Home  > Tag > 陰謀論

『向こう6日間アジア太平洋地域で地震兵器の攻撃が続く』~ベンジャミン・フルフォードの予言が本当に起こっていた!?

2010/12/30(Thu) 02:27

2010年12月22日、小笠原諸島・父島近海を震源とする震度4の地震があった報じられた。



小笠原地震:太平洋プレートの内部が震源…気象庁
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20101222k0000e040012000c.html

 22日午前2時20分ごろ、東京都の小笠原諸島・父島近海を震源とする地震があり、父島や母島で震度4を観測した。気象庁によると、震源の深さは約10キロ、地震の規模を示すマグニチュード(M)は7.4と推定される。

 この地震で気象庁は小笠原諸島に津波警報を、東京都・伊豆諸島と静岡県、愛知県外海、三重県南部、和歌山、徳島、高知、宮崎各県、鹿児島県の種子島屋久島地方、同県の奄美諸島・トカラ列島に津波注意報を発令。東京都・八丈島で60センチ程度の津波が観測されたのをはじめ、午前3時前から同6時半ごろにかけて、和歌山県串本町や高知県室戸市など太平洋沿岸の各地で津波が観測された。警報や注意報は午前7時20分までにすべて解除された。

 気象庁の横山博文地震津波監視課長は記者会見で「記録が残る1923年以降、この地域で起こった震源の浅い地震としては最大規模。しばらくはM6クラスの余震が起き、津波が発生する可能性があるので注意が必要」と説明した。

 主な各地の震度は次の通り。

 震度4=東京都小笠原村

 震度2=東京都千代田区、国分寺市、岩手県矢巾町、宮城県石巻市、山形県中山町、福島市、茨城県常陸太田市、栃木県岩舟町、さいたま市大宮区、千葉市中央区、横浜市神奈川区、新潟県南魚沼市、山梨県忍野村など【飯田和樹】

 ◇
 気象庁によると、今回の地震の震源周辺は、太平洋プレート(岩板)がフィリピン海プレートの下に沈み込んでおり、地震の多発地帯に当たる。通常、二つのプレートの境界で大きな地震が発生することが多いが、今回は太平洋プレートの内部で起きた。北東-南西方向に引っ張る力が働いて断層が垂直方向に動く「正断層型」だった。

 東京大地震研究所の佐竹健治教授(地震学)は、プレートが沈み込み始める前の、海底の浅い場所で起きた「アウターライズ地震」と指摘する。「この地震がM7規模で起きることは、小笠原近海では珍しい」と話す。同種の地震では、三陸沿岸を中心に津波で3000人以上の死者・行方不明者が出た1933年の三陸沖地震(M8.1)などがある。【八田浩輔】

毎日新聞 2010年12月22日 10時19分(最終更新 12月22日 11時18分)
[転載ここまで]



小笠原諸島の地震が報じられた2010年12月22日、ベンジャミン・フルフォードがブログで意味深な記事を配信した。



12/22/2010
昨夜の地震について事前に知らせれた、向こう6日間アジア太平洋地域で地震兵器の攻撃が続く

2010年12月21日にCIAとMI6の両機関から「明日日本で地震が起こる」と言われた。彼らの予測通り小笠原諸島で震度7.4の地震があった。同じ情報源によると、これから6日間アジア太平洋の火山地帯で地震が続くと言われた。この攻撃はパパブッシュやロックフェラー勢力の命令で起きていうことだ。

新しい金融システムをめぐる交渉の一環としてこの攻撃が起きている。もしこれらの地震攻撃で大量の死者が出たならば、米連銀の持ち主たちへの暗殺命令が出ると秘密結社筋が警告している。この地震兵器はHAARPではなくWilhelm Reichが開発した機械によって起こされている。パパブッシュがReich氏を拷問して機械の作り方を教えてもらったとその情報源が言う。

また新金融システムに向けての準備としてOITCと名乗る世界の金融を監督している団体のトップR.C.Damや米連銀のハイレベルエージェントだと思われるSoush Sauorenがカンボジアで逮捕された。

http://www.phnompenhpost.com/index.php/2010122045522/National-news/pair-from-dubious-firm-charged.html

この逮捕は2009年イタリアで束縛された1345億ドルの債権を持っている日本人事件と深く関連している。この逮捕劇が欧米エリート層の粛正の前触れだと言われている。またペンタゴン筋によるとアメリカの秘密政府だと思われる外交評議委員会が近いうちに解散される。「アメリカには秘密政府が必要ない」とペンタゴンの幹部が言う。

Advance warning received about December 21st, 2010 7.4 magnitude earthquake in Japan, same sources warn of 6 days of earthquakes in Pacific ring of fire

Sources within both the CIA and MI6 called us December 21st warning of an imminent attack on Japan using an earthquake weapon. Just as they predicted, a series of earthquakes culminating with a 7.4 magnitude quake in Japan took place. They are saying a series of earthquakes is due to shake the Pacific ring of fire over the coming six days. The technology being used in this case is not HAARP but rather a technology George Bush Senior obtained by torturing Wilhelm Reich to death, the sources say.

The earthquake attacks are linked to the negotiations for a new financial system, the sources say. The move towards this system will be preceded by a major purge of the Western power elite, pentagon sources say.

The first step towards this took place with the arrest in Cambodia of R.C Dam and Soush Saouren, leaders of a fraudulent organization known as the OITC or Office of International Treasury Control.

http://www.phnompenhpost.com/index.php/2010122045522/National-news/pair-from-dubious-firm-charged.html

These arrests are the first in what is expected to be a major series of high profile arrests linked to the illegal detainment and seizure in June of 2010 of two Japanese equipped with diplomatic passports and carrying $134.5 billion worth of bonds. The bonds were stolen by Italian Treasury police agents working for the P2 Freemasonic Lodge. Senior Italian officials subsequently tried to cash the bonds with the UN, the government of China and with the US Senate Finance Committee.

Pentagon sources have also said that in relation to this the Council on Foreign Relations will be soon disbanded. “The US does not need a secret government,” they said. This will become major corporate media news starting in January and going on through August.

