Home  > Tag > 悪魔の地球支配

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告

comment×  trackback×

脅威の流布-平和な日本で起こる想定外な猟奇的犯罪

2010/01/04(Mon) 10:01

島根女子大生殺人-臥龍山象徴的殺人事件-において新たな進展は望めないだろう。

頭部が置かれた場所-臥龍山。被害者の名前-平岡都。旧約聖書由来の象徴的殺人の可能性を視野に入れると、場所も被害者も無作為に選ばれたのではなく、この事件において重要なファクターであったことがわかる。とはいえ犠牲者となった女性はなんの落ち度もない無辜の民そのものなわけで、いかんせんご冥福をお祈りする次第である。
そもそも象徴的殺人の可能性を視野に入れないと、こういった猟奇的事件は解けるわけがないし、犯行手口、その残虐性を取り上げて変質者の犯行と断じる世論をみても、ある意味なるべくしてなった迷宮入りである。

もしメディアが「酒鬼薔薇聖斗(少年A)が出所後広島に住んでいて、今回の島根女子大生殺人に関与していた可能性がある」と報じたならば、
それは全くのでっち上げで事件の収拾を目論む等局の虚偽リークだと断言できる。
そもそも酒鬼薔薇聖斗は少年Aではないのだから。



悪魔の地球支配21ヵ条に目を向けてみる。

《意図的に危機的状況を次々に起こし、それを操作、管理して、自分たちを除く全人類が自らの運命に対して無力感しか持ち得ないようにする》(悪魔の地球支配11条)
《ムスリム同胞団やイスラム原理主義、シーク教などの宗教的・破壊的カルト・グループを圧迫し、ジム・ジョーンズと「サムの息子」型のマインドコントロールの実験をする》(悪魔の地球支配14条)



悪魔の地球支配14条の「サムの息子」とはデヴィッド・リチャード・バーコウィッツという連続殺人者の俗称である。1976年から77年にかけて、若い女性やカップルらを銃撃し6人殺害するなどしニューヨークを恐怖のどん底に陥れた。逮捕後2000件の放火を自供したりで懲役365年(!)。現在も模範囚として服役しているらしい(w)。
7人が死亡、10人が負傷した秋葉原無差別殺傷事件に見られる『誰でも良かった』的な発想の無差別テロの原型が「サムの息子」に見られる。



「俺、君、彼、彼女、親友や身内や同級生さえも無差別テロの標的になりかねない」



『(被害者は)誰でも良かった』的な無差別テロの被害者になる可能性は、悲しいかな、誰しもが少なからず有している。現代社会の病理だとメディアは一言で片付ける。そんな社会では、人ひとりは無力というほかない。
これはぶっちゃけ防ぎようがないのである。たまたまその場に居合わせただけで凶刃の餌食になりかねない。



脅威の流布は死が間近にあることを直感的に認識させているともいえるのだ。



島根女子大生殺人事件に限らず同種の惨殺事件は定期的に発生している。
世田谷一家殺害事件や井の頭公園バラバラ殺人事件、未解決事件も多くある。
このような猟奇的事件は『平和な日本で発生している』ことに意味があり、「彼彼女、その身内や親友さえも標的になりかねない」と庶民を無差別テロの脅威に震え上がらせることが目的だと考えている。
猟奇的惨殺事件が一度起これば、犯行の手口や残忍さを各メディアは悪意をもって脚色し報道する。新聞テレビ雑誌等々連日連夜スクープ合戦になる。
そして子供に防犯ブザーを当たり前のように携帯させる社会は形成される。人の良さげな隣人さえも疑うようになる。完全に日本の村社会的共同体は崩壊してしまっている。



『脅威の流布』的猟奇的惨殺事件は、事件が起こる事自体に意味かある。
と、考えると、解決するわけがない
事件を起こす側にとって解決すること自体にあまり意味をもっていない。



