墜落事故-真相を追う- 闇夜に蠢くもの(4) - (新) 日本の黒い霧
http://blog.goo.ne.jp/adoi/e/9218d78bddf9f12a9d7bdc8ebec1c10a

日航機墜落事故 東京-大阪123便 新聞見出しに見る25年間の記録
http://www.goennet.ne.jp/~hohri/n-index.htm



***


■ グリコ森永事件と日航機墜落事故

怪人21面相のグリコ森永事件は昭和を代表する未解決事件であるが、1985年8月のJAL123便が御巣鷹の尾根に墜落した日に実は解決していたと見るむきがある。事故と同じ日に「くいもんの 会社 いびるの もお やめや…悪党人生 おもろいで」と、怪人21面相が犯行終結宣言しているのだ。
同便にはハウス食品の社長が乗っていた。
ハウス食品は森永製菓、江崎グリコ、丸大食品などと一緒に怪人21面相に脅迫された会社であった。
怪人21面相から犯行終結宣言を夕刊で見て、ハウス食品当時社長の浦上郁夫氏は先代の墓前に報告するために、JAL123便に乗り合わせたのだという。
グリコ森永事件の黒幕が撃墜予定のジャンボ旅客機に誘い込んだとも言えるのではないだろうか。

当日午後八時過ぎ。トップテンは番組を中断して事故を伝えた。トップテンは江崎グリコが提供する番組であった。これは偶然ではない。江崎グリコ社長に向けてのメッセージであると考えている。江崎グリコ社長は一連の事件の端緒となった誘拐事件で唯一犯人と接触した人物であった。事件は終わった…もう何も穿り返すな…1985年8月12日の終結宣言は日航機墜落事故の520名の犠牲と機体の残骸をもってなしたのだろうか。以後怪人21面相からの脅迫はピタリと止み、2000年2月13日午前零時に時効が成立。事件は未解決事件に名を残すことになる。

事件のキーマンであるハウス食品、当時社長の浦上郁夫氏は御巣鷹の尾根に撃墜されたジャンボ旅客機に搭乗したことで永遠に口を塞がれた。



YouTube - 日航ジャンボ機墜落事故 - Japan Airlines Flight 123 (HQ)
http://www.youtube.com/watch?v=2l7RoQUVJL0

グリコ・森永事件 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%83%BB%E6%A3%AE%E6%B0%B8%E4%BA%8B%E4%BB%B6

浦上郁夫 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%A6%E4%B8%8A%E9%83%81%E5%A4%AB



***


■ 「ワールド・フォーラム」代表の佐宗邦皇氏 死の直前に語った事故の真相

2009年8月の月例会の途中、元日本航空の佐宗邦皇氏が急逝した。倒れる直前、『天皇の金塊』の著者、高橋五郎の質疑応答で日本航空123便ジャンボジェット機墜落事故の話題があがったとき、佐宗氏は事故の真相に触れた。

「現場を見ればわかるんです。映像も見ました。僕は元々日本航空でしたから。この問題はかなり詳しく、自分なりに研究したんですね。最後は、まあ、米軍機に核ミサイルで撃墜されているんですけれども、中性子爆弾の空対空ミサイルだった可能性があるんですね。空中で一回胴体がぽきっと折れているんです。確かに空中でキノコ雲が発して、真っ黒な。それはいろんな角度から確認されているんですね。
隔壁が原因というのは嘘なんですね、尾翼に無人偵察機が突き刺さった状態で、米軍の横田基地に向かって着陸体勢に入っていたんです。ところが、着陸寸前に(米軍側から)着陸を拒否された。
その指令がどこからきているのかが問題。私は中曽根総理(当時)から出ていると見ている。それで横田基地への着陸を認めないから、飛行機はずっと御巣鷹まで追い込まれた(以下略)」

元JAL勤務の佐宗氏の話は事件の当事者だからこそ、ただ単に墜落したわけではないことが現実味を帯びている。



YouTube - 「御巣鷹山の真相について」佐宗邦皇代表WF200908例会
http://www.youtube.com/watch?v=Y-rbgPbmmTo

関連記事
スポンサーサイト

Tag:陰謀論 

Category:考察シリーズ

comment(0trackback(0

粛々と準備されるイラン攻撃

2010/02/27/(Sat) 19:57

第三次世界大戦の口火が切られようとしている。
アメリカ・イスラエルの軍産複合体ホットラインと世界防衛軍ともいえるNATO軍が粛々とイラン攻撃に向けて体勢を整えているという。
第三次世界大戦は核から始まる。イランのウラン濃縮工場が標的にされるだろう。
『唯一の被ばく国』である日本国民は、核が使用されたことを知ったとき何を思うのだろうか。
日本政府はどう対処するのだろうか。静観。