Posted at 12:25 | Permalink | Comments (29) | TrackBack (0)

http://benjaminfulford.typepad.com/
[転載ここまで]



※サムネイル画像はクリックで拡大。再クリックで閉じる。
2010-12-29 22-32-33
グーグルアースのキャプチャ画像の赤丸は地震計で丸の大きさで震度を表している。小笠原諸島の父島、母島近海に地震計がやたらと密集しているのが見て取れる。日本列島周辺を見ても、地震計がここまで密集しているのは小笠原諸島の父島近海だけである。

2010-12-29 22-28-22
ズームアップ。群発地震が発生しているのは父島、母島から東に100キロぐらい離れた位置になる。

2010-12-29 22-03-45
さらにズームアップ。続いて地震計のディテールを表示させてみる。

2010-12-30 1-44-16
2010/12/29 M4.8 震源深さ10㎞

2010-12-30 1-44-29
2010/12/24 M4.8 震源深さ10㎞

2010-12-30 1-44-46
2010/12/25 M4.8 震源深さ10.10㎞

2010-12-30 1-45-02
2010/12/23 M5.1 震源深さ10.60㎞

2010-12-30 1-45-14
2010/12/23 M4.9 震源深さ10㎞

2010-12-30 1-45-48
2010/12/22 M5.0 震源深さ9.50㎞

2010-12-30 1-42-51
2010/12/23 M5.1 震源深さ9.90㎞

2010-12-30 1-43-01
2010/12/23 M4.8 震源深さ10.20㎞

2010-12-30 1-43-13
2010/12/22 M6.3 震源深さ11㎞

2010-12-30 1-43-29
2010/12/25 M5.1 震源深さ10.60㎞

2010-12-30 1-43-44
2010/12/23 M5.0 震源深さ10.50㎞

2010-12-30 1-43-55
2010/12/23 M4.7 震源深さ10.10㎞

2010-12-30 1-40-58
2010/12/23 M5.2 震源深さ10.60㎞

2010-12-30 1-41-09
2010/12/25 M5.1 震源深さ10㎞

2010-12-30 1-41-44
2010/12/23 M5.0 震源深さ10㎞

2010-12-30 1-41-56
2010/12/26 M4.8 震源深さ10㎞

2010-12-30 1-42-07
2010/12/27 M4.4 震源深さ10㎞

2010-12-30 1-42-25
2010/12/25 M5.1 震源深さ28.40㎞


驚いたことに、これらの群衆地震は、そのほとんどが12月22日から29日にかけて発生しているのである。『これから6日間アジア太平洋の火山地帯で地震が続く』というCIAとMI6の情報通りの事が現実に起こっているのである。

日本の技術で地震予知ができるのは、現在のところ(場所)駿河湾付近からその沖合いを震源とする、(大きさ)マグニチュード8クラスのいわゆる「東海地震」だけだという。(※)気象庁が小笠原諸島・父島近海の群発地震を予知することは不可能ということになる。

ここまで短期間に地震が群発することなどあるのだろうか。CIAとMI6の情報による不可能な予知が現実のものとなった。ベンジャミンの見立て通り、地震兵器で小笠原の群発地震が引き起こされたとするならば、現日本政府は超科学兵器の恫喝にあっているということか。

関連記事

Tag:陰謀論 闇政府 人工地震 プロジェクト・カニキン 地下核実験 父島近海 宮城県三陸沖 震源深さ10㎞ 

Category:震源深さ10キロメートルの地震とTPPと311東日本大震災

comment(0trackback(0

似顔絵は3月21日に書かれ渡されたのだろうか1

2010/03/21(Sun) 22:14

※画像はクリックすると拡大、再度クリックすると閉じます。





これは市橋達也被告(30歳)がリンゼイ・アン・ホーカーさん(事件
当時22歳)に手渡したとされる似顔絵である。


Tatsuya
03-21-2007


似顔絵の下部にある市橋のサインと日付。
これが遺体発見五日前にリンゼイさんと初めて接触した論拠になっている。

20091112131853モザイク


先の画像のマスクされた部分には電話番号とメールアドレスが書かれている。


アドレスモザイク


Tatsuya Ichihashi
TEL
047-35*-723*
whi*****@hotmail.com


***


TEL番モザイク

03212007.jpeg


市橋達也の字体にはクセがある。きれいな整合性のあるクセに見える。数字は特に特徴的である。0や2や7などは全く同じかたちをしている。
では3はどうだろうか。次の画像で見比べてもらいたい。


032120072.jpeg
赤のアンダーラインの数字は3でなければいけない。だが他の二つの3にある下膨れの特徴が見られず、7や1に見えてしまう。1の参考として黄色で丸をしておいた。

TEL番2モザイク

047-35*-723*の二つの3と《03-21-2007》の3は果たして同一のだと言えるのだろうか。電話番号の二つの3は同じクセで書かれているが、日付の3に違和感を覚える。
3より1に見えないだろうか。


緑拡大日付


どっちだろう。
関連記事

テーマ:気になった事 ジャンル:ニュース

Tag:英国人女性殺害事件 陰謀論 

Category:リンゼイさん殺害事件・市橋容疑者の犯行ではないとした場合

comment(0trackback(0

日本航空123便ジャンボジェット機墜落事故のあれこれ

2010/02/28(Sun) 06:28

1985年8月12日、群馬県の御巣鷹山に日航機123便は墜落した。乗員乗客524名のうち520名、生存者は4名であった。

日本航空123便墜落事故 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%88%AA%E7%A9%BA123%E4%BE%BF%E5%A2%9C%E8%90%BD%E4%BA%8B%E6%95%85



『これまでこのブログでご紹介した事実を総合すると、(日本航空123便墜落事故の)その本質は軍事物資輸送を巡る日米ソを巻き込んだ軍事衝突であり、闇夜の戦闘の秘密、そして政治的弱みを抱えた日本国政府(あるいは裏政府・軍産複合体)が国民を欺くために仕組んだ壮大な虚構なのです。』


日本航空123便墜落事故をこう切り捨てているのは(新)日本の黒い霧というブログだ。事故から25年経てもなお、真相究明している稀有なブログである。ブログ管理人は御巣鷹の尾根に足を運び、ミサイルの信管や軍用ヘリの残骸を拾っては持ち帰り、正体不明の組織にストーキングされ、命の危険に晒されながらも『ただの墜落ではない』可能性を探っている。

このブログの注目すべき点は、コメント欄が『荒れて』きたことにある。とくに最近は荒れに荒れている。2チャンネルにこのブログのスレッドが立った事が原因らしいのだが、コメント欄を掲示板のごとく荒らされている。

神流川発電所に言及した記事のコメント数314。直近の記事には600以上もコメントがついている。コメントの内容を見れば、一目瞭然、中身のない誹謗中傷ばかりである。AA貼付けやコピペ連続投稿など幼稚な嫌がらせもある。組織的な・・・といえば少々大げさだが、数人のチームが手を変え品を変えIDを頻繁に変えてコメントしているのではないかと思われる節がある。記事のコメント全てに長文コピペを貼りつけていくという嫌がらせ以外の何者でもない職業的な臭がするものもある。とにかくタブーの領域に踏み込んでいるのは確かなことであろう。



2010/02/28
JAL123便墜落事故-真相を追う-蘇る亡霊(3) - (新) 日本の黒い霧 【コメント 314】
http://blog.goo.ne.jp/adoi/e/b7f115bafd76dc1af7477e0a1e74d391