解決する場合もある。
事件の収拾をはかるべく、警察が知的障害者を犯人としてでっち上げたときなど表向きは解決する



■ 狭山事件から始まり、世の中には冤罪事件はたくさんある。

「服役囚の4分の1が知的障害者」が意味するもの - マル激トーク・オン・ディマンド - ビデオニュース・ドットコム インターネット放送局
(抜粋)現在の日本では、一見健常者と見分けがつかない知的障害者に対する福祉が明らかに不十分であると同時に、知的障害者が犯罪を犯すと、自らを弁護する能力を持たないため、警察や検察に言われるがままに供述調書に署名するケースがほとんどだという
(中略)
そもそも、知的障害者が刑務所に入る以外に生きるすべがないような社会が正しい社会と言えるのだろうか。このような障害者が生き難い社会というのは、実は健常者も生き難い社会ということなのではないのか。(転載終わり)


東金女児殺害事件、唯一の物的証拠がアテにならない? ハニトラTBSのやらせに乗った警察 トラトラトラ
http://www.asyura2.com/09/hihyo10/msg/227.html



最近冤罪が証明された菅家さんも実は知的障害者であった。足利事件も象徴的殺人だった可能性がある。もっと言えば宮崎勤の事件だって再検証する必要があると考えている(もう死刑が執行されてしまっているが…)。



警察、検察がこうした迷宮入り事件の解決策として知的障害者に罪をなすりつければ良いと考えていると思うと憤怒に駆られる。
これが本当の”腐敗した闇”なのだと思う。



(関連)
島根女子大生殺人は旧約聖書をモチーフにした儀式殺人である
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-100.html
島根女子大生殺人事件は少年Aの犯行ではない
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-106.html

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:このままで、いいのか日本 ジャンル:政治・経済

Tag:悪魔の地球支配 儀式殺人 脅威の流布 

Category:メディアが伝えないこと

comment(0trackback(0

タバコ増税は大麻合法化、はては麻薬合法化への布石である ≪悪魔の地球支配6条≫

2009/11/18(Wed) 06:55

実は、近い未来に施行されるであろう“タバコ増税”が大麻解放への布石である可能性がある。大麻擁護派として医療大麻解禁は大いに賛成であるが、実は素直に喜べない節がある。


★★★海外ではタバコ増税で大麻流行の政策方針がある。
タバコ税が一部失敗する理由。【ブログ上杉機関 本館】
http://2chrood.blogspot.com/2009_11_01_archive.html#3361887689863563108


タバコで癌になるというのは、一部誤解がある。
残念だが、タバコの葉には抗癌作用があるものが発見されている。
よくタバコで癌になるという人の多くが、実は西洋食を同時に
大量摂取していることから始まるものであり、タバコ自身には
重大なる発癌性のものはない。逆にタバコを飲む人の方が発がんが
少ないという正式な研究データーまである。
アメリカは過去に、麻薬を売買するという実験をMK実験
として行い、音楽を通じてタバコではなく、麻薬に走るように
仕向けたという。この結果は大成功し、タバコを吸う人より
麻薬を吸引する人が倍増し刑務所は囚人で満員となった。

日本でも子供たちに対するタバコ規制を始めると、逆に
大麻吸引が横行したという逆転現象が発生した。
たとえば90年代にタバコは子供でも買えた。
その事態には、大麻を吸う人は学生ではほとんどおらず、
タバコ規制が始まると、値段が高くて買えなくなった学生が
安い自家製大麻に走るという現象が実際に発生している。

(中略)

以前私はメーソンが大麻を流行させると発言した。
その通りにタバコ増税が始まった。この二点は偶然ではない。
民主党政策本部の手本は、ヨーロッパのシンクタンクを
手本とした経済政策が中心である。よってEUで発生する
問題はそのまま日本でも感染するという実態がある。


