Home  > Archive > 2009/09

Archive list

2009/09Archive list

スポンサーサイト

--/--/--/(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告

comment×  trackback×

エリア51の妄想

2009/09/27/(Sun) 17:38

もしかしたらエイリアン説やBC兵器研究開発施設説までもでっち上げなのかもしれない。ロズウェル事件(1947年)からMJ-12(1987年)までの流れも陰謀であってUFO、宇宙人の存在をちらつかせながら最新兵器施設を匂わせながらも、実はエリア51に存在する広大な地下施設(地下124階?)を隠蔽するための虚構なのかもしれない。

◆ 825回の地下核実験
1951年1月11日に、核実験の実験場として開設された。面積は約3,500平方キロメートルあるが、ほとんどは砂漠と山岳地帯である。当地における初めての実験は1951年1月27日のことであり、1ktの核爆弾が投下されている。
1951年から1992年にかけて、925回の核実験が行われたことが公表されている。うち、825回は地下核実験である。アメリカが行った核実験のほとんどは当地で行われており、ここ以外の核実験は129回にすぎない。大気圏内核実験は、部分的核実験禁止条約以前の1962年まで行われていた。地下核実験も包括的核実験禁止条約以前の1992年まで行われていた。
実はネバダ州ある仮説を立証するための、重要なエレメントであることは確かだ。(ネバダ核実験場 ウィキペディアより)

◆ イラクの地下壕を破壊するために作られたバンカーバスターGBU-28
湾岸戦争戦争開戦後に、イラクの地下壕には非常に堅牢なものがあり、アメリカ軍の航空攻撃では破壊が困難なものがあることが判明した。そのような地下壕を破壊するための急造兵器が求められ、GBU-28が開発された。2003年のイラク戦争の後に、バンカーバスター爆弾によって目標とされた攻撃跡地を分析したところ、不十分な貫通力と不満足な破壊力が明らかとなった。(GBU-28 ウィキペディアより)

◆ 戦術的に欠落する爆弾を、なぜか執拗に研究
超巨大なバンカーバスターの開発への関心が再燃し、MOPプロジェクトが開始された。 米空軍には超巨大爆弾へ軍としての特段の要求はなかったが、大きなサイズの貫通及び爆風型の兵器を収集する構想は存在し、 それは大規模爆風爆弾(Massive Ordnance Air Blast bomb、MOAB)を含む「ビッグブルー」(Big BLU)[注 1]コレクションと呼ばれた。(大型貫通爆弾 ウィキペディアより)

◆ 戦争に必要のないRNEP(地中貫通型核爆弾)
B61-11は、旧ソ連の地下司令部攻撃用のB53という9メガトン(広島の約600倍)の核爆弾が古くなったので、それに代えるために開発されたものです。地中貫通型というと、地下深く潜って爆発するので、化学・生物兵器施設を破壊するが、その毒物や放射能は地上にでてこないというイメージがありますが、B61-11は、元々、少しでも地下に潜れば破壊力が増すという発想で開発されたもので、全面核戦争用の兵器です。B61-7は威力を4つのレベル(最高350キロトンまで)調整できるのですが、B61─11は、高い威力しか持っていないとNPRは述べています。エネルギー省は、B61とB83の2つの核爆弾に修正を加えて地中貫通型核兵器(RNEP)とするフィージビリティースタディーを2006年完結を目処に行う計画です。同省は、RNEPは、低威力を目指すものではなく、相当高い威力のものとなると説明しています。ロシアの新しい地下司令部用施設が南ウラルのコスビンスキーで稼働を始めたのが、地中貫通型核爆弾への関心の高まりの背景にあるのかもしれないとブレアーはいいます。
 周りに被害を及ぼさない「便利な」低威力の地下貫通型はできそうにもありません。B61-11は、ツンドラでの実験では2~3メートルしか潜っていません。コンクリートでも、6メートルほどしか潜りません。このぐらいの深さだと1キロトンの爆発でも、都市部だと数万人の死者が出てしまうとの計算がされています。しかも、この威力と深さでは、地下深くの施設自体は破壊できません。3メートルの長さの爆弾の場合、潜れるのは、物理的限度が、長さの10倍の30メートル。実際には、4倍の12メートル程度。放射能の噴出を防止するには、5キロトンの爆発でも200メートルの深さが必要です。
 5月に米国上下両院は、それぞれ、5キロトン未満の低威力の核兵器の研究を認めるが開発段階への移行を禁止する似たような法案を通過させました。(同一の文言ではないので近々上下両院協議会で調整する予定です。)実際に具体的な計画があるわけではなく予算も付いていませんから、上下両院協議会で、同様の法案が通過しても、実際の研究は先のこととなります。今回の許可を求めたのは、次のようなことを可能にするためだと政府は言っています。将来低威力の地中貫通型爆弾を開発すること。次世代の核兵器科学者やエンジニアを訓練すること。国際的安全保障環境における変化や所有核兵器の予測外の技術的問題に、迅速に断固として、対応することのできるような核兵器事業を再生すること。ブレアは、戦略司令部と核兵器研究所の両方が自己の延命のために新たな核兵器やその開発能力が米国の安全保障のために必要だと主張しているにすぎないと言います。「国防省の制服組で、[地中貫通型核兵器の]新しい必要性について、笑わずに語れるものがいたら、コーヒーをおごってやる」というのは、サンディア国立(核兵器)研究所元副所長のB・ピューリフォイです。http://gensuikin.org/nw/new_nw.htmより