JAL123便墜落事故-真相を追う-そしてミサイルは発射された(10) - (新) 日本の黒い霧 【コメント 711】
http://blog.goo.ne.jp/adoi/e/7e253755b1bff9adfda150f4933769b4

JAL123便墜落事故-真相を追う-折れなかった垂直尾翼(1) - (新) 日本の黒い霧 【コメント 298】
http://blog.goo.ne.jp/adoi/e/2ae393ac6bf8cc30807ba140c33183f8



***


■ 4、50人いた生存者

実は墜落当初生存者は4、50名ほどいたという。
「既に自衛隊員が7~80人、いや100人位は来ていました。それを見て、自分たちは一番乗りできなかったと思いましたね。同時に、事故犠牲者の呻き声が谷にこだまし、響き渡っているのがはっきりと聴こえました」
公式発表前(推定午前四時前後)に現場入りした地元民は証言する。
4、50名が生きていた?
奇跡的に四人が助かったのではない…
四人以外は殺された。
現場にいた自衛隊員は人命救助にあたらず、ヘリをホバリングさせて「何か」を回収していたという。
ちなみにレスキュー隊が墜落現場に到着したのは朝の八時半頃とされている。事故から日が出る前に100人位いたとされる自衛隊員は公には報じられていない。
4、50人いた生存者はどうなったと思いますか。質問者の問いに
「それはボクもずっと不思議に思っていたのですが、下山を開始する朝の5時過ぎ頃には、谷の呻き声がピタリと止んでいました。」
大勢いた生存者は四人以外死んでしまったのは事実である。


救出された日の午後3時過ぎ、夫と父と叔父が病室に入ってきました。私は「四人しか・・・・・」と口にしたのですが、夫はすぐに「しゃべらなくていいから」といいました。(生存者の一人・落合由美さんの証言より)



JAL123便墜落事故-真相を追う- 闇夜に蠢くもの(4) - (新) 日本の黒い霧
http://blog.goo.ne.jp/adoi/e/9218d78bddf9f12a9d7bdc8ebec1c10a

日航機墜落事故 東京-大阪123便 新聞見出しに見る25年間の記録
http://www.goennet.ne.jp/~hohri/n-index.htm



***


■ グリコ森永事件と日航機墜落事故

怪人21面相のグリコ森永事件は昭和を代表する未解決事件であるが、1985年8月のJAL123便が御巣鷹の尾根に墜落した日に実は解決していたと見るむきがある。事故と同じ日に「くいもんの 会社 いびるの もお やめや…悪党人生 おもろいで」と、怪人21面相が犯行終結宣言しているのだ。
同便にはハウス食品の社長が乗っていた。
ハウス食品は森永製菓、江崎グリコ、丸大食品などと一緒に怪人21面相に脅迫された会社であった。
怪人21面相から犯行終結宣言を夕刊で見て、ハウス食品当時社長の浦上郁夫氏は先代の墓前に報告するために、JAL123便に乗り合わせたのだという。
グリコ森永事件の黒幕が撃墜予定のジャンボ旅客機に誘い込んだとも言えるのではないだろうか。

当日午後八時過ぎ。トップテンは番組を中断して事故を伝えた。トップテンは江崎グリコが提供する番組であった。これは偶然ではない。江崎グリコ社長に向けてのメッセージであると考えている。江崎グリコ社長は一連の事件の端緒となった誘拐事件で唯一犯人と接触した人物であった。事件は終わった…もう何も穿り返すな…1985年8月12日の終結宣言は日航機墜落事故の520名の犠牲と機体の残骸をもってなしたのだろうか。以後怪人21面相からの脅迫はピタリと止み、2000年2月13日午前零時に時効が成立。事件は未解決事件に名を残すことになる。

事件のキーマンであるハウス食品、当時社長の浦上郁夫氏は御巣鷹の尾根に撃墜されたジャンボ旅客機に搭乗したことで永遠に口を塞がれた。



YouTube - 日航ジャンボ機墜落事故 - Japan Airlines Flight 123 (HQ)
http://www.youtube.com/watch?v=2l7RoQUVJL0

グリコ・森永事件 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%83%BB%E6%A3%AE%E6%B0%B8%E4%BA%8B%E4%BB%B6

浦上郁夫 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%A6%E4%B8%8A%E9%83%81%E5%A4%AB



***


■ 「ワールド・フォーラム」代表の佐宗邦皇氏 死の直前に語った事故の真相

2009年8月の月例会の途中、元日本航空の佐宗邦皇氏が急逝した。倒れる直前、『天皇の金塊』の著者、高橋五郎の質疑応答で日本航空123便ジャンボジェット機墜落事故の話題があがったとき、佐宗氏は事故の真相に触れた。

「現場を見ればわかるんです。映像も見ました。僕は元々日本航空でしたから。この問題はかなり詳しく、自分なりに研究したんですね。最後は、まあ、米軍機に核ミサイルで撃墜されているんですけれども、中性子爆弾の空対空ミサイルだった可能性があるんですね。空中で一回胴体がぽきっと折れているんです。確かに空中でキノコ雲が発して、真っ黒な。それはいろんな角度から確認されているんですね。
隔壁が原因というのは嘘なんですね、尾翼に無人偵察機が突き刺さった状態で、米軍の横田基地に向かって着陸体勢に入っていたんです。ところが、着陸寸前に(米軍側から)着陸を拒否された。
その指令がどこからきているのかが問題。私は中曽根総理(当時)から出ていると見ている。それで横田基地への着陸を認めないから、飛行機はずっと御巣鷹まで追い込まれた(以下略)」

元JAL勤務の佐宗氏の話は事件の当事者だからこそ、ただ単に墜落したわけではないことが現実味を帯びている。



YouTube - 「御巣鷹山の真相について」佐宗邦皇代表WF200908例会
http://www.youtube.com/watch?v=Y-rbgPbmmTo

関連記事

Tag:陰謀論 

Category:考察シリーズ

comment(0trackback(0

新型インフル薬害とアジェンダの解説・検証用

2009/11/28(Sat) 12:17

「先生~ネットでこんなの見たんですけど」ネットブックを先生に見せる。


http://www.youtube.com/watch?v=JhbhqEJ901Y

「ユーチューブか?こんなの真に受けるなよ」肩をポンと叩き教室を出る先生。



残りの9シーンは↓↓↓

http://www.youtube.com/watch?v=1PNjLmopJF4&feature=quicklist&playnext=1&playnext_from=QL



現在進行形である対テロ戦争がロッキングフェラ組織の謀略であることを示唆そた故アーロン・ロッソへインタビューしていたのが彼、アレックスジョーンズなのだが、十代二十代のメンタリティーでアレックス・ジョーンズの言説が受け入れられるのだろうか。