■ 机の上の空 大沼安史の個人新聞: 〔ビデオ NEWS〕 チョスドフスキー教授が予言 米・NATO・イスラエルが対イラン攻撃へ 中国・ロシアを巻き込む「第3次世界大戦」の恐れ
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2010/02/post-7509.html


カナダ・グローバル・リサーチ研のM・チョスドフスキー教授が20日、ロシアの英語衛星テレビ、「ロシア・ツデー」に出演し、

 ① 米・NATO・イスラエルがイラン攻撃に向けて、態勢を整えている 

 ② 中国・ロシアを間接的に狙ったもので、「第3次世界大戦」の可能性をはらんでいる

 ③ 戦争準備態勢は2004年に始まり、「イランの核」を世界の脅威とするキャンペーンを進めてきた

 ④ 中東は石油の6割、イランは1割を埋蔵している戦略的な地域。狙いは石油だ

 ――などと指摘、対イラク攻撃に「ミニ核」が使用される恐れもあると警告した。

 信頼すべきチョスドフスキー教授(オタワ大学)が、ここまで公然と「開戦を予告」したのは、僕の知るところ、これが初めて。要警戒である。

 米・NATOが「対イラン攻撃」を既定のこととして準備をしている――と考えると、オバマの「アフガン増派」のほんとうの狙いが見えてくる……。
(転載ここまで)
関連記事

Tag:イラン 

Category:孤立するイラン

comment(0trackback(0

NOVA英国人講師殺害事件・追記

2010/02/11/(Thu) 12:33

2007年3月。NOVA英国人講師殺害事件発覚前日の25日朝、市橋とリンゼイは行徳駅前付近で落ち合ったとされている。駅前の喫茶店(ドトール)の防犯カメラが二人の姿を確認。8時51分に来店し、9時45分に二人揃っ店を後にしている。約1時間、何を話していたのだろうか。

「ごく普通のカップルかレッスン中に見えた」

店員は二人の印象を証言している。特に脅されていた様子もなかったという。

長身の優男と英国人女性がテーブルに対座し歓談する。普通のカップルに見えた二人は、『個人レッスン』をしに、福栄のマンションに向かうことになる。
どうも違和感を覚える。
はたして普通のカップルが英会話のレッスン中にも見えるのだろうか。
店員は『(英会話の)レッスン中に見えた』と証言しているが、個人レッスン自体は市橋の自宅マンションで予定していたはず。

「『普通のカップル』に見えたけど、事件報道から言えば『英会話のレッスン中』だったのかな、とも思う」

店員はこう証言したのだと考えると違和感は解消される。大事なのは日本人とブロンドの英国人女性が普通のカップルに見えたという証言。二人からそれ相応の親近感が醸し出されていて、滞りなくコミュニケーションもとれていないと『ごく普通のカップル』には見えないだろう。

二人は店を後にし、タクシー乗り場へ向かったという。


英女性変死 防犯ビデオに容疑者と一緒の姿 英会話レッスンの約束当日 [産経新聞] white
http://www.asyura2.com/07/nihon22/msg/901.html

喫茶店で個人レッスンか=不明当日朝、防犯カメラに-英女性遺体事件・千葉 [時事通信] white
http://www.asyura2.com/07/nihon22/msg/885.html


***

不思議なことに、捜査本部は市橋とリンゼイの関係を「男女の関係になかった。愛人関係にはなかった」と死体遺棄罪で指名手配してのち二人の交際を否定している。
なぜ二人の交際を否定したのだろうか。
市橋本人から聞いたのだろうか。リンゼイさんから聞いたのだろうか。両方共否。男女の関係を測り知るに第三者の証言のみで否定するのは根拠に欠けるのではないか。
事件の四日前、金髪好きなストーカー男がリンゼイさんの自宅までつきまといストーキングした挙句自宅マンションに誘い込んで強姦、殺害。ベランダに遺棄。あくまで市橋の単独犯行。凶悪な殺人犯という市橋のパーソナリティはもはや頑なに出来上がっていた。

だから市橋とリンゼイさんが交際していては、二人が親密な関係でいられては都合悪かった。

捜査本部の描くストーリーは二人が『ごく普通のカップル』でいられては困るのは確かだろう。


英国人女性、死因は窒息=手配男と数日前知り合う-千葉県警 [時事通信] white
http://www.asyura2.com/07/nihon22/msg/813.html