こう考えることはできないだろうか。
アメリカはイラクの地下壕戦略で無意味だったバンカーバスターの開発に固執している。より大型の威力あるバンカーバスターを作ろうと尽力している。実はその背景に軍事目的以外で強力なバンカーバスターが必要だった。
例えば地下掘削を手早く処理するため。
例えば山岳地帯に巨大な横穴をあけるため。
例えば何千万人単位の人間が住み暮らせる広大な地下施設を作るため。
だからこそ、地中深く到達するバンカーバスターの開発に固執しているのではないだろうか?

続く・・・
関連記事
スポンサーサイト

Category:エリア51の妄想

comment(0trackback(0

エリア51周辺にある不可思議な地上絵。

2009/09/27/(Sun) 17:25

エリア51周辺の不可思議な地上絵。

ネバダ核実験場の地域にはエリア51が含まれている。エリア51は諸説あるが「墜落したUFOを運び込み、宇宙人と共同研究をしている」という風説が有名である。実際、基地周辺ではUFOらしき未確認飛行物体が頻繁に目撃されていると言われる。不法侵入は発見され次第射殺される。近辺での撮影も不可能に近いらしい。言うまでもなく国家機密エリアだが、そこはとにかく秘密が多い場所である。

六忙星のような図形

謎のトライアングル

謎のサークル

Xマーク

以上はhttp://x51.org/x/05/04/1948.phpからの引用。

箱舟?のような地上絵
http://maps.google.co.jp/maps?t=h&hl=ja&ie=UTF8&ll=37.43275,-116.853676&spn=0.046686,0.047894&z=14
http://maps.google.co.jp/maps?t=h&hl=ja&ie=UTF8&ll=37.36586,-116.829987&spn=0.046728,0.047894&z=14

ここはネリアボンビングレンジという爆撃目標地域であるがゆえ、わかり安いオブジェクトを並べたのかもしれない。しかし謎のトライアングル以外は爆撃痕はあまりないようだ。爆撃手が単に下手糞だっただろうか。
これらの地上絵は単に爆撃目標として存在しているのではなく、また別の目的で作られたと思わずにいられない。
関連記事

Category:エリア51の妄想

comment(0trackback(0

フォトン・ベルト~地球温暖化に隠されたせまりくる現実の恐怖~

2009/09/23/(Wed) 07:58

フォトン・ベルト~地球温暖化に隠されたせまりくる現実の恐怖~

2009年夏。民主党が政権交代を実現し、日本に明るい未来が訪れた、かに見えた。9月下旬、鳩山総理は国連気候変動首脳会合での演説で温室効果ガスの1990年比25%削減の中期目標を表明した。

これはまさしく愚の骨頂である。

昨今、世界規模で異常な環境変動が取りざたされているが、温室効果ガスを減らして元通りになるのなら、1990年比25%削減は是が非にでも目標達成すべきである。
目を向けるべきは温室効果ガスではない。
日本以外の国々が温室効果ガスの削減目標の提示には消極的であるのはなぜだろうか。温室効果ガスを削減したところで地球の環境変動には効果的でないのかもしれない。世界中がもしかしたらそのことを知っているのかもしれない。環境問題が改善されることなどありえないのである。

すべてはフォトン・ベルトの影響なのである。



フォトン・ベルト

http://www.y-asakawa.com/message/foton-beruto1.htm

1987年、地球はすでにフォトン・ベルトに突入していた?