ある程度予備知識がなければ、こんな馬鹿げた話を感情込めて話す外人を見ていたって面白くない。すぐにPSPを取り出しゲームに興じるだろう。携帯電話を取り出しモバゲーかメールをしだすだろう。



実際、こんな話は至極馬鹿げている。



今、あらためて事実を拾えば、アーロン・ロッソのインタビューは予見的であるのは揺るぎない事実だ。彼は預言者ではなく、知人のネイサンロッキングフェラと話した内容をアレックスジョーンズに話しているだけだ。それともネイサンロッキングフェラを貶めようとしているだけだろうか。それは確かめようがない。



テレビメディアの洗脳技術はすでに確立されている。

どのテレビ局も芸能・スポーツ・クイズでびっしりじゃないか。





とにかくテレビは政治や戦争、日本が不利益を被った事象から目を逸らさせるためにあらゆる策を講じる。

例えば一人の俳優とアイドル夫妻の同じような事件を同時期に発表させたのは政権交代を賭した2009.08.31の衆議院解散総選挙の投票率を落とそうとしたからだろう? 各メディア、キー局、雑誌等々必死だったことを思い出してほしい。

極めつけは確か選挙の当日か前日の話である。

『インフルエンザが酷いからあまり外出しないように』厚生労働省のマスゾーエ大臣がニュースでそう呼びかけていたではないか。
選挙当日の朝に降り出した雨さえ投票率を下げるため奥の手を使った姑息な気象操作なのではないかと思ってしまう。




テレビの番組表はこの三ジャンルでびっしりだ。どのメディアもイラク100万虐殺の悲劇を報じない。恣意的な解説でストレイトニュースさえ捻じ曲げられる。これも事実である。



hatajinan.blog61.fc2.com

(関連)
カテゴリー:新型インフル
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-category-25.html

関連記事

テーマ:許されない出来事 ジャンル:ニュース

Tag:陰謀論 動画 ツァイトガイスト 

Category:ツァストガイスト~時代の精神~

comment(0trackback(0

カッパドキアと2012

2009/11/27(Fri) 12:18

フォトンベルトの到来により人類は滅亡する。あるいは第三次世界大戦(ヌーク・ウォー)が勃発し、地球上の生命が根絶される。最近頻繁に『2012』という映画の宣伝を目にするが、ディアフタートゥモローと同じく人類は地球上に住めなくなることを示唆している風に思えてしかたがない。


本心を言えば、そこまでネガティブには考えていない。ただその可能性が少しでもあるならば追求したくなる。それが知的好奇心というものだと理解している。


地球が終わってしまったら人類はどこにいけば良いのだろうか。宇宙に出て生存できる星を探すか、地下に潜るしかない。前者はバンアレン帯の放射線を防護する技術が今の科学では確立されていないため人類が大気圏外に出られないことが判明している。現時点では不可能である。もちろんアポロが捏造、人類は月に行っていないことが前提にあるが。


となると選択肢は後者しかない。死の星と化した地球に住み続けるには地下に潜るしかないということだ。


≪エリア51には強大な地下帝国がある≫


エリア51を含めたネリスエアフォースレンジ内で何十年もの間放置してあった地下核実験の跡をシールドトンネルで結んだ地下都市建設を当ブログで妄想してきたのだが、そのモデルとなる地下都市はトルコにあった。



謎の地下帝国 カッパドキア
《封印陰謀ミステリー 漫画実話ナックルズ増刊》

(抜粋)
ちなみにカッパドキアには地下都市もあり、ヒッタイトの時代から奇岩の中だけでなく地中でも人々は暮らしていた。
その地下都市は4世紀以降、迫害されたキリスト教徒が逃れるように住みついて規模が拡大。中でも最も多いデリンクユの地下都市には最盛期で40000人、カイマクルの地下都市には20000人が生活。大小300か所ほどある地下都市を合わせると120000人以上が住んでいたという。

地下都市の内部には住居をはじめ、教会や学校、食堂など都市機能が備わっており、喚起のための通気口も完備。地下何層にもわたって街が造られ、オズコナックの地下都市に至っては地下19階まで掘られている。しかも、都市間は地下通路によって結ばれ、張り巡らされた通路の総距離は100㎞以上。ただし、現在分かっている以外にもまだ多くの地下都市が眠っているといわれ、詳しい実態は未だ把握できていないという。
(抜粋おわり)



迫害されたキリスト教徒とは"表向きはキリスト教、裏で悪魔を信仰するバリサイ派ユダヤ"のことではないだろうか、と妄想してしまう。神(悪魔)に選ばれた民であると考える彼らは混血をさけるあまり、あるいは宗教儀式を誰の目にも触れさせないために、地下都市を築いたのではないだろうか。


1000年以上前に培った経験と技術と知恵をエリア51の地下都市に応用しているのではないだろうか。


常時厳重警戒体制が敷かれているネバダの広大なエリアに地下都市を作っているとしたら、さかのぼれば組織はカッパドキアにつながっていくような気がしてならない。


1000億ドルという膨大な資金と22年間を費やしたユッカマウンテンの核廃棄物施設処理場が白紙になったこと。このことを日本で考えれば八ッ場ダムどころの騒ぎではないのは容易に想像できる。
包括的核実験禁止条約 (CTBT)締結後もネリスエアフォースレンジで臨界前核実験の故意的な事故による地下核爆発が発生した可能性があること。その時は放射線が発生しない純粋水爆が使われたのだろう。フォールアウトは発生しないし、数日経てばガイガーカウンターも反応しない。地震波の記録だけはちゃんと残っているのだが。


カッパドキアはピラミッドと並ぶ世界七不思議のひとつとされている。
人類の生存繁栄に太陽は不可欠とされる現代の科学では不思議であるには違いない。
氷河期が到来しても、人類は地下での生存繁栄は可能である。
遥昔にそれが証明されていたといえないだろうか。


hatajinan.blog61.fc2.com

more...

