Home  > Tag > 儀式殺人

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告

comment×  trackback×

脅威の流布-平和な日本で起こる想定外な猟奇的犯罪

2010/01/04(Mon) 10:01

島根女子大生殺人-臥龍山象徴的殺人事件-において新たな進展は望めないだろう。

頭部が置かれた場所-臥龍山。被害者の名前-平岡都。旧約聖書由来の象徴的殺人の可能性を視野に入れると、場所も被害者も無作為に選ばれたのではなく、この事件において重要なファクターであったことがわかる。とはいえ犠牲者となった女性はなんの落ち度もない無辜の民そのものなわけで、いかんせんご冥福をお祈りする次第である。
そもそも象徴的殺人の可能性を視野に入れないと、こういった猟奇的事件は解けるわけがないし、犯行手口、その残虐性を取り上げて変質者の犯行と断じる世論をみても、ある意味なるべくしてなった迷宮入りである。

もしメディアが「酒鬼薔薇聖斗(少年A)が出所後広島に住んでいて、今回の島根女子大生殺人に関与していた可能性がある」と報じたならば、
それは全くのでっち上げで事件の収拾を目論む等局の虚偽リークだと断言できる。
そもそも酒鬼薔薇聖斗は少年Aではないのだから。



悪魔の地球支配21ヵ条に目を向けてみる。

《意図的に危機的状況を次々に起こし、それを操作、管理して、自分たちを除く全人類が自らの運命に対して無力感しか持ち得ないようにする》(悪魔の地球支配11条)
《ムスリム同胞団やイスラム原理主義、シーク教などの宗教的・破壊的カルト・グループを圧迫し、ジム・ジョーンズと「サムの息子」型のマインドコントロールの実験をする》(悪魔の地球支配14条)



悪魔の地球支配14条の「サムの息子」とはデヴィッド・リチャード・バーコウィッツという連続殺人者の俗称である。1976年から77年にかけて、若い女性やカップルらを銃撃し6人殺害するなどしニューヨークを恐怖のどん底に陥れた。逮捕後2000件の放火を自供したりで懲役365年(!)。現在も模範囚として服役しているらしい(w)。
7人が死亡、10人が負傷した秋葉原無差別殺傷事件に見られる『誰でも良かった』的な発想の無差別テロの原型が「サムの息子」に見られる。



「俺、君、彼、彼女、親友や身内や同級生さえも無差別テロの標的になりかねない」



『(被害者は)誰でも良かった』的な無差別テロの被害者になる可能性は、悲しいかな、誰しもが少なからず有している。現代社会の病理だとメディアは一言で片付ける。そんな社会では、人ひとりは無力というほかない。
これはぶっちゃけ防ぎようがないのである。たまたまその場に居合わせただけで凶刃の餌食になりかねない。



脅威の流布は死が間近にあることを直感的に認識させているともいえるのだ。



島根女子大生殺人事件に限らず同種の惨殺事件は定期的に発生している。
世田谷一家殺害事件や井の頭公園バラバラ殺人事件、未解決事件も多くある。
このような猟奇的事件は『平和な日本で発生している』ことに意味があり、「彼彼女、その身内や親友さえも標的になりかねない」と庶民を無差別テロの脅威に震え上がらせることが目的だと考えている。
猟奇的惨殺事件が一度起これば、犯行の手口や残忍さを各メディアは悪意をもって脚色し報道する。新聞テレビ雑誌等々連日連夜スクープ合戦になる。
そして子供に防犯ブザーを当たり前のように携帯させる社会は形成される。人の良さげな隣人さえも疑うようになる。完全に日本の村社会的共同体は崩壊してしまっている。



『脅威の流布』的猟奇的惨殺事件は、事件が起こる事自体に意味かある。
と、考えると、解決するわけがない
事件を起こす側にとって解決すること自体にあまり意味をもっていない。



解決する場合もある。
事件の収拾をはかるべく、警察が知的障害者を犯人としてでっち上げたときなど表向きは解決する



■ 狭山事件から始まり、世の中には冤罪事件はたくさんある。

「服役囚の4分の1が知的障害者」が意味するもの - マル激トーク・オン・ディマンド - ビデオニュース・ドットコム インターネット放送局
(抜粋)現在の日本では、一見健常者と見分けがつかない知的障害者に対する福祉が明らかに不十分であると同時に、知的障害者が犯罪を犯すと、自らを弁護する能力を持たないため、警察や検察に言われるがままに供述調書に署名するケースがほとんどだという
(中略)
そもそも、知的障害者が刑務所に入る以外に生きるすべがないような社会が正しい社会と言えるのだろうか。このような障害者が生き難い社会というのは、実は健常者も生き難い社会ということなのではないのか。(転載終わり)


東金女児殺害事件、唯一の物的証拠がアテにならない? ハニトラTBSのやらせに乗った警察 トラトラトラ
http://www.asyura2.com/09/hihyo10/msg/227.html



最近冤罪が証明された菅家さんも実は知的障害者であった。足利事件も象徴的殺人だった可能性がある。もっと言えば宮崎勤の事件だって再検証する必要があると考えている(もう死刑が執行されてしまっているが…)。



警察、検察がこうした迷宮入り事件の解決策として知的障害者に罪をなすりつければ良いと考えていると思うと憤怒に駆られる。
これが本当の”腐敗した闇”なのだと思う。



(関連)
島根女子大生殺人は旧約聖書をモチーフにした儀式殺人である
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-100.html
島根女子大生殺人事件は少年Aの犯行ではない
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-106.html

