Home  > Tag > 苫米地

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告

comment×  trackback×

天才機能脳科学者、苫米地英人博士の動画集 その2

2009/11/07(Sat) 07:08

苫米地英人
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8B%AB%E7%B1%B3%E5%9C%B0%E8%8B%B1%E4%BA%BA

苫米地英人博士のオフィシャルブログ
http://www.tomabechi.jp/



異常な鼎談 苫米地英人 前編1/3



異常な鼎談 苫米地英人 前編2/3



異常な鼎談 苫米地英人 前編3/3






異常な鼎談 苫米地英人 後篇1/3



異常な鼎談 苫米地英人 後篇2/3



異常な鼎談 苫米地英人 後篇3/3



(関連)
天才機能脳科学者、苫米地英人博士の遺言状DVD・広告ページの全文
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-64.html

天才機能脳科学者、苫米地英人博士の動画集 その1
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-65.html


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:日本の未来 ジャンル:政治・経済

Tag:苫米地 動画 

Category:メディアが伝えないこと

comment(0trackback(0

天才機能脳科学者、苫米地英人博士の動画集 その1

2009/11/06(Fri) 13:46

苫米地英人
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8B%AB%E7%B1%B3%E5%9C%B0%E8%8B%B1%E4%BA%BA

苫米地英人博士のオフィシャルブログ
http://www.tomabechi.jp/


博士と超天才脳機能学者との対談 前編


博士と超天才脳機能学者との対談 後編




博士と天才マッドサイエンティストとの対談 前編


博士と天才マッドサイエンティストとの対談 後編



(関連)
天才機能脳科学者、苫米地英人博士の遺言状DVD・広告ページの全文
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-64.html
関連記事

テーマ:日本の未来 ジャンル:政治・経済

Tag:苫米地 動画 

Category:メディアが伝えないこと

comment(0trackback(0

天才機能脳科学者、苫米地英人博士の遺言状DVD・広告ページの全文

2009/11/05(Thu) 06:53

天才機能脳科学者、苫米地英夫博士がとうとう腹をくくったらしい。
内容は口外厳禁。死を賭して何を語る?
値段は48300円(!!)。
さらに予告なしに値上げ断行w

資本主義を否定しているだからタダで配ればいいのに。
某番組で「研究に金が必要」と言い訳していたが。

苫米地英人
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8B%AB%E7%B1%B3%E5%9C%B0%E8%8B%B1%E4%BA%BA

苫米地英人博士のオフィシャルブログ
http://www.tomabechi.jp/




バーチャルDr.苫米地ワークスシリーズ
洗脳支配による
世界統一政府と陰謀の真実
苫米地英人博士による陰謀論のからくりと経済支配を超越する理論~

http://www.otakulaboratories.com/lumiere/index.php


苫米地英人博士の遺言状
「この講義は、私の学者生命をかけておこなった真実の講義です。
本当に差別のないフェアな世界を実現するために、
私はこの講義で不可知の事実を語ることを決心しました」