関連記事

テーマ:伝えたい事 ジャンル:

Tag:エリア51 フォトンベルト 2012年問題 陰謀論 闇政府 

Category:エリア51の妄想

comment(0trackback(0

悪魔の地球支配21カ条

2009/11/13(Fri) 04:48

悪魔の地球支配21カ条
http://elbaal.hp.infoseek.co.jp/olympians21.htm


第1条
300人委員会の指揮のもと、ワン・ワールド教会と財政制度を統一し、ワン・ワールド政府=新世界秩序を確立する。


第2条
国民国家のアイデンティティーと誇りを完全に粉砕する。


第3条
世界の大宗教、特にキリスト教の壊滅を計画し、実行する。唯一自分たちの宗教だけを認める。


第4条
マインドコントロールやブレジンスキーが提唱する「テクネトロニック(Technetoronic)」によって、人間を管理、コントロールする手段を確立する。


第5条
脱工業化ゼロ成長政策に基づき、すべての工業化と核エネルギーによる電力供給を廃止する。


第6条
ドラッグの使用を奨励し、最終的には合法化し、ポルノを芸術として認めさせ、最終的には日常的なものにする。


第7条
カンボジアのポル・ポト政権が実行した実験(注1)を応用し、大都市の人口を激減させる。


第8条
科学の発達は、300人委員会が必要と見なすものを除いて一切抑制する。


第9条
先進国に局地的な戦争を起こし、第3国に飢きんと病気を広めることによって2050年までに彼らの言う30憶の人々の「むだ食いの人々(ユースレス・イーターズ)」を殺す。


第10条
膨大な失業者を生み出し、国全体の道徳心を低下させ、労働者の生産意欲を失わせる。最終的には家族という共同体を根底から揺るがして破壊するでしょう。


第11条
意図的に危機的状況を次々に起こし、それを操作、管理して、自分たちを除く全人類が自らの運命に対して無力感しか持ち得ないようにする。


第12条
新たな「破壊カルト」を増産し続け、すでに役目を果たしている連中のあと押しをする。


第13条
イギリス東インド会社(BEIC)に奉仕するダービー卿が始めた、キリスト教根本主義(ファンダメンタリズム)の信仰の後押しをし続ける。


第14条
ムスリム同胞団やイスラム原理主義、シーク教などの宗教的・破壊的カルト・グループを圧迫し、ジム・ジョーンズと「サムの息子(注2)」型のマインドコントロールの実験をする。信教の自由という思潮を世界に輸出し、既存の真摯な宗教、キリスト教の根底を揺るがす。


第15条
信教の自由という思潮を世界に輸出し、既存の真摯な宗教、キリスト教の根底を揺るがす。


第16条
世界の経済を完全に崩壊させ、政治的混乱を生じさせる。


第17条
アメリカの内外政策をコントロールする。


第18条
国際連合(UN)や国際通貨基金(IMF)、国際決済銀行(BIS)、国際司法裁判所のような超国家的制度を強化し、300人委員会の目的の障害となる局地的な機関に対しては段階的に廃止させたり、国連の影響下に置いてその効力をできるだけ弱める。


第19条
すべての政府中枢に侵入し、打倒し、政府が代表する国家主権を内奥から破壊する。


第20条
世界的テロリスト・グループを組織し、テロ活動が起きた際テロリスト当事者の交渉に介入する。


第21条
アメリカおよび世界各国の教育をコントロールし、完全に破壊する。




(注1)ポル・ポト政権の実験
ポル・ポト政権は、「腐ったリンゴは、箱ごと捨てなくてはならない」と唱えて、政治的反対者を弾圧した。通貨は廃止され私財は没収され、教育は公立学校で終了した。更に国民は「旧人民」と「新人民」に区分され、長期間クメール・ルージュの構成員だった「旧人民」は共同体で配給を受け自ら食料を栽培できたが、プノンペン陥落後に都市から強制移住された新参者の「新人民」はたえず反革命の嫌疑がかけられ粛清の対象とされた。「新人民」は、「サハコー」と呼ばれる生産共同体へ送り込まれ、劣悪な環境と過酷な強制労働に駆り出された。彼らの監視に当てられたのは「旧人民」であり、密偵という集団はポル・ポトから「敵を探せ」と命じられていた。しかし、当初こそ特権的な暮らしを享受した「旧人民」も農村に人口が流入すると食糧不足により、「新人民」同様働かされるようになったという。このような労働者は、報酬も無く食料も満足に与えられなかった。病気ですら病院に行っても医師は皆粛清されているため、なかなか治らず仮病と疑われた。こうした過酷な労働と、栄養失調、飢餓により多くの者が生命を落とした。
(中略)
ポル・ポト政権下での内戦およびベトナム軍の侵攻による死傷者数は議論されている。ベトナムが支援するヘン・サムリン政権は1975年から1979年の間の死者数を300万とした。(これはのちに下方修正された)ポンチャウド神父は230万とするが、これはクメール・ルージュが政権奪取する以前の死者を含む。イェール大学・カンボジア人大量虐殺プロジェクトは170万、アムネスティ・インターナショナルは140万、アメリカ国務省は120万と概算するがこれらの数字には内戦時代の戦闘や米軍の空爆による死者は含まれない。フィンランド政府の調査団によれば内戦と空爆による死者が60万人・ポルポト政権奪取後の死者が100万人とする。 当事者による推定ではキュー・サムファンは100万人、ポル・ポトは80万人である。(ポル・ポト政権 ウィキペディア)


(注2)サムの息子
1976年から1977年にかけて、ニューヨークで若い女性やカップルら13人を44口径の拳銃やショットガンで銃撃(一人は刃物で刺)して6人を殺害し、8人に重軽傷を負わせた。被害者に性的暴行を加えておらず、金品も奪わなかったが「サムの息子(Son of Sam)」 という名でマスコミや警察に支離滅裂な内容の手紙を送りつけ、町を恐怖のどん底に突き落とした。逮捕後、殺人とともに2000件の放火を自供、その模様を詳しく記録していた。裁判では、弁護側は精神異常による無罪を主張したが、陪審は有罪を評決し、懲役365年となった(ニューヨーク州に死刑がなかったため)。現在も模範囚として服役している。(デビッド・バーコウィッツ ウィキペディア)


300人委員会(オリンピアンズ)
http://elbaal.hp.infoseek.co.jp/olympians.htm



hatajinan.blog61.fc2.com


関連記事

テーマ:知ってほしいこと。 ジャンル:

Tag:陰謀論 闇政府 ツァイトガイスト 参照資料 

Category:未分類

comment(0trackback(0

新型インフルエンザワクチンの副作用には、不妊化作用がある?

2009/11/12(Thu) 10:59

新型インフルエンザワクチンの副作用には、不妊化作用がある?
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5395816.html


(質問・タイトル)
新型インフルエンザワクチンの副作用には、不妊化作用がある?
質問投稿日時:09/10/25 18:23

(質問・本文)
インフルエンザワクチンH1N1と不妊化ワクチンの類似性があるらしいとの噂をWEB上で見ました。

新型インフルエンザワクチンの中には「MF-59アジュバント」と言う物質が入っている。

この物質「MF-59アジュバント」の祖先は、そもそもペットを不妊にすることが目的で作られた「1998年のペット用ワクチン」に仕込まれた「アジュバント-9」であったという。
このペット用の「アジュバント-9」を人間用に開発したものが「MF-59アジュバント」である。

やばい気がするのは私だけ?
(質問・本文終わり)


(この問いに対する回答)
回答日時:09/10/29 01:37
以下のサイトが一番纏まっているのではないでしょうか。

?http://mblog.excite.co.jp/user/quasimoto/entry/detail/?id=11210550?