<千葉英女性殺害>容疑者に個別指導で呼び出された可能性 [毎日新聞] white
http://www.asyura2.com/07/nihon22/msg/816.html


***

【衝撃事件の核心】供述は公判対策? 英会話講師殺害事件 市橋弁護団vs捜査当局、すでに激しい“つばぜり合い” - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100101/crm1001010701001-n2.htm

(抜粋)
■ 「連れ込んですぐ暴行」それでも殺意は否認

 弁護団が明かした市橋被告の「告白」は詳細なものだった。
 それによると、19年3月25日午前9時ごろ、市橋被告は自宅近くのコーヒーショップでリンゼイさんと合流。午前10時ごろ、リンゼイさんを自宅に招き入れると、すぐに性的暴行を行った。
 市橋被告は「被害者が(性行為を)承知していないので」(弁護団)、自由を奪うために手足を縛った、と説明しているといい、弁護団は「暴行はこの1度だけで、何度も行われたとは考えていない」と付け加えた。
 その後、リンゼイさんを室内で半日以上にわたって監禁。翌26日の未明、リンゼイさんが逃げようとして何度も大声を出したため、後ろから手を首に回し、声が出ないようにすると、ぐったりして息が止まったという。市橋被告はその後、リンゼイさんに対して人工呼吸もしたといい、「殺意はなかった」と主張しているようだ。
 ただ、肝心の部分で未解明な所も多く残った。
 記者からの「なぜ今、(黙秘をやめて)語り始めたのか」という質問に弁護団は「『なぜ』、『いつ』という理由は、公判で明らかにしたい」と回答。「監禁してどうするつもりだったのか」「なぜ、救急車などを呼ばなかったのか」という質問にも歯切れの悪い回答が続いた。

(中略)

 起訴後も、捜査当局が任意で取り調べを行うことは可能だが、「すでに任意の取り調べには応じないと県警に通告している」と弁護団。市橋被告がいる千葉刑務所の拘置施設にも「任意での調べには出房は避けるように通告書を出している」と対応を徹底しており、裁判へ向けて捜査当局との対決姿勢を強めている。
(転載ここまで)




市橋は拘留満期直前にリンゼイさん殺害に関与した供述を弁護団と検察にしたという。もし市橋の供述がえられなければ、殺人、強姦致死での追起訴は見送られた可能性があると考えている。ともすれば捜査当局は二年半以上の捕物劇の幕引きが「死体遺棄罪(死体損壊三年以下の懲役)だけで公判」という大失態を露呈することになる。対英問題もあり、捜査当局としては、それだけは避けたかった。だから弁護団を取り込んで「市橋が供述を始めた」と記者会見で虚偽リークを報じさせたのではないだろうか。


「起訴事実が違う」

裁判に向けて弁護団と捜査当局が対決姿勢を強めているのはなぜか。

市橋は両者に同じ供述をしているとされているのに関わらずだ。

市橋の「告白」が詳細なものだったとしているのに肝心な部分が未解明なままで、記者の質問に弁護団は歯切れ悪く回答する。はたして「告白」が本人の供述によるものなのだろうか。


そして市橋は再び口を閉ざすことになる。

新たな供述が引き出される可能性は公判までない。

やはり市橋が完黙している可能性は捨てきれない。


【市橋容疑者逮捕】弁護団が会見、「起訴事実違う」と批判 - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/091224/crm0912242118024-n1.htm

死体遺棄 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%BB%E4%BD%93%E9%81%BA%E6%A3%84#.E6.AD.BB.E4.BD.93.E9.81.BA.E6.A3.84.E3.81.A8.E7.BD.AA


***

福栄のマンションで二人はセックスをした。それは普通の恋人のようなセックスだった。


少し時間があいた。


市橋はとんでもないことに巻き込まれた。結果リンゼイさんは死に、市橋がその場に居合わせたのは確かなことだった。凄惨なリンチの後首をしめられ殺害された後、リンゼイさんはベランダに運び出された浴槽に園芸用砂で埋められた。すぐに発見できるよう手を外に出しておく。申し合わせたように捜査員は市橋の自宅マンションに訪問、そして市橋は走り出した。


(関連)
カテゴリ: リンゼイさん殺害事件・市橋容疑者の犯行ではないとした場合
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-category-31.html
関連記事

Tag:英国人女性殺害事件 

Category:リンゼイさん殺害事件・市橋容疑者の犯行ではないとした場合

comment(0trackback(0


▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。