この世界では、真実を語る者は、闇の勢力によっていつも消されてきた。

多くの政治家、財界人、ジャーナリスト、芸術家・・・。

彼らはこの世界を、ただ平和な世界にしたかっただけである。

差別のない平等な世界にしたかっただけである。

彼らは人類のために真実を語ろうとした。

世界を覆う闇のメカニズムの恐るべき真実を。

そして彼らの命は、不可解な事故や自殺によって消えていった・・・。

この講義は、苫米地英人博士の命がけの講義である。

世界を股にかけて活躍する機能脳科学者でしか知りえなかった不可知の事実。

大衆を洗脳し続けてきた闇のメカニズム。

苫米地英人博士が命がけであなたにこの真実を伝えます。


「最終目標である世界政府に到達するためには、
大規模の独占、莫大な富の蓄積が必要とされるだろう」
ロスチャイルド世界革命行動計画

「我々が一度でも通貨の発行を任せてしまったなら銀行・企業は強大になり
人々の住む家までも奪い尽くすようになるだろう」
トーマス・ジェファソン大統領

「(FRB法案可決は)米国史上最悪の政府による犯罪だ」
リンドバーグ議員

「騙されてFRB法案に署名した。私はうっかりしてこの国を滅亡させてしまった」
ウッドロー・ウィルソン大統領

「私に一国の通貨の発行権と管理権を与えよ。
そうすれば、誰が法律を作ろうと、そんなことはどうでも良い」
マイヤー・アムシェル・ロスチャイルド


エイブラハム・リンカーン大統領
大統領権限による法廷紙幣を発行
1865年 暗殺

ジョン・F・ケネディ大統領
大統領令11110による政府紙幣を発行
1963年 暗殺


真実はいつも隠されてきた。
大衆は洗脳され、奴隷のような生涯を送った。

その洗脳支配の歴史は今も続いている。
事実は隠蔽され、大衆は搾取され続けている。
しかし、一部の人々は気づきかけている。

あなたは、真実を知りたいと思う。
この漠然とした違和感、底知れぬ不安感は何なのだろうと。

あなたはニュースを見るだろう。
ゲームのような戦争、映画のようなテロリズム・・・
しかし、そこに本当の真実はあるのだろうか。

あなたは新聞を読むだろう。
知識人といわれる人間たちが書く多くの分析・・・
しかし、そこにあなたの知りたい事実はあるのだろうか。

あなたは気づきかけている。
そこには加工された情報しかないことを。
そしてその加工された情報こそが、洗脳支配のための手段であったことを。


あなたは、真実を知りたいと思う。


あなたは書籍を探すだろう。
インターネットの情報を検索するだろう。

そこにはあらゆる情報が開示されている。
あなたは漠然とした恐怖を解消するために
それらの情報を貪るようにインプットするだろう。

しかし、あなたは間もなく気づく。
情報のカオスによって、以前よりもより混乱し不安になっている自分に。

これは妄想なのか。
憶測なのか。
根拠のない噂なのか。
それとも、私の知りたい真実なのか・・・

あなたはカオスの中から、本当の真実を探り当てなければならない。

2次情報、3次情報ではなく妄想や空想でもない、本当の真実の姿を。

しかし、それは極めて困難だろう。

こんなに混乱するなら何も知らなければよかったと、
再びあなたは洗脳支配の渦の中にみ込まれてしまうかもしれない・・・

支配者の意図した通りに・・・


あのロックフェラービル買収の中心人物として
デイビッド・ロックフェラーとも交遊のあった人物。

コンピューターサイエンスのトッププログラマーとして
米軍や米政府、ウォール街に豊富な人脈を持つ人物。

脱洗脳のスペシャリストとして世界の政府を相手に仕事を請け負う人物。

機能脳科学者 苫米地英人博士

苫米地英人博士しか知りえなかった真実がここにはあります。
書籍やインターネットなどで流布されている情報には、
妄想や伝聞などが多く含まれています。
それらを伝えている人たちの情報のソースが、2次情報や3次情報だからです。
また、それらの情報の中には明らかな病的妄想が含まれていることもあります。


しかし、苫米地英人博士の情報は、
苫米地英人博士が直接アメリカの支配者層との交遊関係の中で得てきた
生の情報です。

このような情報は、圧倒的な説得力があるがゆえに、
決して公開されたことはありませんでした。
なぜなら、公開には大変なリスク、場合によっては命の危険もあるからです。


しかし、苫米地博士は
この世界を本当にフェアな世界にするために、
真実の情報をあなたに伝える決心をしました。

あなたがこの講義を観ることによって

◆ 隠蔽されてきた驚愕の真実を知ることになるでしょう。
◆ 洗脳支配の手段として使われているメディアの情報の裏を読むことができ、洗脳支配されなくなるでしょう。
◆ 未来を予見できるようになり、不測の事態に対処できる精神的な強さを得ることができるでしょう。
◆ 大局的な視点から経済予測ができるようになり、資産運用に役に立つでしょう。
◆ 政界における陰謀を知ることで、洗脳支配から脱し、正しい政策や正しいリーダーを選ぶことができるようになるでしょう。
◆ 信憑性のある世界の真実を知ることで、漠然とした違和感や不安、恐怖心が解消されるでしょう。