因みに、多くの人達は一笑にふすかもしれませんが、意図的な人口削減計画と製薬会社の利益追求が一致したのでしょう。

旧ミドリ十字による血液製剤の肝炎汚染等もそうですが、医薬品会社は人が何人死のうがお構い無しの連中です。信用する方が馬鹿です。
もし今回のワクチンで不妊化しても、我々庶民にはそれを立証する手段も時間もお金もありません。所詮使い捨てのモルモットなのです。

自分の命は自分でしか守れないということを肝に銘じながら生きてください。
(回答終わり)


「新型インフルエンザ・ワクチン」は断種ワクチンだった!
http://mblog.excite.co.jp/user/quasimoto/entry/detail/?id=11210550

(引用)
このノバーティスのワクチンには「アジュバント MF-59(Adguvant MF-59)」というタンパク質が仕込まれている。実はこれが曲者だった。今回の「インフルエンザ騒動」の最大の瞬間はこのタンパク質を人々に注入することである。
この「アジュバント MF-59(Adguvant MF-59)」は、ノバーティス社のホームページの説明では、ほとんど無害、これほどまでにすばらしい抗ウィルス剤はないというふれこみである(同様に、欧米の権威の前には無力な「日本生物科学研究所[外部リンク]」でもこれに同調している。
この物質「アジュバント MF-59(Adguvant MF-59)」の祖先は、そもそもペットを不妊にすることが目的で作られた「1998年のペット用ワクチン」に仕込まれた「アジュバント-9」であったという。このペット用の「アジュバント-9(Adguvant 9)」を人間用に開発したものが「アジュバント MF-59(Adguvant MF-59)」である。
この物質の副作用の詳細は分かっていないが、ワクチン接種した動物を永久に不妊症にすることだけは確かであるようだ。
(引用終わり」


もちろん人間も動物のうち・・・!?


輸入ワクチンはとりあえず廃棄処分してノバルティス社との契約は反故するべし!

子供が不妊化する可能性が幾ばくでもあるならば、親はワクチン接種当日わざと休ませるとかして対応するべきだ。
四日寝れば治るんだから、得体のしれない物を身体に入れない方が得策。


とりあえず世論を落ち着かせたいなら国産ワクチン主体にかじ取りするべき。
もちろん、国産ワクチンでさえ100%大丈夫とはいえないのが現状。


新型ワクチン接種、成人は原則1回…厚労省方針
11月11日20時50分配信 読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091111-00000169-jij-soci

今回の方針転換で、約1200万回分の国産ワクチンの余裕が生まれる計算となる。来年1月以降に予定されている小学4~6年生や中学生の接種時期が前倒しになるほか、輸入ワクチンの使用が前提となっている高校生や健康な高齢者にも国産ワクチンが回る可能性が高い。
(抜粋)


(ボヤき)
恐ろしいことに高校生が輸入ワクチン使用が前提だったという。
国産ワクチンも眉唾だが永久に不妊化されるよりはまし。

2016オリンピック招致が決まったリオディジャネイロ。
ブラジルの知人が『治安向上を目論む警察権力が毎日10人以上虐殺している』と嘆いていた。
おーこわ。



hatajinan.blog61.fc2.com

関連記事

テーマ:知ってほしいこと。 ジャンル:

Tag:陰謀論 

Category:新型インフル

comment(0trackback(0

天才機能脳科学者、苫米地英人博士の遺言状DVD・広告ページの全文

2009/11/05(Thu) 06:53

天才機能脳科学者、苫米地英夫博士がとうとう腹をくくったらしい。
内容は口外厳禁。死を賭して何を語る?
値段は48300円(!!)。
さらに予告なしに値上げ断行w

資本主義を否定しているだからタダで配ればいいのに。
某番組で「研究に金が必要」と言い訳していたが。

苫米地英人
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8B%AB%E7%B1%B3%E5%9C%B0%E8%8B%B1%E4%BA%BA

苫米地英人博士のオフィシャルブログ
http://www.tomabechi.jp/




バーチャルDr.苫米地ワークスシリーズ
洗脳支配による
世界統一政府と陰謀の真実
苫米地英人博士による陰謀論のからくりと経済支配を超越する理論~

http://www.otakulaboratories.com/lumiere/index.php


苫米地英人博士の遺言状
「この講義は、私の学者生命をかけておこなった真実の講義です。
本当に差別のないフェアな世界を実現するために、
私はこの講義で不可知の事実を語ることを決心しました」