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:このままで、いいのか日本 ジャンル:政治・経済

Tag:悪魔の地球支配 儀式殺人 脅威の流布 

Category:メディアが伝えないこと

comment(0trackback(0

島根女子大生殺人は旧約聖書をモチーフにした儀式殺人である

2009/12/12(Sat) 16:03

島根女子大生殺人は旧約聖書をモチーフにした儀式殺人である
http://www.asyura2.com/09/nihon29/msg/404.html
投稿者 アナグラム読み 日時 2009 年 11 月 17 日 23:06:26: QsgiAF3Oo7JCM


報道によると、遺体は頭部が切り離され、肩と股関節から手足が切断された状態で発見された。腹部に刃物で切られた跡があり、内臓の大部分がなかった。さらに胴体部分は全体的に黒ずみ、たき火などで焼かれた形跡もあったという。常人では考えもつかないような惨殺の手法である。犯人は遺体を隠そうとしたとは思えない。むしろ発見されることを予期し、右往左往する警察やマスコミを軽蔑し愉しんでいるように思える。これは旧約聖書をモチーフにした儀式殺人ではないか。この手の事件は過去日本に何件も起きている。だがそのいずれもが迷宮入りするか冤罪の犯人が逮捕されるかによって幕引きされており、一般にはそれと知られていない。その最も有名なものは神戸の連続児童殺傷事件であろう。(この件については後に関連サイトを挙げておくので参照されたい)

旧約聖書をモチーフにした猟奇殺人には、犯人が暗号めいた文字、数字の謎かけを残すことが多々ある。島根女子大生殺人では被害者の名前や犯行にかかわる地名がそれにあたる。

平岡都。この被害者の名前が象徴的である。イスラエルの首都エルサレムの名前の由来を知っておられるだろうか。イール・シャローム(平和の町)だと言われている。不幸にも被害者の名前は「平和の都の中央に岡(丘)がある」という構造になっている。この丘とは言うまでもなく神殿の丘、別名シオンの丘である。ユダヤ教の聖地嘆きの壁のある場所だ。この被害者は、哀れにも名前がユダヤ教の聖地を意味するというだけで生贄に選ばれたのだ。ちょうど神戸の連続児童殺傷事件で土師淳君が、旧約聖書の土師記を意味するため選ばれたように。遺体は臥竜山で発見された。竜は旧約聖書では悪魔の象徴とされる。神戸事件でも被害者の胴体が見つかったのは竜の山(通称タンク山)であった。また、臥竜山の麓には八幡湿原がある。八幡という地名もユダヤと関連があるらしく、日ユ同祖論では「ユダヤ」のアラム語「イエフダー」が転訛して「ヤハタ」になったと語られたりする。
また、事件の起きた浜田市には弥栄町という地名がある。被害者の失踪した国道9号線と臥竜山の中間あたりに位置する。弥栄とは、ずばりユダヤ教の唯一神ヤーヴェが転訛した言葉だという話がある。ニュースでは被害者の身元は浜田市としか伝えられないが、弥栄町と関係していないか確認すべきであろう。たとえ関係がなくとも、関係づけるために犯人が弥栄町に何らかの痕跡を残している可能性もある。
なお、これらの地名が本当にユダヤ起源であるかどうかは問題にならない。犯人の頭の中でそれらの単語が関連しているだけで象徴殺人は可能になる。

また、この手の象徴殺人においては数字合わせもよく行なわれる。犯行の行なわれた日にちなどの数字が、旧約聖書の章番号その他を意識して選ばれる。残念ながら今回の事件ではそれを見つけられなかった。心ある人は、この謎ときに挑戦していただきたい。この国の民には知恵者はひとりもいないとせせら笑っているであろう犯人の鼻をあかす名推理を期待する。

ところで、今回の象徴殺人事件の舞台となったのは島根県であるが、なぜ島根なのか?すぐに思い出すのは出雲大社の存在である。出雲神道は伊勢神道よりも大陸からの影響を強く受けている。その中には遥か中東からシルクロードや新羅を経由してきた勢力の影響も含まれる。日本古来の神道を出雲勢力が乗っ取ってできたのが現在の神道であるという説もある。少なくとも、神道とユダヤ教の儀礼とに見られる著しい類似性は誰にも否定できない。

今回の殺人が儀式殺人であるならば、儀式の目的があるはずだ。それは出雲から日本の国体を侵食した歴史を再現することではないだろうか。ユダヤ系の外資に代表される勢力が日本の買い占め(出資と言い換えている)を画策している現状を重ね合わせずにいられない。象徴的あるいは霊的に日本を支配したいと考えた犯人が、臥竜山でユダヤ流の「血の儀式」を行ない、その視線は出雲大社に向けられていた、と考えることが可能なのではないか。そしてこの事件は、日本人の心に混乱をもたらし言いようのない不安を植え付けるための心理操作の一環として計画されているのではないか。一般の人々に世も末だと感じさせ、この国もここまで病んだかという諦念に捕われるよう誘導しているのではないか。神戸事件では、この手法の舞台に「神の戸」となるべき地が選ばれている。ここで意図されている神は、日本固有の八百万の神ではない。


神戸の連続児童殺傷事件の関連リンク集

★阿修羅♪ ポエド委員会 
『神戸小学生殺人事件』の真相(「酒鬼薔薇聖斗」完全暴露)
http://www.asyura.com/koube0.htm

神戸事件のページ
http://postx.at.infoseek.co.jp/koubejiken1.html

酒鬼薔薇聖斗は少年Aではない…と思う。
http://sakakibaraisnota.blog63.fc2.com/

バモイドオキ神の正体
http://www.asyura2.com/2002/bd20/msg/507.html
(転載終わり)


hatajinan.blog61.fc2.com
関連記事

Tag:阿修羅 儀式殺人 島根女子大生殺人 旧約聖書 

Category:未分類

comment(0trackback(0


▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。