残念だが、タバコを廃止しても、発癌率は一切減らない。
それは外資系の会社が販売する水道水や食品に添加されているためである。

ヨーロッパの貴族は昔から大麻で生計を立てている。
そのため、税収となるタバコに対する規制を行い、
逆に税制のかからない大麻を導入させた。

これはヨーロッパ各地に広がっている裏商売であり、
現在はヨーロッパ各地に、大麻吸引休憩所が設置されている。
大麻には幻覚作用がある。よって政治的判断ができなくなるために
ヨーロッパの貴族はこぞって導入させた。
その背後がフリーメイソンである。
(後略)


タバコ増税を推し進める背景にフリーメイソンがいてもおかしな話ではない。悪魔の地球支配6条を忠実に履行しているだけであろう。


■ 悪魔の地球支配21カ条
http://elbaal.hp.infoseek.co.jp/olympians21.htm

第6条
ドラッグの使用を奨励し、最終的には合法化し、ポルノを芸術として認めさせ、最終的には日常的なものにする。


■ ジョージソロスの麻薬合法化キャンペーン

グルジアの影の支配者、ハンガリー系ユダヤ人のジョージソロスが麻薬合法化キャンペーンを私財を投入してまで行っていることがタバコ増税→大麻合法化→麻薬合法化というシナリオを端的に表している。


米国の煙草批判は麻薬公認とセット?! 【三浦雑記帳】
http://www.jca.apc.org/~altmedka/let-7-tab.html

1999年2月3日
「タバコへの批判は、麻薬へ切り替えるための布石である」説について
 前々回、タバコの件を報告した。
 添加物については今後とも調査していく必要があるが、タバコに対する風当たりが別の要因を持っているとの噂もある。
 「タバコへの批判は、麻薬へ切り替えるための布石である」というのがその内容である。
 この噂がまるで根拠がないとはいえない文章を、浜田和幸『ヘッジファンド 世紀末の妖怪』(文春新書)の中に見つけた。
  110頁に、
 ソロスはアメリカ各州で、「登録した常習者に関しては、処方箋があれば麻薬の使用を認めるべきだ」というキャンペーンをはっている。
 これに対し、アメリカのジョセフ・カリファノ・元保健教育福祉長官は、ソロスのことを「麻薬の合法化を進める大富豪」と批判し、ヘッジファンドの投機のリスクを、「麻薬でヘッジ(回避)しようとしているのではないか」と疑っている。
 これらの状況について本の著者は、「麻薬取引のメッカに本社を移したソロス氏が、敢えて麻薬の合法化に走っている姿は何か恐ろしいものを予感させる」と書いている。
 「麻薬取引のメッカ」というのは、ソロスが本社登録をしているカリブ海のオランダ領アンチリのクラカオが、OECDの「マネーロンダリング(資金不正洗浄)監視委員会」によって、ラテン・アメリカのコカインなど麻薬取引で得た金が最も大規模に不正洗浄されている場所と指摘されていることによる。
 アメリカでの報道によれば、免税特権を与えられた慈善団体「オープン・ソサエティ」を通じてソロスは、過去四年間に少なくとも5000万ドル近い資金を「麻薬合法化キャンペーン」に費やし、「しかも、ソロス氏の財団の関係者に聞くと、財団の資金以外に、個人のポケットマネーからさえも、麻薬合法化へと金を出しているというから驚かされる」というのである。
  111頁から 112頁にかけては、
 ソロスが、アメリカ西海岸のワシントン州で「麻薬合法化」住民投票キャンペーンを展開した。地元のボーイング社やマイクロソフトは反対運動を始めたが、ソロスは個人資産を一層投入し、「麻薬(合法化)政策財団」を新しく設立した。新財団は「オープン・ソサエティ」から150万ドルの資金を受け取り、国内、海外でも事業展開を強化している。
  114頁には、
 ソロスに連動する形で、国際金融の中心部に近いリヒテンシュタインで、ハンス・アダムス二世王子が「ワシントン・タイムズ」(1998年8月17日)の紙面を買取り、麻薬合法化の全面意見広告を掲載した。著者は、ソロスという投機家が気まぐれで推進していると思っていた「麻薬合法化キャンペーンが、水面下ではるかに広い支持を得ているらしいことが判明した」としている。