この世界では、真実を語る者は、闇の勢力によっていつも消されてきた。

多くの政治家、財界人、ジャーナリスト、芸術家・・・。

彼らはこの世界を、ただ平和な世界にしたかっただけである。

差別のない平等な世界にしたかっただけである。

彼らは人類のために真実を語ろうとした。

世界を覆う闇のメカニズムの恐るべき真実を。

そして彼らの命は、不可解な事故や自殺によって消えていった・・・。

この講義は、苫米地英人博士の命がけの講義である。

世界を股にかけて活躍する機能脳科学者でしか知りえなかった不可知の事実。

大衆を洗脳し続けてきた闇のメカニズム。

苫米地英人博士が命がけであなたにこの真実を伝えます。


「最終目標である世界政府に到達するためには、
大規模の独占、莫大な富の蓄積が必要とされるだろう」
ロスチャイルド世界革命行動計画

「我々が一度でも通貨の発行を任せてしまったなら銀行・企業は強大になり
人々の住む家までも奪い尽くすようになるだろう」
トーマス・ジェファソン大統領

「(FRB法案可決は)米国史上最悪の政府による犯罪だ」
リンドバーグ議員

「騙されてFRB法案に署名した。私はうっかりしてこの国を滅亡させてしまった」
ウッドロー・ウィルソン大統領

「私に一国の通貨の発行権と管理権を与えよ。
そうすれば、誰が法律を作ろうと、そんなことはどうでも良い」
マイヤー・アムシェル・ロスチャイルド


エイブラハム・リンカーン大統領
大統領権限による法廷紙幣を発行
1865年 暗殺

ジョン・F・ケネディ大統領
大統領令11110による政府紙幣を発行
1963年 暗殺


真実はいつも隠されてきた。
大衆は洗脳され、奴隷のような生涯を送った。

その洗脳支配の歴史は今も続いている。
事実は隠蔽され、大衆は搾取され続けている。
しかし、一部の人々は気づきかけている。

あなたは、真実を知りたいと思う。
この漠然とした違和感、底知れぬ不安感は何なのだろうと。

あなたはニュースを見るだろう。
ゲームのような戦争、映画のようなテロリズム・・・
しかし、そこに本当の真実はあるのだろうか。

あなたは新聞を読むだろう。
知識人といわれる人間たちが書く多くの分析・・・
しかし、そこにあなたの知りたい事実はあるのだろうか。

あなたは気づきかけている。
そこには加工された情報しかないことを。
そしてその加工された情報こそが、洗脳支配のための手段であったことを。


あなたは、真実を知りたいと思う。


あなたは書籍を探すだろう。
インターネットの情報を検索するだろう。

そこにはあらゆる情報が開示されている。
あなたは漠然とした恐怖を解消するために
それらの情報を貪るようにインプットするだろう。

しかし、あなたは間もなく気づく。
情報のカオスによって、以前よりもより混乱し不安になっている自分に。

これは妄想なのか。
憶測なのか。
根拠のない噂なのか。
それとも、私の知りたい真実なのか・・・

あなたはカオスの中から、本当の真実を探り当てなければならない。

2次情報、3次情報ではなく妄想や空想でもない、本当の真実の姿を。

しかし、それは極めて困難だろう。

こんなに混乱するなら何も知らなければよかったと、
再びあなたは洗脳支配の渦の中にみ込まれてしまうかもしれない・・・

支配者の意図した通りに・・・


あのロックフェラービル買収の中心人物として
デイビッド・ロックフェラーとも交遊のあった人物。

コンピューターサイエンスのトッププログラマーとして
米軍や米政府、ウォール街に豊富な人脈を持つ人物。

脱洗脳のスペシャリストとして世界の政府を相手に仕事を請け負う人物。

機能脳科学者 苫米地英人博士

苫米地英人博士しか知りえなかった真実がここにはあります。
書籍やインターネットなどで流布されている情報には、
妄想や伝聞などが多く含まれています。
それらを伝えている人たちの情報のソースが、2次情報や3次情報だからです。
また、それらの情報の中には明らかな病的妄想が含まれていることもあります。


しかし、苫米地英人博士の情報は、
苫米地英人博士が直接アメリカの支配者層との交遊関係の中で得てきた
生の情報です。

このような情報は、圧倒的な説得力があるがゆえに、
決して公開されたことはありませんでした。
なぜなら、公開には大変なリスク、場合によっては命の危険もあるからです。


しかし、苫米地博士は
この世界を本当にフェアな世界にするために、
真実の情報をあなたに伝える決心をしました。

あなたがこの講義を観ることによって

◆ 隠蔽されてきた驚愕の真実を知ることになるでしょう。
◆ 洗脳支配の手段として使われているメディアの情報の裏を読むことができ、洗脳支配されなくなるでしょう。
◆ 未来を予見できるようになり、不測の事態に対処できる精神的な強さを得ることができるでしょう。
◆ 大局的な視点から経済予測ができるようになり、資産運用に役に立つでしょう。
◆ 政界における陰謀を知ることで、洗脳支配から脱し、正しい政策や正しいリーダーを選ぶことができるようになるでしょう。
◆ 信憑性のある世界の真実を知ることで、漠然とした違和感や不安、恐怖心が解消されるでしょう。

苫米地博士の講義の内容は

■ 陰謀は本当にあるのか?陰謀の本当の定義
■ オバマはすでに選ばれていた?アメリカ大統領選のからくり
■ オバマを選んだのは一体どういう人たちなのか?
■ 日本の政治権力と恐るべき陰謀
■ オバマが選ばれた驚愕の理由
■ フリーメーソンとは何か?
■ フリーメーソンに伝わる秘密の儀式
■ シークレットソサイエティとは何か?
■ 現代にもシークレットソサエティはある
■ ロスチャイルドとは何か?
■ わかりやすい銀行業の起源と歴史
■ 紙幣の起源と金融の恐るべきからくり
■ FRB(連邦準備銀行)の存在
■ アメリカ所得税の恐るべき陰謀
■ 日本人は奴隷の奴隷である
■ ジョン・F・ケネディが暗殺された本当の理由
■ 世界を統一するための最終手段が行使されようとしている
■ ドルの復権の可能性
■ 米カジノ経済とヘッジファンドのからくり
■ CDSのからくりとこれまで表に出なかった恐るべき詐欺行為
■ 日本の経済力のポテンシャル
■ ダボス会議は日本で開催せよ!
■ 日本は世界に○○○○を起こせ!
■ 真の労働者革命とは?
■ 苫米地英人博士が提案する、世界が平等になるための驚くべき唯一の方法


もしあなたが、
直接このような生の情報を手に入れたいと思ったら、どうするでしょう。
海外に行って、世界の支配者たちが参加するパーティーに出席するでしょうか。
金融の業界に潜入し、金融を支配している一部の人間たちと交遊を持ち、
情報を聞き出すでしょうか。

いずれにせよ、直接そのような情報に触れるのは極めて難しいことでしょう。
そのためには莫大なコストもかかることでしょう。

しかし、あなたが世界の本当の真実を知りたいなら、
そのようなコストをかけなくてもいいのです。
なぜなら、苫米地英人博士が、
このような情報に直接触れた人物としては世界で初めて、
真実の情報を講義としてあなたに伝えてくれるからです。

もし、あなたが、インターネットに流れる根拠のない情報で満足するなら、
決してこの講義は聴かないでください。
苫米地英人博士の命がけの講義です。
したがって、本当に真実を知りたい人だけにこの講義を観て頂きたいのです。

そして、この講義の内容を絶対に誰にも口外しないことを
約束して頂きたいのです。
大変なリスクを伴ってこの講義をDVDにしました。
したがって、このDVDが発売中止になる可能性は、
これまでのDVD作品以上に極めて高いことをお伝えさせて頂きます。

また、講義の中で極めて危険性の高い発言に関しては、
音声を一部だけカットする編集をさせて頂いております。
これは、苫米地英人博士の身の安全を守るためであり、
この講義をなるべく多くの方に観て頂くためにも、
そうせざるを得ないことでした。