苫米地博士の講義の内容は

■ 陰謀は本当にあるのか?陰謀の本当の定義
■ オバマはすでに選ばれていた?アメリカ大統領選のからくり
■ オバマを選んだのは一体どういう人たちなのか?
■ 日本の政治権力と恐るべき陰謀
■ オバマが選ばれた驚愕の理由
■ フリーメーソンとは何か?
■ フリーメーソンに伝わる秘密の儀式
■ シークレットソサイエティとは何か?
■ 現代にもシークレットソサエティはある
■ ロスチャイルドとは何か?
■ わかりやすい銀行業の起源と歴史
■ 紙幣の起源と金融の恐るべきからくり
■ FRB(連邦準備銀行)の存在
■ アメリカ所得税の恐るべき陰謀
■ 日本人は奴隷の奴隷である
■ ジョン・F・ケネディが暗殺された本当の理由
■ 世界を統一するための最終手段が行使されようとしている
■ ドルの復権の可能性
■ 米カジノ経済とヘッジファンドのからくり
■ CDSのからくりとこれまで表に出なかった恐るべき詐欺行為
■ 日本の経済力のポテンシャル
■ ダボス会議は日本で開催せよ!
■ 日本は世界に○○○○を起こせ!
■ 真の労働者革命とは?
■ 苫米地英人博士が提案する、世界が平等になるための驚くべき唯一の方法


もしあなたが、
直接このような生の情報を手に入れたいと思ったら、どうするでしょう。
海外に行って、世界の支配者たちが参加するパーティーに出席するでしょうか。
金融の業界に潜入し、金融を支配している一部の人間たちと交遊を持ち、
情報を聞き出すでしょうか。

いずれにせよ、直接そのような情報に触れるのは極めて難しいことでしょう。
そのためには莫大なコストもかかることでしょう。

しかし、あなたが世界の本当の真実を知りたいなら、
そのようなコストをかけなくてもいいのです。
なぜなら、苫米地英人博士が、
このような情報に直接触れた人物としては世界で初めて、
真実の情報を講義としてあなたに伝えてくれるからです。

もし、あなたが、インターネットに流れる根拠のない情報で満足するなら、
決してこの講義は聴かないでください。
苫米地英人博士の命がけの講義です。
したがって、本当に真実を知りたい人だけにこの講義を観て頂きたいのです。

そして、この講義の内容を絶対に誰にも口外しないことを
約束して頂きたいのです。
大変なリスクを伴ってこの講義をDVDにしました。
したがって、このDVDが発売中止になる可能性は、
これまでのDVD作品以上に極めて高いことをお伝えさせて頂きます。

また、講義の中で極めて危険性の高い発言に関しては、
音声を一部だけカットする編集をさせて頂いております。
これは、苫米地英人博士の身の安全を守るためであり、
この講義をなるべく多くの方に観て頂くためにも、
そうせざるを得ないことでした。

このような事情の元で発売されるこのDVD作品は、大変なリスクを伴うため、
価格を48,300円(税込)とさせて頂きます。


また、予告なく値上げをさせて頂く可能性が高いことも
予めお伝えさせて頂きます。

さらに、苫米地英人博士監修
「お金のシークレットブック」が付属します。

この「お金のシークレットブック」は、この講義の中で苫米地英人博士が話す
様々なテーマに関係する写真や図版などを網羅した資料と、
苫米地英人博士による極秘情報が記載されています。
講義に関係する写真などを掲載することには大変なリスクが伴うため、
この「お金のシークレットブック」は回収を余儀なくされる可能性もあります。
それでもなお、講義の内容をより深く理解して頂くために、
あえて写真や図版を掲載することにしました。
また、この「お金のシークレットブック」には、
さりげない形で大変重要な極秘情報も織り込まれています。
わかる人には、大変なリスクを伴う行為であることを理解して頂けるでしょう。
しかし、今回の講義は、苫米地英人博士の命がけの講義です。
したがって、「お金のシークレッドブック」にも、どれほどのリスクがあろうと、
極秘情報を掲載することを決意しました。
もちろん、「お金のシークレットブック」も、
直接、苫米地英人博士に時間をかけて監修をお願い致しました。
この「お金のシークレットブック」だけでも、
苫米地英人博士の遺言状であると言えるほどの価値があるでしょう。


追伸
何度も申し上げますが、
この講義の内容は非常に過激な内容のため、決して内容を口外したり、
インターネットなどに書き込まないでください。
また情報の不用意な流出を避けるために個人売買も固くお断りします。
これは苫米地英人博士の身の安全を確保するためです。
このお約束を守って頂けない方は、このDVDを決して購入しないでください。
どうかご協力をお願い申し上げます。
(終わり)

関連記事

テーマ:日本の未来 ジャンル:政治・経済

Tag:苫米地 陰謀論 闇政府 

Category:メディアが伝えないこと

comment(0trackback(0


▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。