地球を含む太陽系がこの巨大なドーナツ状のベルトの中に入り始めたのは、1987年の春分の前後頃だといわれている。昨今、地球上で発生している異常気象などの異変は、CO2などの温暖化ガスの影響ではなく、「フォトン・ベルト」との遭遇が最大の要因だということも考えられる。つまりすでに政治的イシューとなった「地球温暖化による環境問題」は「地球がフォトン・ベルトに突入し、到来した危機的状況」なのであって人類を含めた動植物の生存を脅かす極めて深刻な問題なのである。このあと、太陽系は次第に「フォトン・ベルト」の中心に進み、2012年の冬至に完全に「フォトン・ベルト」に突入した後は、2000年間は抜け出すことはないのだという。


フォトン・ベルトの影響

地磁気の減少状況を調査しているアメリカの地球物理学者J・M・ハーウッド博士やS・マリン博士たちは、2030年頃には地磁気がゼロになる可能性が高いという予測を発表しているほどだ。磁場の消滅が進むにつれ、地球を取り巻くバンアレン帯が消滅し始め、地上では降り注ぐ有害な太陽風や宇宙線から無防備の状態が出現する。その影響は動植物だけに限られたものではない。地球そのものにも大きな影響を及ぼすことになる。その結果、火山活動や地震は活発化し、氷山の溶解や海流の激変が発生してくることが考えられるが、現に、そうした変化が世界各地で頻発し始めている。


激増する異常気象

火山活動は1975年以来、地球全体で500パーセントも増加している。地震活動は1973年以来、地球全体で400パーセントも増加している。1963年から1993年の間で、地球上のあらゆる災害(台風やハリケーン、洪水、津波など) が410パーセントも増加している。さらに、この13年間で大気圧が300パーセントも増大していることが確認されている。


マヤ暦が予見するフォトン・ベルト

十六世紀よりもはるかに昔に作られ、いつごろ作られたのかも太古の靄に包まれているマヤのカレンダーは、グレゴリオ暦(1年を365日とし、4年ごとに閏年をおいて366日とする。ただし、400年間に3回ほど閏年とせず平年に戻す現行の太陽暦)よりもさらに正確なのだ。マヤ暦によれば一年は365.2420であり、一日あたり0.0002のマイナス誤差しかない。そればかりでなく、月が地球を周回する時間や、金星との会合周期についても驚くほど精緻な数値を有していた。これらのことを考えると、マヤ人は、「フォトン・ベルト」の存在と、それとの遭遇の時期を熟知していたのかもしれない。それを裏付けるのが、彼らが有していた、驚異的な長期カレンダーの存在と、歴史の一大転換日(2012年12月23日)の認識である。また、マヤの天文学では33年先の日食を正確に予想することが出来たし、火星や金星などの身近な惑星だけでなく、400光年も離れたプレアデス星団や双子座といった遙かな星々の動きにも精通していたのだ。


2012年12月23日に終わるカレンダー

マヤには365日の太陽暦と260日のツォルキン暦の二つの暦があり、彼らはその二つを組み合わせた、2万5640年を歴史のサイクルとする長期カレンダーを持っていた。それによると、現在は2万5640年を5等分した5128年単位の最後のサイクルにいることになっており、この5つ目のサイクルの始まりは紀元前3114年8月11日、終わりは2012年12月23日となっている。



「温暖化はフォトン・ベルトからきている。オーストラリアでは最高気温44℃を記録した。グリーンランドの氷が解け、ツンドラの永久凍土が解ける。同時に発生されるメタンガスも温暖化の一因である。NASAもそれを認識している。
だから世界の支配階級(エスタブリッシュメント=多国籍企業)は本当に恐れている。フォトン・ベルトは自然現象だから人智を結しても軌道修正できないしどうすることもできない、だからこそ本当に恐れているのだ。地球異常環境変動気候変動を環境問題とひとくくりにし温室効果ガスという悪役をあてがい黙っているのだ。
1991年7月、メキシコで皆既日食が七分間観察できた。実はこれをマヤ人は千年前に予測していた。世界がマヤ暦に注目しているのは、そんな確立した天文学を有していたマヤ人の頭脳が、千年以上前に地球をふくめた太陽系がフォトン・ベルトに突入する時期を予見し、長期カレンダーの終わりを2012年12月23日にした可能性を否定できないからである」 宇野正美講演会2006.01より
関連記事