このような事情の元で発売されるこのDVD作品は、大変なリスクを伴うため、
価格を48,300円(税込)とさせて頂きます。


また、予告なく値上げをさせて頂く可能性が高いことも
予めお伝えさせて頂きます。

さらに、苫米地英人博士監修
「お金のシークレットブック」が付属します。

この「お金のシークレットブック」は、この講義の中で苫米地英人博士が話す
様々なテーマに関係する写真や図版などを網羅した資料と、
苫米地英人博士による極秘情報が記載されています。
講義に関係する写真などを掲載することには大変なリスクが伴うため、
この「お金のシークレットブック」は回収を余儀なくされる可能性もあります。
それでもなお、講義の内容をより深く理解して頂くために、
あえて写真や図版を掲載することにしました。
また、この「お金のシークレットブック」には、
さりげない形で大変重要な極秘情報も織り込まれています。
わかる人には、大変なリスクを伴う行為であることを理解して頂けるでしょう。
しかし、今回の講義は、苫米地英人博士の命がけの講義です。
したがって、「お金のシークレッドブック」にも、どれほどのリスクがあろうと、
極秘情報を掲載することを決意しました。
もちろん、「お金のシークレットブック」も、
直接、苫米地英人博士に時間をかけて監修をお願い致しました。
この「お金のシークレットブック」だけでも、
苫米地英人博士の遺言状であると言えるほどの価値があるでしょう。


追伸
何度も申し上げますが、
この講義の内容は非常に過激な内容のため、決して内容を口外したり、
インターネットなどに書き込まないでください。
また情報の不用意な流出を避けるために個人売買も固くお断りします。
これは苫米地英人博士の身の安全を確保するためです。
このお約束を守って頂けない方は、このDVDを決して購入しないでください。
どうかご協力をお願い申し上げます。
(終わり)

関連記事

テーマ:日本の未来 ジャンル:政治・経済

Tag:苫米地 陰謀論 闇政府 

Category:メディアが伝えないこと

comment(0trackback(0

【そこまでやって委員会テキスト化】 テレビで言えない話[2009.06.14] デーブ・スペクター

2009/11/03(Tue) 14:25

週刊たかじんのそこまでやって委員会【テキスト化


【動画】デーブ・スペクター テレビで言えない話[2009.06.14]


1


■ なぜ陰謀論に怒っていた?

質問:今日ね、ものすごく怒ってはったじゃないですか? 藤田議員に。

デーブ:そーです。

質問:あれはなんでなんですか?

デーブ:ああ言う程度のものを、次元の低いものを、信じるのは情けないですよ。アレ、どっかのライターとか、一般の人が趣味でやったりなら、まだいいんですけれど(911陰謀説を唱えた藤田議員は)国会議員ですよ。あんな下らない事アメリカでも誰も思ってない。(例えば)マイケル・ムーアとか割と反体制的な人でも、イラク戦争に反対してる人もいっぱいいるんだけれど、誰もアレを信じてないんですよ、陰謀説なんて。


■ 米国人は皆納得してる?

質問:(同時多発テロ直後のペンタゴンの)写真とかみると、あれって本当に突っ込んだんかなって疑問は残ったんですけれど。

デーブ:それは科学的に全部説明ついているし。それはアメリカでも嫌というほど、ニューヨークタイムズとか、何も政府の肩を持たないようなメディアはいっくらでもあるわけですから。(辛抱さんと藤田議員のアルカイダについての議論を持ち出して)アルカイダだって認めているじゃないですかー! アルカイダは(911テロを)自慢しているけれど否定はしてないんだから。(藤田議員は)それをどう思うかって答えられない。非常にできの悪い高校生みたいで情けナイ。


2


■ 9.11陰謀説に反論

デーブ:例えば陰謀説もあるんですけれど、それを成功させるために、何十人何百人が必要なものに、誰一人として(メディアに)出てきてリークしたり、誰かを裏切ってね、自分の話を、まーお金で売ってしゃべるとか匿名でもいいから、誰一人も一つも出てこないじゃないですか。でね、ウォーターゲート事件とか、ちょっとしたことで、すぐ誰かがどこかでリークするんじゃないデスカ。それなのにこれだけのことでね、出ないわけないじゃないですか。もうアホらしくて。


■ 陰謀論はテレビに出すな!?

デーブ:実は今日はそこまで言って委員会を断ろうとしたんですけれども、あの、(番組の内容を)見て。僕はそういう人たち(911などの陰謀説を唱える人)をテレビに出すのは、まー今日のゲストによってはシャレで、まー半分シャレでやってるからいいんですけれど。で、演出上ひじょうに面白くしたワケですヨ、あの「陰謀さん、いらっしゃ~い」とか言って。アレ、面白かったですけれどもね! ゴングショーみたいに。あれですごくいいフォローになってるんデスヨ。基本的にまっったく根拠のない話、例えばホロコーストを否定する人とか。ソレをですね(テレビに)出すのは放送倫理上どうかな、って思う。僕だったら結局出さないです。同じ土俵に乗りたくない。で、結局あーいう人たちを(テレビに)出すと、例えばKKKだとかあーいう人を出すと、彼らの、なんつーか市民権を得られるんですよ、こー真面目に対等に討論ができたとか、あるいは何々に出演ができました、だとか、自慢げに言うんですよ。で、彼らの意見は変わらない。いくら言っても。今日のお客さんも(彼らに影響を受けずに)変わらない。だから、無駄なんですよ。本当にネ今日ね、たまたま関西だから言うんですけれども。


※オランダ系ユダヤ人のデーブにとって日本人は『ゴイム(非ユダヤ人=豚、家畜)』である。日本のメディアに目を光らせ日本人の愚民化に一役買っているのは確かである。フジサンケイグループとべったりらしいし、デーブスベクターはCIAではないかもしれないが、それに近い存在に違いない。


テキスト化について>
動画の文字起こしは発言に忠実にタイプしているが、そのままでは意味不明な箇所も出てきてしまうので、てにをは、こそあど言葉の間違いやらをある程度修正させてもらった。なお()内の補足に関してはジェスチャーや文脈の前後関係を参考にした。


(関連)
埼玉県民デーブ・スペクター
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-21.html
マイケル・ジャクソンとユリ・ゲラーの眉唾な関係
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-25.html


関連記事

テーマ:裏事情 ジャンル:

Tag:テキスト化 陰謀論 デブスベ 

Category:未分類

comment(0trackback(0

ツァイトガイスト ザイトガイスト アデンダム 日本語字幕 Zeitgeist Addendum with Japanese subtitle

2009/10/26(Mon) 22:12

ツァイトガイスト ザイトガイスト アデンダム 日本語字幕 Zeitgeist Addendum with Japanese subtitle


http://zeitgeistmovie.com/


ツァイトガイスト ザイトガイスト アデンダム 日本語字幕 Zeitgeist Addendum with Japanese subtitle
http://video.google.com/videoplay?docid=4197639845259809993&hl=en#docid=-3788207618449105637




(関連)
ツァストガイスト ファイナルエディション その1
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-50.html

ツァストガイスト ファイナルエディション その2
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-51.html

ツァストガイスト ファイナルエディション その3
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-52.html


関連記事

テーマ:裏事情 ジャンル:

Tag:ツァイトガイスト 陰謀論 ネット映画 動画 

Category:ツァストガイスト~時代の精神~

comment(0trackback(0


▲このページのトップへ