■ ドラッグ観光はメキシコへ

メキシコ、少量の麻薬所持を合法化
• 2009年08月23日 21:53 発信地:メキシコ市/メキシコ
http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2633390/4487726

【8月23日 AFP】メキシコ政府は前週、麻薬対策における限られた予算や要員を、組織的な薬物犯罪に振り向けたほうがよいとの判断から、ヘロイン、マリファナ、コカインといった麻薬の少量所持を合法化した。

 20日の官報によると、新法では個人による麻薬所持は、一定の量を上回らなければ刑事罰の対象とならなくなる。種類別にはマリファナ5グラム未満、コカイン500ミリグラム未満、ヘロイン50ミリグラム未満の所持は起訴対象外。

 以上の量未満の所持では個人を罰しない代わりに、新法では、リハビリやそのほかの医療措置が強化されるよう、保健関連機関に情報提供するよう当局に求めている。ただし、そうした仕組みをどのように実行するかについては明確にされていない。

 フェリペ・カルデロン(Felipe Calderon)大統領の肝いりで導入された新法は、是非をめぐって4月に議会が紛糾したものの、結果的に通過した。

 薬物関連の暴力は、2006年12月にカルデロン大統領が軍3万6000人を投入して、国内有数の麻薬密売組織やギャング団の取り締まりを開始して以来、悪化の一途をたどっている。

 カルデロン大統領は、少量の麻薬を所持する個人の取り締まりに限られたリソースを向けるよりも、メキシコ全体で数千人の死者を出している麻薬カルテルに向けるほうが、リソースを効果的に活用できると主張している。

 一方、隣国米国のメディアは、国内の薬物使用者がこの新法を悪用しようとメキシコを訪れ、「ドラッグ観光」が促進されるのではないかと懸念を表明している。(c)AFP


■ 太田龍氏は麻薬合法化に警鐘を鳴らしていた

イルミナティ世界権力は、米国での麻薬合法化に向ってその作戦の最終段階に入りつつあると。[週刊日本新聞]
http://www.asyura2.com/0401/bd33/msg/663.html
投稿者 乃依 日時 2004 年 2 月 09 日 00:58:29:YTmYN2QYOSlOI

更新 平成16年02月08日23時42分
太田龍の時事寸評
平成十六年(二〇〇四年)二月八日(日)
(第八百四十八回)

(中略)

○問題は、イルミナティの麻薬合法化作戦である。
○そして、この件について、日本民族は、とりわけ、敗戦占領後、完璧な
 無防備、武装解除、無明警戒の状態に追い詰められて居る。
○麻薬作戦とは一体何のことか。
○イルミナティ世界権力のアジェンダ(行動日程)の大衆向け宣伝
 文書、以外の何者でもないオルダス・ハックスレイの「すばらしき
 新世界」。
○この中に、「すばらしき新世界」では、下層労働奴隷は、毎日、一定量
 の麻薬を供与されることに成って居る。ここのところは必読。
○更に、コールマン博士著「三〇〇人委員会」の中にも、近未来の
 三百人委員会の「世界人間牧場」では、家畜人間化された人間
 奴隷に対して、麻薬の常用が義務化される旨、記述されて居る。
○この問題を、日本にとって「対岸の火事」、と見ることは、致命的な
 誤まりであろう。
(後略)


巧妙な隠匿性を持つ悪魔主義グループの情報操作による集団洗脳から逃れるには、悪魔の地球支配21カ条を常に念頭に置くことが重要である。



hatajinan.blog61.fc2.com


(関連)
医療大麻合法化に光が差し込んできた!?
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-66.html

悪魔の地球支配21カ条
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-71.html

エリア51の妄想 現時点での総括
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-35.html
関連記事

テーマ:やばいよやばいよー ジャンル:

Tag:悪魔の地球支配 

Category:大麻・医療大麻

comment(1trackback(0


▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。