テーマ:ブログ始めてみました。 ジャンル:

Category:エリア51の妄想

comment(1trackback(0

宇野正美講演会 2008/09/26

2009/09/14/(Mon) 01:28



04:40~ 驚愕してしまった。
関連記事

Category:未分類

comment(0trackback(0

ジェイ・えぴセンター氏の動画

2009/09/12/(Sat) 18:21



「ヒップホップが日本に来て25年になるが、その裾野が広がったときにファッションだけになってしまって社会情勢とか、本当に何かが起こっているときに全く分からないで踊っているだけ、みたいな。それでははっきりいうとヒップホップの本末転倒」

「世界は、非常に、危機に直面してますね。ここ三年くらい寝ているとき以外ほとんど調べ物に費やしてきて、調べてきましたけれど、そこから言えることは、世界は非常に危険であるということ」

「日本で味わっているほどの平和な世界は、この世の中どこにも無いということ」

「陰謀論うんぬんだって振りかざして来る輩がいるんで、はっきり言っておきたいんですけれど、これは陰謀論ではなくて真相論。世界は秘密結社で動かされているだとか、そういうことを言ってるんじゃなくて、調べて言ったらそういったも情報があまりにも多いので、それは一体なんなのか、という話をしているだけ」

「これから紹介するテーマを軸に調べていただきたい。そういうキーワードで一体何が議論されているのか、何が話題となっているのか、確実にそういう世界はありますし、日本人が知らないだけで、外国では普通にもうみんな分かっているようなことが多い」
関連記事

Category:未分類

comment(0trackback(0

猫セラピー

2009/09/12/(Sat) 17:40



00:19に注目。ロナウジーニョ的な動きが見られますw
関連記事

Category:癒し系ネコ動画

comment(0trackback(0

別に過去なんてどうだっていいことじゃない

2009/09/12/(Sat) 10:32

FRIDAY 9/25
この号では民主党ネガキャン二本掲載している。、
巻頭カラーページに小沢ガールズの一人、田中美絵子代議士のスクープ記事が載っていたわけだが…何が言いたいのかさっぱり分からない。

過去なんてどうでもいいじゃないか。
大事なのは、この先でしょうが。
未来を明るくすることでしょうが。
中卒、刺青、前歴持ちの小生でさえ理解していることなのに
高学歴で高名な出版社に勤めると、こんな簡単なことすら学べないのかね。
そもそも政治家としての資質を問おうとしているのなら、とにかくそんなことは国民に選ばれる前にやるべきじゃないだろうか?選挙の前にひとつの判断材料として提示するべきじゃないのか。

フライデー編集部ならびに講談社は今回の政権交代が明治維新に匹敵する大革命であることを理解しているのだろうか。

郵政300兆を悪魔主義者から護ってくれるかもしれない政権与党を貶めて、
日本国民のなんの利益があろうか。

インターナショナルやくざの傀儡政権自民党の犯罪を暴くことをなぜやろうとしないのか。
私欲に走った利権政治家に矛先を向けるべきではないのか。

下野したウンチョ政党のこれまでの利権政治を掘り返し、民主党に反面教師として提示する気はないのだろうか。
素人目からみても民主党の内乱を望んでいるとしか思えない。


フライデー襲撃事件

たけしはフライデー側に過度な取材に対し抗議し、説明と謝罪及び当事者の名前を明かすよう求めたが、同誌側は淡々と矛先をかわす姿勢を貫き、これらを拒否した(たけし側の主張)。これに怒ったたけしは「今から行ってやろうか」と通告、翌12月9日の深夜3時過ぎ、たけし及びたけし軍団関係者は、東京都文京区音羽にある講談社本館の同誌編集部を訪れた結果、暴行傷害事件へ発展した。



講談社は大塚署の隣にある。
なぜ、講談社はたけし側から通告があった時点で、隣にある大塚署に相談しなかったのか。
経緯から察しても講談社はたけしを挑発し、わざと襲撃させたとしか思えない。
影響力のあるたけしをメディアから抹殺しようとしていた、と思わずにいられない。

つづく。


関連記事

Category:時事総論

comment(0trackback(0

願い

2009/09/10/(Thu) 12:48

小学校の上のほうだったと思う。
ノストラダムスとかマヤ暦とか
予言や予知に興味を抱く、まあ反抗期に入ったばかりの小僧だった頃、漠然とだけど
四〇になる前に死ぬんだな
と思っていた。

二〇一三年。地球は滅亡する。

理由もわからない。原因もわからない。とにかくあの時、二十年以上の時間があるし、太く短く愉快に生きていこうと、漠然とだけど思っていた。

予定説を理解しがたい日本人。旧約聖書に記された最後の審判。ハルマゲドンは夢想劇。動機なき無差別テロに隠された真実。

二千十三年、地球は我等の手で守られん。
関連記事

Category:未分類

comment(0trackback(0

ホサレタわけ

2009/09/10/(Thu) 05:57

http://www.youtube.com/watch?v=SJsFE_4yr3M&feature=related&fmt=18
栗本信一郎氏がホサレタ訳。
金融、中東をオミットすることで事の本質から目をそらせようとしている風に思えてならない。
彼は番組の総括で911の真相を理解するうえでとても大事な部分に言及している。
関連記事

テーマ:ブログ始めてみました。 ジャンル:

Category:未分類

comment(0trackback(0

2009/09/09/(Wed) 10:52

学べる!!ニュースジョー!
http://youtubeowaraitv.blog32.fc2.com/blog-category-120.html

八月に入ってから興味深い内容を扱いだしたので注目していた矢先、最終回。
似た様なケースを思い出した。

その時歴史が動いだ
http://youtubeowaraitv.blog32.fc2.com/blog-category-28.html

八年の歴史あるNHKの看板番組が突然幕をおろした。
その後登場したNHKスペシャル・シリーズ JAPANデビューは
チャンネル桜をはじめ保守勢力に大バッシングに遭う。

まだ動画が残っていたならぜひ両番組が降板に至った経緯の類似性を検証してほしい。
関連記事

Category:未分類

comment(0trackback(0

啓示

2009/09/05/(Sat) 11:53

人種差別を肯定していた連中は
歴史を自由に作り変え武装をする。
神を創造した連中は、もちろん神を信じていない。
超現実主義の根底に優生学や選民思想があって
地球は人口増加で破壊されつつある。

神は願いかなえたもうた。
レフトビハインドが現実となり
あの連中は知らん振りをする。
関連記事

テーマ:ブログ始めてみました。 ジャンル:

Category:未分類

comment(0trackback(0

ニュースの偽装

2009/09/02/(Wed) 12:27

ニュースの疑問「アフガニスタン」
http://www.veoh.com/browse/videos/category/educational_and_howto/watch/v18978273wA9BmmgB#watch%3Dv18908953RjpH4ZKM

池上彰氏は偏向的なアナウンスをしている。
以下の点を注視してみてもらいたい。

○ アフガニスタンの国民の死者数についての言及
○ インテリジェンス組織の情報操作を否定できない可能性
○ 各国の軍隊が参加している、というか巻き込まれていること←平和をうたう国家の罪
○ コーランには「ジハード=聖戦=自爆」の道筋が存在しない、実はタリバンやアルカイダは911以前自爆テロなどしていなかったということ。
○ 軍や警察の犠牲者は自爆テロよりIDEのほうが多いこと

以上を踏まえれば違った見方がみえてくるはず。
後半は不勉強のため言及しない。
関連記事

テーマ:ブログ始めてみました。 ジャンル:

Category:未分類

comment(0trackback(0

愛国者の勝利。

2009/09/01/(Tue) 05:19

民主党おめでとう。
日本国民の一人として
心からわくわくしている。
未来は必ず良くなる!!

幸福実現党が当選ゼロで一安心。
公明党なんてプップップッ

原口一博氏と小林興起氏。
彼らの言説には日本への愛を感じる。
セルアウトし内乱目的で詭弁で論じる
一部を除いて民主党党員に期待したい。

奴等は金融リセッションで金をばらまけなかった。
こうなるとわかっていながら郵政350兆を逃すことになった。
ざまあみろ!

命の危険を感じたら、守るべきものがあるのなら、
即刻政治家をやめるべき。

石井さんと新井さんの仇を討ってください。
関連記事

テーマ:ブログ始めてみました。 ジャンル:

Category:時事総論

comment(0trackback(0


▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。